不調改善

【医師が解説】痩せホルモン分泌!リバウンドなしで痩せる「原始人ダイエット」

糖質制限ケトジェニック、乳酸菌ダイエット──新しいダイエットが流行るたびに挑戦しては挫折を繰り返して疲弊気味…なんて人は少なくないのでは?

paleo_fotoco
写真/アフロ
写真4枚

実は、あらゆるダイエットの根本となるダイエット法がある。しかもリバウンドなし。それは、野草と野生動物を中心とした原始人の食生活を真似することで、健康的に痩せることができる“原始人ダイエット”こと、「パレオダイエット」。

原始人のように暮らせば、無理なく痩せる!?

「パレオダイエット」はもともと、1970年代にウォルター・ヴォーグトリン医師が考えたダイエット法。面倒なカロリー計算や、空腹感を我慢するといったストレスもなくできるという。

スカーレット・ヨハンソンやアンジェリーナ・ジョリー、ミーガン・フォックスといったハリウッドスターたちや、オリンピックのメダリストたちも実践。アメリカで繰り返しブームになっている。スポーツ選手たちが金メダルを多く獲り、成績を出したことも、ブームを起こすきっかけになったという。

そこで、『Dr.奥井式 原始人ダイエット』(ベースボール・マガジン社)の著者で医学博士の奥井識仁さんに、そのやり方を聞いた。奥井さん自身、日本人向けにアレンジした原始人ダイエットで90kgの体重を1か月で10kg減、運動も併せて1年半で20kg減に成功している。

【「パレオ・ダイエット」で健康的に減量できる理由を説明】

糞石調査によると、縄文人の食事は栄養バランスがよく、1日の食事のたんぱく質、脂質、糖質は、現代の栄養学が示しているものに近い割合だったという。

なぜ原始人の食生活が、ダイエットに◎なのか

PaleoDiet01
写真4枚

「原始時代(縄文時代を中心に、旧石器時代~弥生時代初期)、人間はその日に採れたものしか食べられませんでした。粟、ひえなどの穀類、野菜、どんぐり、そして小型・中型獣や鳥類の肉、魚や貝などです。

当然、塩分の摂取も少なく、穀類も毎食食べられるものではありませんでした。恐らくいちばん手に入り、よく食べていたのは肉と魚だと思います」

と、『Dr.奥井式 原始人ダイエット』(ベースボール・マガジン社)の著者で医学博士の奥井識仁さんは説明する。

日本人の身長の長期変化を統計的に見ても、縄文時代の日本人はほかの時代に比べて、現代人に近いほど身長が高かったという。それらの調査結果に着目して誕生したのが、「パレオダイエット」なのだとか。

「『パレオダイエット』をやっているスポーツ選手に金メダルを獲っている人が多いことは証明されています。成績が出ている選手たちがやっている食事療法を調べてみたら、なんてことはない、自然食ばかり食べていたんです。つまり、この食生活は人間の体に合っていて、最適な体格に整えてくれるのです」(奥井さん、以下「」同)

「パレオダイエット」はすべてのダイエットの根本!?

paleodiet_fotoco
イラスト/アフロ
写真4枚

奥井さんによると、「パレオダイエット」は、ほぼすべてのダイエットの“根本”。「塩抜きダイエット」や肉を食べる「ケトジェニック」など、これまで流行った数々のダイエットは、遡れば「パレオ・ダイエット」の食生活のある部分を強調しているものだという。

「穀類だけを減らせば『ロカボ』、『パレオダイエット』を極端にすれば『炭水化物抜き』に、今、流行りの『乳酸菌ダイエット』は、パレオの発酵物ばかり食べる部分を強調している…という具合です」

また多くの研究報告による新しい知識を統合して、見えてきたことも。

「それは抗生物質や添加物を避けて、自然物を食べ、太陽の動きに合わせて生活していくのが、体重を健康的に落とすために効果的ということです」

そのほうが、発がん率も低く、心筋梗塞にも認知症になることも少ない、と奥井さんは話す。効果的に減量できるだけではなく、体も健康になるという「パレオダイエット」、はじめる価値があるかも。

【関連する記事をチェック!】
ゆるやかだから、続く。話題の「ロカボ」ダイエットのメカニズムとコツ
ココナッツオイルや肉食で増加!痩せ物質「ケトン体」って?
18kg減のエド・はるみも実食。ファミマ×RIZAPの新商品で「糖質制限ダイエット」
効く?効かない?予防医学の権威が「健康に痩せる」ダイエットを格付け
レンチンで簡単作り置きダイエット 「やせおか」の新作レシピ17品を一挙紹介!

監修:奥井識仁(おくい・ひさひと)

okuihisahito
写真4枚

1965年生まれ。よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長。医学博士。東京大学大学院医学系修了。ハーバード大学臨床留学。国内外の患者への手術を年間800件行う女性泌尿器科の世界的外科医のひとり。神奈川医師会学術功労者や世界のトップオピニオンリーダーに選出されたり、運動とホルモン関係の受賞も多い。自身もダイエットの成功後、忙しい毎日の空いている時間を利用してトライアスロンに取り組み、数々のアイアンマン大会を完走している