不調改善

【医師が解説】リバウンドなし!「パレオダイエット」の痩せるメカニズム

野草や野生動物を中心とした原始時代の食生活を真似することで、健康的に痩せられる、とアメリカで大流行した「パレオダイエット」。

paleo2_fotoco

イラスト/アフロ

ハリウッドスターたちをはじめ、オリンピックのメダリストたちも、この“原始人ダイエット”を実践している。これまでに流行ってきた、あらゆるダイエットの根本となるダイエット法ともいえる「パレオダイエット」だけれど、やり方の基本は、「人工物を摂らない」こと。

日本人向けにアレンジした「パレオダイエット」を提案する『Dr.奥井式 原始人ダイエット』(ベースボール・マガジン社)の著者で医学博士の奥井識仁さんによると、それだけでリバウンドもしにくく、面倒なカロリー計算や空腹感を我慢するストレスもなく、減量を実現できるという。

→「パレオダイエット」については【こちら】
→「パレオダイエット」の推奨食材とやり方は【こちら】

「パレオダイエット」で痩せる理由

写真/アフロ

写真/アフロ

「パレオダイエット」が減量に効果的な理由のひとつには、”痩せホルモン”の存在がある。これは、小腸の下部から分泌される「インクレチン」といわれる物質(GLP-1)のこと。インクレチンには、食後の高血糖も防ぎ、体重増加を抑制する効果が。

「膵臓に働いてインスリンが出やすくしたり、脳に作用して満腹中枢を刺激したりする『GLP-1』は、糖尿病の薬にも使われています。WHOが指導する食事よりもパレオ食で『GLP-1』がたくさん分泌されることは、ダイエットの世界では世紀の発見です」(奥井さん、以下「」同)

「GLP-1」は腸を動かすと分泌されるもの。「パレオダイエット」で「GLP-1」がよく出るのはおそらく、素材をそのまま食べることと、特に食物繊維が豊富でボリュームたっぷりの食物を多く摂ることの影響だと奥井さんは言う。

「多量の食物繊維が流れることが腸へのよい刺激となって、『GLP-1』の分泌を促していると考えられます。精製された食品や炭水化物では、食物繊維は消化されてしまい、糊のような状態で流れるので、なかなか『GLP-1』が出ないのです」

【「パレオダイエット」でどのくらい痩せられる?】

奥井さんによると、“本来の自分の体”に戻るのが、「パレオダイエット」なのだとか。

「パレオダイエット」でどのくらい痩せられる?

「本来その人が細マッチョの体型だったら、その体型に戻る。健康なサイズまでダウンしたら、そこで止まります。年齢によって変わりますが、だいたい女性は体脂肪率が22~24%、男性は14~18%程度と理想的なところが目安です」

「パレオダイエット」では、ほかのダイエット法のように極度に痩せることはない。心臓に負担のないペースは、1年間にだいたい10kgが限界。

「肥満の人なら最初の1か月で食事だけで10kgほど落ちて、標準体重になります。膝を痛めないように、体重が落ちてから有酸素運動を始めると効果的です」

ミネラルを十分に摂る「パレオダイエット」では、リバウンドせず、マイナス10kgのままで体重は安定するそう。

「体重が減るときには、筋肉と脂肪が7対3ぐらいの割合と、筋肉がだいぶ落ちます。ただし『パレオダイエット』を繰り返しながら1年ほどが経過すると、適当な脂肪もたんぱくも入るため、筋肉と脂肪の比率が逆転。落ちた筋肉が復活して、本来必要な体脂肪で落ち着きます」

慣れるまで3週間は我慢を

paleodiet3_fotoco

イラスト/アフロ

天然素材を食べるのでお金がかかるのが「パレオダイエット」のデメリット。つい楽をして完成品を食べたくなるはず。でも結果が出れば、努力を継続しやすい。

「3週間だけ我慢して続けると、味覚が慣れて苦ではなくなります。体の質が変わってきて、見た目にも脂肪がずいぶん落ちます。一度やると体が覚え、またすぐにパレオダイエットができるので、普通の食事に戻っても問題はありません」

「パレオダイエット」については【こちら】
「パレオダイエット」の推奨食材とやり方【こちら】

参考/『Dr.奥井式 原始人ダイエット』(ベースボール・マガジン社)

【関連する記事をチェック!】
【医師が解説】痩せホルモン分泌!リバウンドなしで痩せる「原始人ダイエット」
やり方や食材を【医師が伝授】原始人の食生活に習う「パレオダイエット」
ゆるやかだから、続く。話題の「ロカボ」ダイエットのメカニズムとコツ
ココナッツオイルや肉食で増加!痩せ物質「ケトン体」って?
18kg減のエド・はるみも実食。ファミマ×RIZAPの新商品で「糖質制限ダイエット」

監修:奥井識仁(おくい・ひさひと)

okuihisahito

1965年生まれ。よこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニック院長。医学博士。東京大学大学院医学系修了。ハーバード大学臨床留学。国内外の患者への手術を年間800件行う女性泌尿器科の世界的外科医のひとり。神奈川医師会学術功労者や世界のトップオピニオンリーダーに選出されたり、運動とホルモン関係の受賞も多い。自身もダイエットの成功後、忙しい毎日の空いている時間を利用してトライアスロンに取り組み、数々のアイアンマン大会を完走している