ボディケア

グランプリ受賞者も登場!「ミス・ワールド ジャパン」候補者4名の【美痩せ習慣】

インストラクターやダンサー、モデルなどのプロフェッショナルにとって、健康で美しい体を保つのも仕事のうち。

MissWorld05
写真左から、福田澄音さん、市川あまねさん、山下晴加さん、冨岡愛加里さん
写真5枚

今回、お話を伺ったのは、2017年9月4日(月)に開かれる「ミス・ワールド 2017日本大会」に出場する4名のファイナリストたち。

それぞれ日頃からしっかりと運動している彼女たちは、「JOYFIT(ジョイフィット)」の新エクササイズ体験会でも、華麗にトレーニングをこなしていた。そこで、”世界一の美女”を目指す4名に美しさを高めるために行なっている日課を教えてもらった。

【ファイナリスト01】市川あまねさん(26歳)

MissWorld01
写真5枚


ヨガインストラクターとして働く市川あまねさんは、米国・ハワイにヨガ留学をした経験をもち、ヨガでボランティア活動も行なっているとか。

【市川あまねさんの美痩せ習慣】
□ 毎朝30分から90分のヨガ
□ エプソムソルトで基礎代謝をアップ
□ 食事は、野菜3、肉2、炭水化物1のバランスで

運動は、毎朝30分から90分、早起きしてのヨガが日課。特に骨盤の最下部で内臓を支える「骨盤底筋(こつばんていきん)」を鍛えるようにしている。

「”インナーユニット”と呼ばれる筋肉のひとつである『骨盤底筋』は、背筋が伸びた姿勢を保つのにも重要。お腹の引き締めにも◎です。また、ヨガの前にはケガ防止のため、必ずストレッチポールで背骨を伸ばしています」(市川さん。以下、「」同)

発汗を促すために、市川さんはお風呂で「エプソムソルト」を愛用。基礎代謝アップにもつながるので、運動の効果をより得ることができる点でも◎とか。

「日頃は週4回、ヨガを教えているので、食事は我慢せずに食べる方針。ただし、食べる内容には気を配っていて、野菜3、肉2、炭水化物1のバランスを保つように心がけています」

【山下さん、福田さん、冨岡さんの美痩せ習慣は?】

”目的のある美”をコンセプトにした英国生まれのミスコンテスト「ミスワールド」。その日本大会のファイナリストたちに、美を高める日課を訊いた。

【ファイナリスト02】山下晴加さん(21歳)

MissWorld02
写真5枚

現役慶應義塾大学法学部生の山下晴加さんは、幼少期をアメリカで過ごし、フランスへに短期留学したこともある才媛。クラシックバレエやダンスで美ボディを培った。

【山下晴香さんの美痩せ習慣】
□ 毎日30分のランニングで脂肪燃焼
□ 食事量は”腹八分目”に抑える
□ 規則正しく生活する

世界一の美女を目指す現在、山下さんは腹筋を強化中。体幹トレーニングと「プランク」や「スパイダー」などの腹筋に効く筋トレを、毎日30分、習慣にしている。

「食事は”腹八分目”が基本ルール。特に炭水化物は控えめに摂るよう、気をつけています」(山下さん。以下、「」同)

山下さんは健康的な美しさを保つために、規則正しい生活を重視。毎晩0時か1時には遅くとも就寝するようにしている。

「先日、時間学のセミナーで、起きて11時間後の運動がいちばん効果を引き出せる、と聞いて。これも実践しようと思っています」

【ファイナリスト03】福田澄音さん(23歳)

MissWorld03
写真5枚

モデルで女優の福田澄音さんは、ジャズダンス、陸上競技、スノーボードなどを好むスポーツ女子。

【福田澄音さんの美痩せ習慣】
□ 毎日1万歩ウォークで、美脚に
□ 毎日3リットルの水を飲む
□ 食事はひとりのときに節制を

運動は1日30回のスクワットのほか、ヒールのある靴で1万歩を歩くことでふくらはぎのインナーマッスルを鍛えている。美脚にこだわる福田さんはむくみもしっかりと予防。毎日3リットルの水を飲むのが目標、という発言には、ほかのファイナリストたちもびっくり!

「実際にはなかなか3リットルを飲むのは厳しいんですけれど(笑い)。最低1、2リットルを必ず飲んでいるうちに、体が慣れてきて。最近は3リットルを達成できるようになってきました」

食事制限はメリハリをつけるのがコツ、と話す。ひとりのときは節制し、友人と食べるときには周りに合わせて楽しむようにしているそう。

【ファイナリスト04】冨岡愛加里さん(19歳)

MissWorld04
写真5枚

東京医療保険大学に通う冨岡愛加里さんにとって、憧れの存在は米国のシンガーソングライターのテイラー・スウィフト。幼少時からピアノやボイストレーニング、ジャズダンスなどに挑戦してきた。

【冨岡愛加里さんの美痩せ習慣】
□ 腹筋強化の筋トレを毎日30分
□ 炭水化物は控えめ。摂るなら小麦より米
□ 起床後、就寝前にストレッチ

「今、特に鍛えたいのは腹筋。毎日30分は『プランク』や『スパイダー』など、腹筋に効く筋トレをするのを習慣にしています」(冨岡さん。以下、「」同)

冨岡さんも食事は糖質控えめ。さらに食べるのなら、空腹になる効果がある「グルテン」を含むパンやパスタなどの小麦ものより、米を選ぶようにしているそう。

「むくみの予防&ケアは大事ですよね。私は起床後と就寝前にしっかりと、ストレッチで体をほぐすようにしています。運動後のストレッチは、翌る日の血流アップにつながるので、欠かせません」

* * *

世界一を目指す美女たちの習慣、できるものを取り入れて、ダイエットに役立てよう。

撮影/川田雅弘

【関連する記事をチェック!】
”ながらエクサ”のコツを伝授。”ブリスボール”人気の立役者、坪井玲奈さんの【美痩せ習慣】
美腹筋メイクに夢中!ヨガ・インストラクター、渋木さやかさんの【美痩せ習慣】
毎朝5分で、腸腰筋を強化!【朝活ヨガ】でお腹痩せを実現
コスパも◎!「カルディコーヒーファーム」で人気の「ヘルシーフード」5選
NGの野菜も!【痩せる食べ方Q&A】ベジファーストのダイエット効果は?