エクササイズ

【スキマ時間エクサ】腹斜筋を鍛える「ウエストくびれエクササイズ」

ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さんがウエストにくびれをつくるお手軽エクササイズを紹介。

小林_椅子くびれ1

「うっとり美容」で自身も8kg減を達成した小林さんは、日常生活の動きにエクササイズを取り入れる「ながらエクササイズ」など、簡単だけど習慣化することでダイエットにつながるエクササイズを提案している。今回はいつでもどこでもできる、椅子を使った「腹斜筋」を鍛える運動。

* * *

ウエストのくびれは「ひねる」ことが何より大事!

ウエストのくびれには、体をひねる役割やお腹を上に引っ張りあげる役割を担う「腹斜筋」と呼ばれる、コルセットのように脇腹をきゅっと締めてくれる筋肉が重要なポイント。お腹の外側に位置する筋肉で、ほっそりと引き締まったウエストになるためには重要な部位です。

腹斜筋を鍛えると、ぽっこりと出た下腹の引き締めにもつながるので、女性ならぜひとも鍛えたいパーツ。

今回は「ひねる」エクササイズをお教えします。エクササイズは続けてこそ、意味があるもの。そこで私が提案しているのが、「スキマ時間エクササイズ」。通勤、オフィス、休憩時間、自宅でのリラックスタイムなど、ちょっとした時間でできるものをご紹介しているので、ぜひトライしてみてください。

生活に根付いた運動こそ、ダイエットが長続きする秘訣。その理由は以前の記事(脱リバウンド!日常生活でなにかを「しながらエクササイズ」のススメ)をご参考に。

【次ページでウエストのくびれをつくるエクササイズを解説!】

椅子に座ったまま「ウエストくびれエクササイズ」のやり方

今回は、椅子を使って行います。上半身を動かさずに、脚を動かすだけなので、オフィスでもできます。反動をつけずにゆっくりと行うと効果的です。

小林_椅子くびれ2

【1】背もたれに背中をつけずに座り、お腹に力を入れて椅子のサイドに手を添える。

小林_椅子くびれ3

【2】上半身は動かさず、膝の位置を起点に脚を右側にゆっくり持ち上げ3秒キープ。

小林_椅子くびれ2

【3】 【1】に戻る。これを1回として同じ方向に10回行い、左サイドも10回行って1セット。左右×3セット行うようにしましょう。

ポイント!より負荷のかかるやり方

小林_椅子くびれ4

膝の位置を起点に上半身と脚の位置が反対側になるよう、体を傾けながら行ってみましょう。

NG!上半身が前傾しないように注意

【NG】
小林_椅子くびれ5

脚を上げようと意識しすぎて体が前傾したり、背中が背もたれにつくのはNG。効果的に腹斜筋を使うことができません。

【OK】
小林_椅子くびれ6

背筋をしっかりと伸ばして行うことで腹斜筋が刺激できるので姿勢を保つようにしてください。

写真/手塚 優 動画/大嶽勇太

【関連する記事をチェック!】
健康に痩せるカギは睡眠。7時間眠る「3・3・7睡眠」推奨
寝ダメで疲れはとれる?エイジングを避ける5つの睡眠習慣
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選
鎖骨美人で痩せ体質を目指す!毎朝1分の「デコルテエクササイズ」
丸く引き締まった美尻に!【風呂トレ】でヒップアップ

監修:小林麻利子(こばやし・まりこ)

MarikoKobayashi

京都府京都市生まれ。ナイトケアアドバイザー、睡眠改善インストラクター。生活習慣改善サロン「Flura」を主宰。睡眠や入浴など日々のルーティンを見直すことで、美人を作る「うっとり美容」を指導。のべ約1000名の女性の悩みを解決し、現在は4か月先まで予約待ち。自身も良質の睡眠をとることで8kgものダイエットに成功している。著書に『美人をつくる熟睡スイッチ』(株式会社G.B.)。公式HPは、http://fluraf.com/

【小林麻利子さんのバックナンバー記事】
【スキマ時間エクサ】通勤途中に腕を引き締める「二の腕シェイプ」
【スキマ時間エクサ】床の物を拾う動きで美背中&美尻をつくる!
【スキマ時間エクサ】ほっそり太ももを作る「内ももシェイプ」
【スキマ時間エクサ】おばさん背中解消!椅子を使った「バックエクステンション」
海外セレブのようなボリュームアップヒップになる!【スキマ時間エクサ】

そのほかの記事を読む