フード

脂肪燃焼成分が豊富。“肉ダイエッター”のダイエット必勝の豚肉レシピ2選

総務省統計局「家計調査」(平成24~26年平均)によると、日本人がいちばん食べている豚肉。その豚肉には、脂肪燃焼のスイッチを入れる成分L-カルニチンが鶏肉の約7倍も含まれているという。

buta
写真3枚

1日200gたっぷり豚肉を食べて1年で50kg痩せたという漫画家・椎名マキさんの『肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50kg痩せました』(講談社刊)も話題だ。豚肉で痩せるメカニズムとは? そして、+αの食材でダイエット効果がUPする“痩せるレシピ”を紹介する。

なぜ豚肉がダイエットに役立つの?

「豚肉には、代謝を高めるビタミンBや、脂肪燃焼のための成分L-カルニチンが豊富に含まれています」と話すのは、肉で痩せる食生活を提唱する沖縄県の『こくらクリニック』の医師・渡辺信幸さん。

「お肉の脂肪やカロリーで太ると考えがちですが、太る原因となる糖質はほぼ0。とくに豚肉には、脳内で幸福感をもたらす必須脂肪酸“アラキドン酸”も豊富。よく噛んで食べると満足感も得られ、結果的に食べる量を減らせます」

日本で唯一の“肉ダイエッター”として食事指導を行う健康予防管理専門士の長谷川香枝さんは、「お肉中心の食事に切り替えたら、半年で15kg痩せました。噛む回数が増える串焼きや、代謝を高めるしょうがを料理にプラスするなど、食べ方の工夫でさらに痩せやすくなります」と効果を実感している。

「豚の栄養素の吸収率を高める玉ねぎやにんにくなど、豚肉+痩せ食材でダイエット効果がUPします」とは前出の長谷川さん。半年で15kg痩せたというミラクル豚料理を紹介しよう。

【ミラクル豚料理のレシピをチェック!】

サラダ仕立ての豚サイコロステーキ

脂肪燃焼させるためにアボカドをプラス。豚肉同様、脂肪燃焼効果のあるL-カルニチンが豊富にあり、ビタミンEで肌のうるおいもキープ。

butasaikoro
写真3枚

作り方

【1】豚ロース肉100gに塩小さじ1/4とこしょう適量を振り、しっかり味をつける
【2】フライパンにココナッツオイル大さじ2を熱し、【1】を中火で焼く
【3】種を取り除いたアボカド1/2個を2cm角に切り、レモン汁適量をかけて色止めをする
【4】ひと口大に切ったレタス3枚分を皿に敷き、2cm角に切った【2】と【3】、半分に切ったミニトマト4個分を【2】で出た肉汁と一緒に和えて盛る。お好みで塩で味を調える

わさびじょうゆのサッパリ豚テキ

ラードには、肌の保湿&快便の効果も。豚の脂は人体の脂に近く、保湿力が高い。また、オレイン酸が便秘や血中コレステロールの上昇を防ぐ。また、わさびには、消化液の分泌を促すなど、デトックス作用が。抗酸化力も高く、老化防止にも。

tonteki
写真3枚

厚めの肉は調理約10分前に室温に出すと固くならず、ジューシーに焼き上がる。スライスしたにんにくや玉ねぎと焼いても美味。

作り方

【1】室温に戻した豚ロース肉2枚(約200g)を包丁の背などで軽く叩き、塩こしょうを少量振る
【2】フライパンにラード小さじ2を熱し、【1】を焼き色がつくまで中火で焼く
【3】【2】の表面を指で押して弾力を感じられるのを目安に、肉の中まで火が通ったら、鍋肌からしょうゆ大さじ2を回し入れる
【4】肉表面に照りが出たら火を止め、皿に盛る
【5】肉の上にわさび小さじ1/4ずつのせ、【4】の肉汁をかける

※女性セブン2015年10月15日号

【関連する記事をチェック!】
食べるだけで痩せる!料理家も激痩せした3つの革命的テクニック
【やせおか】疲労回復の黄金コンビを使った「ねぎ豚」
がっつり食べたいときに!『やせるおかず作りおき』の肉レシピ3選
サンドイッチ、寿司、寄せ鍋など…意外と太る!食べ合わせ5組
太りにくいコンビニ弁当の選び方 幕の内に汁物をプラス

関連キーワード