趣味・カルチャー

渡辺直美担当スタイリストが教える!スリムに見せる冬コーデ術

加齢とともにたるむ体、しかも食べればすぐに体重は増えて…。体形を気にして、サイズはあえて大きめに、色やデザインが年々地味になっていませんか?

写真4枚

渡辺直美や柳原可奈子といった“ぽっちゃり女子”のスタイリングを手がけるスタイリストの大瀧彩乃さんが、オーバー40のオトナにも似合う、着やせしてスタイリッシュに見える着こなしを緊急指南!

メリハリあるサイズ感と色で着やせ

ただでさえふっくらした体形が気になるのに、冬はセーターやコートなど、洋服の厚みが加わって“着ぶくれ”“冬太り”はさらに悲惨な状態に…。そんな時、“体のラインは出さず、黒い色の服を着ればいい”と思っていませんか?

芸能人のスタイリングを手がけるスタイリストの大瀧彩乃さんは、これこそが間違いと言う。

「ピチピチの服は見るからに窮屈で太って見えますが、全身がダボダボだと、実際の体つきも同様に見え、かえって損なんです。ゆったりしたセーターなら、パンツは体にフィットするものを選ぶなど、メリハリをつくるとスッキリ見えます。私が担当して10年目になる渡辺直美さんは、スカートがボリューミーならトップスは胸元を大きく開けてコンパクトにまとめる、などと意識しています。

また、引き締め色の黒は、全身を覆ってしまうと、のっぺりして重たい印象を与えてしまいます。カーキなど他の暗めの色を合わせたり、あえてビビッドな色を合わせることも。ビビッドな色は引き締まって見えるし、そこに視線がいくので、隠したい部分の目くらまし効果もあります。洋服に限らず、バッグやアクセサリーを明るい色にするのもアリです」(大瀧さん、「」内以下同)

スタイリストの大瀧彩乃さん。アイドルグループ『チェキッ娘』を脱退後ファッションの世界に
写真4枚

特に暖かさと気軽さで人気のダウンコートは、下に着る洋服の厚みもあり、着ぶくれの代表格でもある。

「ウエストまわりのステッチの幅を細くしたり、ウエストを絞ったシルエットだったり、着やせを考えたものも増えています」

ブーツは、ひざ下を覆う長さか、くるぶし丈のブーティーを。

「ふくらはぎの途中を分断する丈は、そこに視線を集めて太さを強調してしまいます。半端な丈は危険です」。

冬ならではの着ぶくれ対策は、モコモコした素材は避け、寒ければ保温効果の高いインナーで調整を。

着やせポイントを覚え、まずはファッションからダイエットをスタート!

では、実際のお手本冬コーデをご紹介。

変身前は…
写真4枚

スリムに見せる冬コーデ

【ポイント1】首元を鋭角なデザインに

首が詰まっていると顔が大きく見えるので、首、できればデコルテも見せて。さらに、鋭角な襟やVネックなどの直線的なデザインを首元に持ってくることで、顔がシャープに見える。ストライプなど縦ラインの柄も効果的。

【ポイント2】ヌケ感をつくる

肌をすべて覆ったり、無地の単色遣いだと、全体が重く、のっぺりした印象に。「セーターの袖や裾からシャツを少し出したり、袖をまくって手首を出すと、ヌケができて軽やかな印象になります」。

【ポイント3】上半身か下半身のどちらかをコンパクトに

上下とも丈が長い、またはゆるいと重心が下がって太って見え、ずん胴に見える。上下でシルエットを変えてメリハリをつけよう。「長め丈のトップスを短く見せたい場合、裾を一度ボトムスの中にしまい、トップスを少し上に引っ張って少したわませると、気になるお腹まわりをカバーできます」。

【ポイント4】シルエットはIかXを意識

ボーダーよりストライプのように、横より縦のIラインを強調することで、細く見える。また、“ボン、キュッ、ボン”のメリハリもスタイルアップのポイント。ベルトでウエストを絞り、スカートはフレアにするなど、Xラインをつくるのも◎。

変身後はスッキリ!
写真4枚

【ポイント5】色は濃いめ、生地は薄めで引き締める

黒など濃い色は着やせして見え、鮮やかな色は視線を集めたくない場所のカバーに。ただし、モコモコした素材の生地はNG。

【ポイント6】ヒール靴で脚長に演出

背が高くなればIラインに近づくので、多少でもヒールがあるとよい。「太いヒールやウエッジソールなら、足への負担も少ないですよ」。

【ポイント7】手首、足首は見せる

体の中で細いパーツの手首、足首、首を積極的に出すことで、そこに視線が集まり、きゃしゃな印象に。ヌケ感もできるので軽やか。「タイツをはいていてもよいので、ジーンズは裾をロールアップして足首のシルエットを見せましょう」。

撮影/平林直己、スタイリング/大瀧彩乃

※女性セブン2018年2月15日号

【関連する記事をチェック!】
ジジ・ハディッド 2018年のファッションは「明るい色」!
無自覚の太りグセを撃退!生活習慣を見直す【心理テスト】6選
ぽっちゃりさん、体の硬い人向けにアレンジ「ポチャヨガ」
海外セレブの激ヤセが話題!日本はぽっちゃり女性に市民権
「デブはモテない」は間違い?「自覚あるデブ最強」との説も