フード

【スーパーフード】ローラやミランダ・カーも実践!スーパーミルク健康法

牛乳、豆乳に次ぐ“第三のミルク”といわれブームとなった、ライスミルク、アーモンドミルク、ココナッツミルク。

milk_fotoco_2

愛用者からは、「肌がきれいになった」「疲れにくくなった!」「便通が改善した」――などの声が相次いだ。おやつ代わりに飲んだり、料理に取り入れたりと楽しみ方はさまざま。早速、毎日の生活に取り入れてみよう。

今、美意識が高く、健康への関心も高いモデルや女優たちから熱烈な支持を受け、“第三のミルク”と呼ばれる「ライスミルク」「アーモンドミルク」「ココナッツミルク」。

“第一のミルク”と“第二のミルク”は?

“第一のミルク”は牛乳。不足しがちなカルシウムを効率よく補える飲み物として親しまれてきた。だがその一方で、人によってはアレルギー症状を引き起こす、という問題点がある。また、コレステロールやカロリーの高さを気にする人も少なくない。

そこで、牛乳に代わる“第二のミルク”として注目を集めたのが豆乳だ。しかしこちらも、原材料の大豆にアレルギーのある人は飲むことができない。

それらの欠点をクリアし、より優れた健康効果が期待されているのが、“第三のミルク”なのだ。

“第三のミルク”は低カロリーで栄養価も高い

『食べても痩せるアーモンドのダイエット力』(小学館)の著者で慶応大学医学部教授の井上浩義さんは次のように解説する。

「なんといっても低カロリーです。牛乳のカロリーが100ml70kcalなのに対し、ライスミルク100mlは28 kcal、アーモンドミルク100ml(砂糖不使用の10%の濃度のもので)は約60 kcal程度で、ダイエットをしているかたの栄養補助として適しています。

ココナッツミルクは牛乳よりもカロリーが高いですが、水などで割ってアレンジすれば過剰なカロリー摂取は抑えられるでしょう。

また、植物性ミルクなのでコレステロールが低く、豊富な栄養素を効率よく摂取できます。アレルギー発症率も日本人だと牛乳や豆乳よりも5分の1以下と低く、お子様から大人まで安心して幅広く飲めます。この3つは“スーパーミルク”と名づけられています」

【3つのスーパーミルクの健康効果をチェック!】

スーパーミルクにはいったいどんな健康効果があるのだろうか? それぞれみてみよう。

代謝促進や冷えの改善などに役立つ「ライスミルク」

ライスミルクはほんのりとした甘みと、とろっとした質感が特徴。米食の日本人になじみやすい。痩せやすい体作りやデトックス、ストレス解消に効果がある「GABA」という天然アミノ酸などの成分を多く含む。

筑波大学 生命環境系教授の北村豊さんは言う。

「精白米から作ることもできますが、より栄養価が高い玄米で作ったほうがおすすめです。

玄米には、炭水化物の分解を促す「ビタミンB1」、体脂肪を燃やす働きをする「ビタミンB2」、たんぱく質の分解・合成をサポートする「ビタミンB6」など、ビタミンB群が豊富に含まれて、代謝をアップさせてくれるので、太らない体作りに役に立ちます。

また、糖質の吸収速度と血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる上、便通を改善する水溶性食物繊維が、精白米の6倍含まれています」

アンチエイジング効果が期待できる「アーモンドミルク」

アンチエイジング効果のある「ビタミンE」を多く含むアーモンドミルクは、若々しい体作りにぴったり。ミランダ・カー、アン・ハサウェイ、グウィネス・パルトロウらといったセレブが、その完璧なスタイルと美貌を保つため、こぞって愛飲しているという。

「抗酸化作用をもつビタミンEには、がんや心臓病などの病気から身を守ってくれるほか、血行をよくするので、代謝の促進や冷えの改善にも効果が期待できます。

また、アーモンドミルクの主成分である『オレイン酸』は、不飽和脂肪酸という種類の脂質。これには、血中の善玉コレステロールの値を上げて、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。心筋梗塞や脳梗塞などのリスク軽減に役立つほか、くすみや肌荒れ予防にもつながります。オレイン酸は加熱しても栄養成分が壊れにくいので、スープなどの料理に加えることができます。

そのほか健康維持に欠かせない、カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムといったミネラルも含んでいます」(井上さん)

太りにくい体作りをサポートする「ココナッツミルク」

ココナッツの白い胚乳部分をすりおろし、水を加えて漉して絞って作るココナッツミルク。これは、脂肪の燃焼や食欲の抑制、疲労回復、認知症予防に役立つ「中鎖脂肪酸」などの成分を含むという。

Anneさん(@weheartit.here)が投稿した写真

「中鎖脂肪酸は脂肪がたまりにくくなるほか、疲労回復時に向いています。さらに、糖質を控えた上で中鎖脂肪酸を摂取すると、『ケトン体』を作り出します。ケトン体は体に蓄積されると空腹を感じにくくなるので、太りにくい体作りのサポートとなるでしょう。脳のエネルギー源にもなり、認知症の予防や改善にも効果があるとされています」(井上さん)

毎日の食生活に補助的に取り入れ、いつまでも若々しく元気で美しい体をめざそう。

※女性セブン2015年9月3日号

【関連する記事をチェック!】
【スーパーフード】レシピ3選も!チアシードをしっかり理解
海外セレブも注目!アフリカ原産のスーパーフード「テフ」
ナチュラルローソン限定でブラウンファーストが「有機トレイルミックス」を発売
梨花も篠原涼子、ミランダ・カーも実践。「ホット梅干し」美容法
スーパーモデルにはさまれても違和感なし!レディー・ガガのボディメンテ術