ボディケア

瞑想や漢方茶でスタイル維持!太極拳インストラクターの【美痩せ習慣】

美と体に関わるプロのメンテナンス術、マネしてダイエットに取り入れたい!

写真6枚

そこで、今回は太極拳に日本の医師がアレンジを加えた「メディカルタイチ」のインストラクター、小池恵理子さん(30歳)にインタビュー。

東京・銀座の「TAICHI STUDIO(タイチスタジオ)」で働く彼女は、3歳からクラシックバレエの道を歩み、カナダでヨガのティーチャートレーニングを受けた経験も。子供の頃から体にコンシャスだった小池さんに、美しく健康な体を保つ秘訣をうかがった。

* * *

【WORKOUT】体調に合わせ、4種類のエクササイズ

写真6枚

週に3回、太極拳のレッスンを受けもっているほか、個人のトレーニングとしては、太極拳、ヨガ、バレエ、ジャイロトニックを毎日なにかしら。肩のこわばりをほどきたい、心拍数を上げた運動で免疫力をつけたい、気を沈めたい…など、その日の体調や気分に合わせて、エクササイズを選んでいます。

ジャイロトニックは、独特の木製マシン(写真)を使って行うエクササイズ。関節にかかる負担を最小限に抑えながら、筋肉を深部までストレッチできるので、リハビリにも利用されています。

円のような動きがある点が、太極拳やバレエに似ていますね。スタジオでも週に5回ほど、教えています。

【食事の秘訣も紹介!】

運動のプロが健康でスリムな体を保つため、心がけているのは?

写真6枚

バレエやヨガも嗜む太極拳インストラクターの小池恵理子さん(30歳)に、体型維持に役立つ習慣を教えてもらった。

【BODY&MIND】筋膜リリースや瞑想で眠る準備

写真6枚

体を動かす仕事なので、7時間は眠りたい。そのため、就寝前には太極拳の呼吸法や瞑想、ストレッチポールやトリガーポイントを使った筋膜リリースなどで、心と体をゆるめています。

40分から1時間はじっくりと。そうすると、ぐっすり眠れて、次の日に疲れを持ち越さずにすみますね。

【FOOD】セージの漢方茶で免疫力をアップ!

写真6枚

神経質にならず、体が欲するものを食べていますが、加工品や添加物を極力避けて、21時以降は食べない、が食事の基本ルール。精製した砂糖や人口甘味料は体にいい影響を与えないし、ジュースや砂糖入りのドリンクは余計に糖質をとってしまうので、こればかりはNGですね。

また、眠りづらくなってしまうので、14時以降はカフェインも摂りません。代わりに漢方茶を愛飲。甘いものが欲しいときは、ここに良質のはちみつや黒砂糖などを加えます。

特にお気に入りなのが、セージ。米国に留学中にネイティブアメリカンが魔除けに使っていると聞いて興味をもったのですが、これを飲みはじめたら風邪知らずに。熱湯で濃く煮出して、うがいにも使っています。

【関連する記事をチェック!】
美尻の魔術師・岡部友さんの【美痩せ習慣】スキマ時間にもヒップトレ
本当に効くのは、コレ!ダイエット専門インスタグラマーが【美痩せ習慣】を伝授
スキマ時間に逆立ち!ダイエットエキスパート・和田清香さんの【美痩せ習慣】
毎晩5分で、下半身デブ改善!”痩せる体”に導く【夜活ヨガ】3選
スキマ時間に30秒エクサ!脚痩せ&二の腕痩せを叶える【壁トレ】2選

今回のスリム美人:小池恵理子さん(30歳)

写真6枚

こいけ・えりこ。メディカルタイチ、ジャイロトニックのインストラクター。東京・銀座の「TAICHI STUDIO(タイチスタジオ)」でレッスンを受け持つ。3歳の頃にクラシックバレエをはじめ、カナダでヨガインストラクター、日本でジャイロトニックのトレーナーの資格を取得