ボディケア

若い女性に急増の“スマホ二重あご” 解消&予防の顔トレ指南

日常生活ですっかり手放せないツールとなったスマホ。夢中になるあまり、スマホ中毒や歩きスマホなどさまざまな問題も生じている中、悪影響は美容面にも…。

kaotore

いま増えているのが、携帯電話やスマホの見過ぎによる若い女性の“スマホ二重あご”。携帯やスマホが疲れ目や肩・首コリなど体の不調を引き起こすことは知られているが、実は二重あごを作る要因ともなっているのだ。

ドクターシーラボが運営し、皮膚科医・城野親徳氏が総監修する『顔のたるみ研究所』が行った調査によると、1日のうち携帯やスマホを見る時間は、2012年の1日平均1.1時間から、2015年には1日2時間に伸び、3人に1人が1日2時間も下を向く体勢をとっているという。

今年7月には、総務省が個人のスマートフォン保有割合が初めて50%を越えたと発表したが、スマホ保有率の上昇にともない、二重あごを気にする人も増えていると同研究所構成員の三橋愛美さんは語る。

「スマホの使用時間の上昇と比例して、たるみや二重あごに悩む方は確実に増えていますね。下を向いて一点を見つめることによって、お顔のむくみやたるみに繋がりますので、当社の母体であるクリニックでも、二重あごに効果的な施術を行う患者さんの数は、ここ10年で10倍にも膨らんでいます。最近では女性だけでなく、男性も自覚が芽生えた方が増えているように感じます」(三橋さん、以下「」内同)

29才頃を機に肌の加齢は進んでいくが、うつむいて見るスマホの多用によって、老廃物の流れやリンパの滞りなどがあごに集中し、たるみや二重あごになる年齢が早まってしまうという。

二重あごになる仕組みとは?

大きな要因は、「姿勢の悪さ」「食いしばり」「目の疲れ」の3つ。

「ひとつはスマホを使っているときの姿勢の悪さです。背中が丸く、首が前に出てしまっていることと、長時間その姿勢でいることで、背中や腰が曲がって筋肉も衰えてしまいます。また、猫背は内臓を圧迫してしまい、自律神経や呼吸の乱れ、リンパや血液の循環が悪化することでお顔のむくみにも繋がってしまうのです。

どんどん溜まっていく老廃物や水分を積極的に出していかないと、脂肪となって二重あごができてしまいます。また、下を向く重力で表情筋が垂れ下がってくることで、あごに雪崩が起こってくるのです。

もうひとつは、集中による食いしばりです。ネットサーフィンなど長時間集中する行為を行うと表情筋がこわばったり、無意識に口がへの字になるので顔が歪んだり、口の周りの筋肉が硬くなり、血行不良が起きてしまいます。無表情になってしまうことで、表情筋が衰えて痩せてくると脂肪がつきやすくなり、フェイスラインが保てず脂肪がつきやすくなり、二重あごにつながってしまいます。

3つめは目の疲れです。近距離で長時間スマホの画面を見ることで目が疲れ、それが原因で血行が悪くなり、目元のたるみとなって、顔の下の方へと垂れてきてしまうのです」

一度二重あごになってしまうと、なかなか解消できないというのでやっかい。癖がついて凝り固まった筋肉は、ちょっとやそっとでは治らず、その上に厚く乗った脂肪も取って、コリをほぐさなくてはいけないというので、早めにケアをしたいところ。

そこで、エステティシャンの国際資格「CIDESCO」を持ち、表情筋トレーニングの指導を行うフェイスワークスタジオ「B-by-C」の鳴海えなさんに、二重あごの解消と予防法を指南してもらった。

「顔の筋肉は、普段からの表情癖に加えて、うつむき癖を覚えてしまいます。ですから正しく動かして、いい癖を覚え込ませることが非常に大事なんです。それにはまず、スマホで凝り固まっている顔の土台を柔らかくしないと効果が出ないので、咬筋(こうきん)という大きな筋肉からほぐしていきます。“ながら”では効果がないので、しっかりと覚え込ませて毎日トレーニングを続けることが大事です」(鳴海さん、以下「」内同)

毎日続けられる、難度の低い表情筋トレーニングをレクチャーしてもらった。まず首の詰まりやコリを解消してから、顔の順でトレーニングを。「首」と「顔」の二部構成で解説していく。

【まずは首のコリをとるトレーニングから】

ステップ1/首 筋肉のコリ解消&リンパの流れを促進

【1】前傾姿勢で前に出ている首を、まっすぐ正しい位置に戻す。肩を下げて、後ろで手を組む。右斜めに顔を上げて首を伸ばす。同じように、左斜めに顔を上げて逆側の首を伸ばす(各10秒)。再び、首をまっすぐな位置に戻す。

kaotore1

「手を後ろで組むことで肩が開きます。その状態で首を伸ばすことで首の位置が正しくなり、首の筋肉も伸ばしやすくなります」

【2】右手を首の左側のつけ根に添えて押さえ、右斜め上に首を伸ばす。そこからさらに頭をぐっと後ろへ伸ばし、あごの裏の筋肉をよく伸ばす。

kaotore2

【3】あごの裏が伸びきったら、舌を右斜め上に突き出す。これを5回繰り返す。逆側も同じように【2】と【3】の行程を。

kaotore3
【4】最後に、真正面を向いて同じ動作を。舌はまっすぐ鼻につけるように上に伸ばす。これを5回繰り返す。

kaotore4

「このストレッチで首の前面にある筋肉が鍛えられ、血流が良くなってリンパの詰まりが取れます。舌を出して引っ込めるのは、各5回ずつしっかりやると締まってシャープになりますが、慣れるまでは少なめにしてもOKです」

【顔は筋肉をほぐしてからリフトアップ!】

ステップ2/顔 こわばりをほぐしてリフトアップ!

「顔だるみのうち、実は二重あごは末期と言われています。1段階目にくるのがゴルゴ(眼瞼下垂)→2段階目にほうれい線、頬たるみ→3段階目に口元→最後があごです。解消するために、顔の筋肉を鍛えて、あごまで落ちてきた脂肪を元の位置に戻します。筋肉に正しい位置を覚え込ませることによって、たるみの予防ができます」

【1】拳を頬にぐっと入れ込んで、咬筋をぐりぐりと揉みこねてほぐす。リンパが詰まっているエラの部分も、あごの骨に沿って拳でぐりぐりと詰まりをほぐす。目安は、口を開け閉めして軽くなるまで。特にかみ合わせのところはこるのでしっかりと。

kaotore5

「口周りの筋肉は、顔全体に派生して作用しているのでとても大事な部位です。おばあさんになると口周りがしわしわになるのは、動かさないことが原因なのです」

【2】エラをぐっと掴んで左右に揺さぶりほぐす。

kaotore6
「ここをほぐし続けると柔らかくなり、あご周りがすっきりとしていきます。実はエラは、噛み癖でできたものなので、なくせるんです」

【3】こめかみに手のひらを置いて、斜め上にぐりぐりと動かして側頭部を柔らかくほぐしてから、手を頭に添えて、斜め上にぐっと引っ張る。引っ張ったときに、ほうれい線が消えるのが、筋肉の正しい位置。

kaotore7
「咬筋と目の横の側頭筋は、あご骨と頬骨に繋がって表情筋を支えている一番の根幹で、体でいうインナーマッスルのようなものです。この土台が落ちると、その上にある表情筋も脂肪も一気にどっと落ちてしまいます。

引っ張るときには、まっすぐに手を置いてしまうと効果が出ないので注意を。目尻を上げた顔は10年前の顔なので、10年前を思い出しながらやってみてください」

【4】ほうれい線に沿って手を置いて、ぐっと支えて持ち上げて頬骨の高いところへ引っ張る。笑って口角を上げる(10秒)。

kaotore8
【5】目の下のたるみを上げるトレーニング。頬の筋肉をぐりぐりとほぐしてから、手で誘導して上へ引っ張る。このとき、上唇を鼻につけるイメージで、上唇を上げて鼻につけるように「う~」という口をキープ。

kaotore9
「眉間にしわを寄せてしまうと、しわができてしまうので気をつけてください。梅干しの口にならないように、上唇だけを上げるのがポイントです。

口から頬骨についている大頬骨筋(だいきょうこつきん)は笑ったときに動く筋肉で、口角を上げて頬骨を動かすことがとても大事です。ここを鍛えないと、眼下や鼻の横の動かない筋肉から衰えてくるため、目の下のたるみやほうれい線ができてしまうのです。上唇を上げることで、目の下や鼻の横の普段使わない筋肉を動かします」

まずコリをほぐしてから、たるんだものを持ち上げるために鍛えるのがこの顔トレのコツ。ワンセット5回ずつ朝・晩が効果的。もし難しければ1日のどこかで1回だけでも◎。ぜひとも続けて、二重あご解消&筋肉の形状記憶を!

撮影/浅野剛

【関連する記事をチェック!】
【顔ヨガ1分動画】顔のむくみをとって、新年を“若顔”でスタート
【メイクのメ】年齢が出やすい目元、手をかければ効果も出やすい
ダイエットの敵!痩せるためにやめるべき「就寝前の悪習慣」7つ
管理栄養士、精鋭IT、ライターが厳選!オススメ「ダイエットアプリ」5つ
【食べて痩せる】「やせおか」の新作レシピ17品を一挙紹介!