エクササイズ

安全かつ快適な自転車ライフを。専用アイテム厳選ガイド

足や膝に負担をかけない有酸素運動として、人気が高い「サイクリング」。100km以上の長距離を走る本格派向けのロードレースだけではなく、観光スポットや紅葉の名所を巡ったり、と遊び気分で参加できるイベントもあるみたい。

そこで、自転車ライフを楽しくしてくれるアイテムを、スタイリストの坂本祥子さんがピックアップ。しっかり安全面をカバーして、自転車ダイエットを楽しく継続して。

自転車本体も身体も守る「安全グッズ」

車道を走行する自転車は、事故の危険とも隣り合わせだから、しっかりと安全対策をしておきたい。1989年創業のイタリアの自転車ブランド「カレラ」の「FOLDABLE REFLECTIVE(フォルダブル リフレクティブ)」(1万9980円)は、フレキシブル構造で頭の幅に合わせてサイズを調整できる。日本自転車競技連盟(JCF)の公認を得ていないから、レースでの使用はNGだけど、街乗りなら十分。折りたたむと3分の2の大きさになって、持ち運ぶのも便利。

SakamotoShoko_jitensha_20161004_P-599
「カレラ フォルダブル リフレクティブ」1万9980円、「カペルミュール レーシングサーモジャケット 千鳥クロス」1万9440円/ともに、カペルミュール 渋谷店 「アイ リブ ループチェーンリフレクト」2376円/東急ハンズ 渋谷店
写真4枚

“無事にカエル”をコンセプトに、自転車の安全アイテムを提供する「アイ リブ(I live)」。その人気No.1商品である「ループチェーンリフレクト」(2376円)は、ワイヤーカバーが反射素材で、夜間の安全走行をサポート。

また、大人のためのサイクルウェアを展開する「カペルミュール(KAPELMUUR)」の「レーシングサーモジャケット 千鳥クロス」(1万9440円)も、バックポケットの両サイドに反射テープが。夜間の走行時に着用を。内側は吸汗・速乾性に富んだ起毛素材で、体の動きにフィットしつつ、ウエア内部の蒸れを抑えてくれる。

コンパクトでもしっかり照らす安全ライト

夜間走行に欠かせないライトは、コンパクトで可視性が高い高照度のものに注目を。高度な技術で機能美を追求するアメリカの自転車アクセサリーブランド「LAZYNE(レザイン)」の「FEMTO DRIVE REAR(フェムト ドライブ リア)」(2041 円・写真右)は、電池式のLEDライト。高品質の光学素材でできたレンズ面がパワーボタンになっていて、点灯か3つの点滅に切り替えることができる。

SakamotoShoko_jitensha_20161004_P-633
写真左から時計回りで、「ノグ ブラインダー モブ キッド グリット」4968円、「ノグ ブラインダー ロード3」1万1113円/ともに、RATIO&C(レシオ・アンドシー) 「LAZYNE FEMTO DRIVE FRONT(レザイン フェムト ドライブ フロント)」2041 円/東急ハンズ 渋谷店
写真4枚

一方、デザインコンシャスな自転車アイテムが揃うオーストリア発の「KNOG(ノグ)」のライトシリーズは、すべて100%防水でUSB充電式。「ブラインダー ロード3」(1万1113円・写真中)は、ワイド&ナローのデュアルレンズでしっかり前方を照らしてくれる。同社のライトでは、照射角度がデザインによって異なる「ブラインダー モブ」も要チェック。写真は照射角度90度の「同 キッド グリット」(4968円・写真左)。

 

【おしゃれなボトルホルダーと雨天用グッズも】

快適な草稿中の水分補給を実現する「ボトルホルダー」

走行距離を伸ばすためには、適度な水分補給が大切。フランスの老舗ブランド「Zefal (ゼファール)クラシックボトルゲージ」(1814円・写真左)は、バネが効いたステンレス製で、ペットボトルやウォーターボトルをぐらつくことなく抱えてくれる。使い込むほどに風合いが増すレザーのカバーは、滑り止めとしても有効。

SakamotoShoko_jitensha_20161004_P-623
写真左から時計回りに、「Zefal クラシックボトルゲージ」1814円、「カペルミュール オリジナルボトル」(1296円)/ともに、カペルミュール 渋谷店 「モカ カップホルダー」(小1080円、大1296円)/ともにRATIO&C(レシオ・アンドシー)
写真4枚

街乗り感覚でのサイクリングなら、「モカ カップホルダー」(小1080円・写真右上、大1296円・写真右下)がオススメ。ベルクロ式で車体に取り付けることができる。写真のブルーとイエローのほか、グレー、レッド、ホワイトと5色揃うから、自転車や服装に合わせてコーディネートを。

普段使いもOK!スタイリッシュな「サイクルバッグ&レインケープ」

天気を気にせずにサイクリングする行動派は、防水性のあるバッグとレインケープを備えて。シア・ドライ・ナイロン製の「ポスタルコ レインケープ」(3万5640円)は、繊維そのものに撥水加工を施していて、しなやかな着心地を実現。腰までカバーしてくれるゆったりサイズなのに軽量なのも魅力。手首にストラップが付いているので、雨による着崩れも防いでくれる。色違いでイエローオークも。

SakamotoShoko_jitensha_20161004_P-585
写真左から、「ポスタルコ レインケープ」3万5640円/RATIO&C 「カペルミュール ショルダーバッグ」6264円/カペルミュール 渋谷店 「YNOT パッカブルバッグパック」1万3500円、「YNOT スクエアバッグパック」1万6740円/ともに、RATIO&C
写真4枚

機能性が高いメッセンジャーバッグやバックパックなら、カナダのトロントを拠点とする「YNOT(ワイノット)」をチェック。いずれも撥水加工されたコーデュラナイロン製だから、雨でも安心。

鮮やかなブルーの「YNOT DEPLOY(デプロイ)」(1万3500円・写真中下)はパッカブルタイプで、広げると高さ40.5㎝、幅25.5㎝、奥行き10㎝のバックパックに変身。無地カラー10色、カモフラ柄2色とバリエーションも豊富。紺色の「beruf buggage(ベルーフ バッゲージ)」(1万6740円・写真右)は、PCや書類もたっぷり入るサイズだから、普段使いにもぴったり。

コンパクトなバッグを好む人は、背中にフィットするメッセンジャータイプの「カペルミュール ショルダーバッグ」(6264円)を。A4サイズが収まる大きさで、インナーポケットも充実。ボルドーを使ったチェック柄が今年らしい。

【データ】
KAPELMUUR(カペルミュール) 渋谷店
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti SHIBUYA(ココチ 渋谷)2F
電話:03-6427-1517
営業時間:11:30〜21:00 不定休
アクセス:JR線ほか「渋谷駅」より徒歩4分
http://www.kapelmuur.jp/

東急ハンズ 渋谷店
住所  :東京都渋谷区宇田川町12-18
電話  :03-5489-5111
営業時間:10:00〜20:30 不定休 ※10/1、10/7〜10/9、10/14、19/15、10/21、10/22、10/28〜10/31は、〜21:00
アクセス:JR線ほか「渋谷駅」より徒歩8分
https://www.tokyu-hands.co.jp/

ratio&c(レシオアンドシー)
住所  :東京都渋谷区神宮前3-1-26
電話  :03-6438-1971
営業時間:11:00〜20:00 不定休
アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前駅」3番出口より徒歩6分
http://ratio-c.jp

写真/相澤裕明

スタイリング:坂本祥子(さかもと・しょうこ)

スタイリスト。1977年生まれ。ファッション、ライフスタイルを中心に、スタイリングから 編集・原稿執筆までをこなす。『大人になったら、着たい服』(主婦と生活社)、『オズマガジン』『オズプラス』(スターツ出版)ほかで活躍

【この連載のバックナンバー】
2016FWランニングウェア厳選ガイド
2016FWランニングシューズ9選
ウエアラブルデバイス最新図鑑
ダイエットの便利グッズ16選
ヨガライフを充実させるウェア6選
ジム通いが楽しくなる便利雑貨
山歩きの必須グッズを紹介
体型お悩み別!スイムウェア9選

自転車に関するアンケートに回答!