フード

「チアシード」の摂取量や保存方法など。9つの疑問に回答!

アメリカでも人気のスーパーフード「チアシード」。デザートやドリンクでいただくことはあっても、お料理にはどうやって使ったらいいのかわからない…いう人のほうが多いのでは?

やせる!老けない! チアシード レシピ: 1日1スプーン きれいな人の新習慣 (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

気になる人は画像をクリックして、購入サイトへ

そこで、シリーズ累計100万部を突破した「やせおか」シリーズの著者、柳澤英子さんの『やせる!老けない!チアシード レシピ』(小学館)からチアシード関する疑問にご回答。しっかり学んで、上手に生活に取り入れよう。 はじめて食べる人が抱きやすい疑問にお答えします。

* * *

チアシードはどこで買えるの?

輸入食材をとり扱うスーパーや、健康食品のお店、ドラッグストア、ネット通販などで購入できます。複数の輸入元があり、価格や量などに多少差があるので、手に入れやすいものを購入するといいでしょう。

白いタイプと黒いタイプがあるようだけれど、違いは?

chiaseed_P12_!3_K

白いほうが「栄養価が安定している」とうたっている商品もあります。しかし、どちらも栄養成分に違いがないという調査結果も。多少違う点としては、白のほうが、水にふやけやすいようです。

健康食品だから けっこう高いのでは…?

1パック200g入りのものの場合、価格はだいたい1200〜1800円前後。1日にスプーン1杯を食べるとすると、 1人1カ月で2400〜3600円程度かかる計算です。

朝、昼、夜…どのタイミングで食べるのが効果的?

chiaseed_P12_!3_F

チアシードには元気な活動をサポートする働きがあるので、朝に食べるのがオススメ。また、お腹の中で膨らんで満腹感が得やすいので、食前のほうが栄養の吸収もスムーズです。ダイエット中の方はぜひ食前にどうぞ。チアシードを食べてから少し時間をおいて食事をすると、なおいいでしょう。

食べるときの注意点は?

噛むことでチアシードの殻が破れるので、よく噛んで食べるのがオススメ。そうすると、粒の中の栄養素をしっかりと消化吸収することができます。また、チアシードのみを大量に食べるとお腹の中で固まってしまうことがあるので、水分を一緒にたっぷりとりましょう。

加熱して食べてもいいの?

chiaseed_P12_!3_I

チアシードに含まれる「オメガ3脂肪酸」は熱に弱いので、加熱すると成分が壊れることも。できるだけ生で食べ、温かい料理に使う場合は粗熱をとってから加えてください。ただし加熱したとしても、このほかの体にいい栄養素は問題なく摂取できます。

たくさん食べても、大丈夫?

チアシードに含まれている食物繊維は、摂りすぎると逆に便秘になったり、下痢になったりする恐れがあります。スプーン1杯=10gを目安に、1日1、2スプーン程度の量を守りましょう。

チアシードの保存方法は?

chiaseed_P12_!3_M

チアシードは、高温多湿を避けて保存すれば、2年ほど保存可能と表示されているものが多いです。遮光・ジッパーつきのパッケージのものがほとんどですので、そのまま保存を。入れ替えたいときは、遮光性の密閉保存容器に入れましょう。

ふやかしたチアシードが余ったら、保存できる?

chiaseed_P12_!3_G

水で戻したものなら、清潔な密閉容器に入れて、冷蔵庫で2日ほど保存できます。ただし、長期間保存できるものではないので、できるだけ早めに食べきってください。

柳澤英子(やなぎさわ・えいこ)

料理研究家。編集・ライターとして料理関連の雑誌やムック、書籍、広告の制作に携わるとともに、レシピの開発や提供など食全般に関わる。数々のダイエットに挑戦してはリバウンドをくり返したが、「食べてもやせる」ダイエットで劇的スリム化に成功。そのメソッドを説明した「やせるおかず 作りおき」は、累計100万部超の大ヒットシリーズに。最新刊に『超入門!やせるおかず 作りおき』(小学館)