ファッション

「黒」の着こなしを間違うとデブ見え!春の黒コーデを痩せて見せるワザ

色選びに迷ったとき、とりあえず細く見えそうな黒い服を買っていませんか? でも、そんな消極的な気持ちで選ぶなんてもったいない。話題のパーソナルスタイリストがおしゃれ指南。スタイルをよく見せるコツを取り入れれば、「似合う服がない」が解消できちゃいます。

黒は本来「洗練」「エレガンス」といったイメージを持つ色。大人の女性だからこそ「細見え」=「若見え」の法則を取り入れて「脱!無難」にチャレンジしてみましょう。

黒を上手に取り入れて春コーデの細見え度をアップ!

細見えコーディネートを取り入れた女性

黒は見た目の印象を支配するため「コーディネート次第で一年中、着回せる」と言うのは、パーソナルスタイリストの霜鳥まき子さん。

「春というと、ベージュやパステルなど、明るい色が出回る季節ですよね。でも、春だって黒を着る理由は充分にあるんです」(霜鳥さん・以下同)

黒の大きな魅力の1つは体が締まって見えること。だが、ただ着ればいいわけではない。

「アラフォー・アラフィフ世代は、どうしても体のラインに不安のある年代。黒を上手に取り入れれば、そんな不安を払拭することができます。ポイントは、黒の面積と柄や素材の選び方。そこに小物や肌見せ効果を加えることで、軽やかでスッキリ見えるコーディネートができます」

自由に出かけられるその日に備え、霜鳥さん直伝の黒コーデテクを予習しておこう。

黒は取り入れ方次第でマイナス3kgは細く見える。黒の面積に気をつけて、春らしい明るい色とのコーディネートにもチャレンジしてみよう。

黒のカットソー+プリーツスカート

【OK】細見え&若見え

黒のVネックカットソーにプリーツスカートを合わせた女性

・首もと
Vネックを選んでデコルテを出し、肌見せの分量を増やすと、首まわりがスッキリ見える。

・ウエスト
カットソーをスカートにインすることで、ウエストの位置がハッキリして細く見える。ウエストの位置をやや上にすると脚長効果も。

【NG】デブ見え老け見え

黒の丸首カットソーにプリーツスカートを合わせた女性

・首もと
丸首のカットソーは首もとが詰まって、重たい印象に。

・ウエスト
トップスを出したままにすると、ウエストの位置があいまいになるため、お腹まわりが目立ってしまう。

◆ポイント!Vネックの選び方

Vネックのカットソーを着た女性の胸元

肩がピッタリしたデザインより、肩のラインが二の腕くらいまで落ちているものを選ぶと、肩まわりが華奢に、女性らしく見える。

黒の柄ワンピース

【OK】細見え&若見え

黒に赤い大柄の花が入ったワンピースを着た女性

・黒のボレロ
「上着などで黒の面積を増やすと、上半身の引き締め効果がアップします。丈の短いボレロなら、脚長効果もあるんですよ」

・大きな花柄
柄のワンピースを選ぶ際は、大柄で黒の面積が広いものを選ぼう。「大柄は小さい柄のものよりも、柄に目が引きつけられるので、体を小さく見せられます。黒地に赤い花柄というメリハリの効いた配色も、引き締め効果が高いです」。

【NG】デブ見え老け見え

黒の小花柄ワンピースを着た女性

・上着なし
「黒の面積が少ないと、引き締め効果が期待できません。小花柄を着るならレギンスやベルトなどで黒を足すといいですね」

・小花柄
「細かくて白っぽい柄の場合、少し離れて見ると無地のようにも見えてしまう。そのため白の面積が増えるので太く見えるのです」

◆ポイント! ウエストの片蝶結びでさらにやせ見え!

ワンピースのウエストリボンを片蝶結びをした女性

共布のウエストベルトがある場合、真ん中ではなく脇に近いところで結び、結び方は蝶結びではなく片蝶結びに。「片結びにして、輪とひもを下にたらすと縦長効果が得られます」。

黒のデザインカットソー+赤いパンツ

【OK】細見え&若見え

黒のデザインカットソーに赤いパンツを着た女性

・柄入りカットソー
大きな花柄が右半身にだけプリントされたシースルーのデザインカットソー。「大胆な柄にちゅうちょされるかもしれませんが、大きめの柄が顔の近くにあることで、目線を上げる効果となり、体形が引き締まって見えるんです。さらに透け感のある素材を選べば、黒でも軽やかに見えます」。

・袖
「手首や足首を見せると細く見えるので、袖の長さは七分丈がおすすめです」。肌見せの分量が多いほど、全体がスッキリ見える。

【NG】デブ見え老け見え

ゆったりとした黒無地のカットソーに赤いパンツを着た女性

・無地のカットソー
「上下とも単色の無地アイテムを合わせると、全身を見てしまうため、のっぺりした印象になります」。全身を隠したことで、かえって太って見える結果に。

・袖
「トップスが黒の場合、袖を伸ばしたままだと黒の分量が増えて、重たくなりがちです」。袖で黒の分量を調節しよう。

【次ページ】ボーダーを痩せて見せるにはコツがあった!

黒のシャツワンピース

【OK】細見え&若見え

黒のシャツワンピースを着てグレーのポシェットをさげた女性

・袖口
「シャツの袖をロールアップして抜け感を出します。それだけでも、全体的にスッキリ感がぐんとアップします」

・ポシェット
「黒以外の色のポシェットを斜めがけすることで、シルエットに変化が生まれ、細見え効果が出ます」

 【NG】デブ見え老け見え

ゆったりとした黒のシャツワンピースを着た女性

・黒1色
1枚でストンとラクに着られるシャツワンピースは、この春注目のアイテム。でもそのままだと、モサッとした印象に。

・袖口
「無地なので袖を手首まで伸ばして着てしまうと、肌の見える部分が少なく、重い印象になります」

◆ここで差がつく!シャツの袖のロールアップ方法

【1】シャツの袖丈はジャストサイズを選ぶ。まずは手首まできれいに伸ばす。

袖口が手首を覆っている

【2】カフスボタンを外す。ひじに袖口が届くくらいまで、大きく袖を折り返す。

6分袖くらいにまくり上げた袖口

【3】カフスが隠れるくらいまで、さらに半分ほど折り返す。カフスの先をきれいに整える。

7分袖くらいにまくり上げた袖口

黒白のボーダー+パステルカラーのパンツ

【OK】細見え&若見え

黒白の太いボーダー+パステルカラーのパンツを着た女性

・黒白の太いボーダー
ボーダー柄は太って見えると敬遠しがちな人も多いが、「黒と白の幅が均等ではなく、黒の幅が広いものを選ぶことが大切です」。ストールなどの小物を顔近くに取り入れると、細見え効果が上がるうえ、紺×白よりも大人のマリンスタイルを楽しむことができる。

 【NG】デブ見え老け見え

黒白の細いボーダー+パステルカラーのパンツを着た女性

・黒白の細いボーダー
細い幅の黒白のボーダーは、遠目には無地の薄いグレーのカットソーに見えてしまう。「白の分量が多くなるため、パステルカラーなど薄いパンツと合わせると、さらに体が膨張して見えるのです」。

◆ポイント!ボーダーは太く、ストライプは細く

 

細いボーダーを着た女性と太いボーダーを着た女性

ボーダー柄とは違いストライプは幅が細い方が細く見える。「太めのストライプは、目を引きつけるのですが、腕や身幅を広く見せてしまいます」。

教えてくれたのは:パーソナルスタイリスト・霜鳥まき子さん

SPSO(シモトリパーソナルスタイリングオフィス)代表。日本航空国際線の客室乗務員を10年経験後、パーソナルスタイリストに転身。約1万人以上の女性にパーソナルスタイリングを行っている。細見えコーデに定評がある。http://www.spsojapan.com

『世直しスタイリスト・霜鳥まき子の得する黒 損する黒』(小学館 1000円)。黒だからこその「足し算・引き算ファッション」や「着まわしファッション」がたっぷり。知って得するブラックフォーマルのマナーまで、すぐに実践できる黒テク満載!

撮影/森浩司

※女性セブン2020年4月30日号

●着痩せコーデ、4つのルール|色や服(トップス)の選び方で脱ぽっちゃり!
●おデブを“着痩せ”で隠すテク8つ!長めの服でお腹やお尻を隠すのはNG
●50代向けお手本のようなファッション!体型カバーなど簡単コーデテク6選
●62歳オバ記者が2020年へ決意!「洋服で体型をごまかさない”最強オバさん”に」
●秋冬の着痩せコーデをプロが公開!ぽっちゃりを隠す裏ワザを伝授