ボディケア

29歳失恋女子、体重72.3kg体脂肪42.3%を1か月でどこまで改善できたのか?【おデブライターの減量記】

人生で初めてダイエットに挑むこととなった、体重72.3kg・体脂肪率42.3%のヘタレデブライターのI美。根性なしのゆとり人生を送ってきた彼女が、失恋をきっかけに初めて痩せることを決意してから、気づけば1か月が経過していた。

おデブライターの減量記イラスト

糖質を制限した食事、運動音痴なりに頑張って通ったジム…初めてづくしの中で、結果を出すことはできたのか?

第1回:体重72.3kg体脂肪42%の29歳、失恋でダイエット決意!パリピが通いそうなジムにビビる!?
第2回:体重72.3kg、体脂肪42%の29歳、デブ生活を改革目指すも初日で挫折!?
第3回:体重72.3kg29歳の失恋女子、コンビニ食を活用し糖質制限を乗り切る!?
第4回:体重72.3kg・29歳の運動音痴女子、暗闇系ダイエットに挫折寸前

*  * *

1か月間のチャレンジの結果はいかに?

アラサーヘタレデブライターのI美です。一日も早く、「デブ」が取れてせめてアラサーヘタレライターになりたいと願い精進してきた結果を、今日確認します。

ダイエット開始前、体重72.3kg・体脂肪率42.3%のライターI美

ダイエット開始前、体重72.3kg・体脂肪率42.3%のライターI美

やってきたのはおなじみ「PLAYGROUND GINZA」。初回と同じく、体成分の分析や筋肉・脂肪を可視化できるInBodyで測定をすることとなりました。ちなみに1か月前は体重72.3kg、体脂肪42.3%と、体のほぼ半分が脂肪…。

1か月ダイエットに励んだライターI美

1か月ダイエットに励んだライターI美

ここ1か月の生活を振り返ると、10年近く抜いていた朝食をとるようになり、昼食は糖質制限、夜食はプロテインに置き換えと、今まで食べ放題飲み放題だった食事がしっかり健康なものに。さらに、抜群の運動音痴がジムに通い始めて…とこれまでの生ぬるい人生で一番変化を迎えた時期なのでした。ここまで頑張ったのは人生で初めて。どうか結果が出ますように!

体重も体脂肪も驚くほど減り、うれしい悲鳴

さて、運命の測定です。私をダイエットの道へと誘ってくれたA子先輩と、やさしく指導してくれた管理栄養士のYUIKAさんが見守る中、結果は…。

体重68.1kg、体脂肪率37.5%!

-4.2kg、-4.8%という驚異の痩せっぷり! 少しデブから脱出しました! やったー! どんどんぱふぱふ〜!!!!

ダイエットに挑戦中のライターI美、1か月ダイエットのビフォーアフター

お腹周りがスッキリ!

ダイエットに挑戦中のライターI美、1か月ダイエットのビフォーアフター

A子先輩もYUIKAさんもは「I美ちゃん、すごいよ! よく頑張ったね〜!」と褒めまくってくださいまして。1か月前、「こいつこんなに太りまくって、正気か…?」みたいな表情だった頃から一転、お2人とも明るい表情で私を見つめてくれました。あ~頑張ってよかった~~~!

ダイエットに挑戦中のライターI美、1か月ダイエットのビフォーアフター

背中も一回り小さくなった?

けれど、ダイエットはここで終わりではありません。以前よりマシになったものの世間一般的にまだまだI美はデブ。そして根性ナシ…ということで、A子先輩から提案が。「I美ちゃん、もっともっと痩せてキレイになろう! 1か月、延長! というか、もう彼氏ができるまでダイエットを続けよう!」と元テニス部のA子先輩は体育会系全開。

これまでなら「ひえ~~体育会系こわ~」と内心思いながらヘラヘラして身をかわしていたI美でしたが、今回ばかりはメラメラと燃えており、「お願いします!!!」と気づいたら大声で叫んでいたのでした。

1か月目にクリアできなかった課題の壁

脂肪1kgの模型

これは脂肪1kgの模型! I美はこれを4つ減らしたことに!

ということで、ダイエット2か月目を迎えるにあたり、反省&さらなる目標設定をすることに。

「食事は毎日記録してLINEで送ってきているものでバッチリです。もう少しPLAYGROUNDに来られるペースを増やしましょうか。今、週に1~2回なので、これを週2~3回に増やせば、結果はかなり違うと思いますよ」とYUIKAさん。

デブ特有のジムに来る恥じらいはだんだんなくなってきており、回数を増やすだけなら余裕じゃん!と自信たっぷりのI美。単純思考なので、一度の成功で調子に乗れるのです。けれど、YUIKAさんはこう続けるのでした。

「I美さん、睡眠はどうですか?」

思わずギクリとする私。ダイエットをする際には食事、運動に加えて、睡眠が最も大切な要素の一つだそう。

「1日7~8時間の睡眠。日付が変わる前に寝て、朝7~8時頃に起きるのがベスト」

寝室

イラスト/アフロ

と初回のカウンセリング時に言われていたものの、I美の睡眠習慣はダイエット前と変わらず、不規則な睡眠時間で早くても9時起き。身についたデブ習慣にまだおさらばしきれていなかったわけです。

私はまたも得意のごにょごにょ言い訳をお見舞いしてしまいまして。「結局仕事が忙しくて…ベッドに入っても2~3時間寝付けないし…あと原稿が終わらなかったりして…」。あんなに明るい表情だったA子先輩&YUIKAさんは「これだからこいつは…」とまたも呆れ顔に…。

ただ、自分でもわかってます。原稿は早起きして書けばいい! 早起きすれば夜は眠くなる! そのペースを循環させればいいだけ。食事も運動もできたんだから、睡眠だってやってできなくはないはず!

ヘタレデブ脱却のため、次回は早寝早起きに励むことになりました。けれど意外と難しくて…!? ダイエットをスタートしてから初めての苦悩を味わいます。

●銀座の最新『PLAYGROUND』なら遊びながら筋トレ!45分レッスンを【体験レポ】
●ゆいP、ゆりやん、安村アナは30kg減!コロナ自粛で痩せた芸能人のダイエット法を一挙公開
●中島健人&平野紫耀のおかげで頑張れる!?『未満警察エクササイズ』をヲタライターが体験してみた
●令和版ビリーズブートキャンプは効果あり?ズボラアラサー女性記者が7日間体験してみた!
●『マツコ会議』で話題!宅トレYouTuber・竹脇まりなの630万再生“脂肪燃焼ダンス”に挑戦してみた