ココロのケア

イライラして食べすぎてしまう…「柴胡加竜骨牡蛎湯」でストレス太りを解消【漢方でカラダケア】

家族や知人との人間関係がうまくいかなくてイライラしたり、不安を解消するためについつい食べすぎてしまう「ストレス太り」に悩んでいる人も多いのでは?

頭を抱える赤いワンピースの女

薬剤師の大野雅代さんによると、ストレスや不安によるイライラが原因で食べすぎてしまう人におすすめの漢方薬があるという。

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 45包

【第2類医薬品】「クラシエ」漢方柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒 45包(画像は公式HPより)

今回紹介する「柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)」という漢方薬は、イライラなどの神経症を改善する効果があるのだとか。これがどんな漢方なのか、詳しく解説してもらった。

* * *

「柴胡加竜骨牡蛎湯」ってどんな漢方薬?

◆柴胡加竜骨牡蛎湯はこんな漢方薬

柴胡加竜骨牡蛎湯はこんな人におすすめの漢方薬です。

□ストレスが強く、動悸、イライラ、不安がある
□大事な仕事の前などに緊張して眠れない
□便秘がち

柴胡加竜骨牡蛎湯は、仕事や人付き合いであとから思い悩んでしまう人や、プレゼンの前日は緊張して眠れないという人にぴったりの漢方薬です。

漢方薬が精神安定剤のような働きをすることに意外と思う人もいるかもしれませんが、柴胡加竜骨牡蛎湯は昔から神経衰弱症などに使われてきた漢方で、精神安定に効果があります。

漢方医学では、イライラや不安などの精神的な症状を「肝」の機能が滞った状態だと考えます。漢方医学で言うところの「肝」は肝臓とはまったく異なり、気持ちや自律神経を調節する働きのことをいいます。

柴胡加竜骨牡蛎湯は、肝に溜まった「気」の巡りをよくすることで、イライラや不安をなくしたり、気持ちを上向きにします。

◆柴胡加竜骨牡蛎湯に効果を感じた人の事例

頬杖をつく女性

写真はイメージ

22歳の女性の事例を紹介します。

大学4年生の彼女は、就職先が決まったことで、彼氏と遠距離恋愛ができるのか、ちゃんと仕事ができるのかといった将来への不安が次々と出てきたそうです。それによって、次第に胸の苦しさ、動悸、めまい、不眠の症状が出たため相談したとのこと。

心療内科でカウンセリングを受け、柴胡加竜骨牡蛎湯を服用したところ、不安や胸の苦しさなどの症状は少しずつ改善したそうです。考え方も変わり、「なんとかなる」と前向きに思えるようになったとのことでした。

柴胡加竜骨牡蛎湯が不安にとてもよく効いた事例です。

◆柴胡加竜骨牡蛎湯に含まれる生薬

牡蠣の殻を粉砕したもの

画像/PhotoAC

柴胡加竜骨牡蛎湯には11の生薬が含まれています。

まず、精神を安定させる「竜骨(りゅうこつ)」「牡蛎(ぼれい)」と、気持ちを落ち着け、不眠に働きかける「柴胡(さいこ)」「黄芩(おうごん)」、さらに溜まったイライラや不安を体の外に出す「大黄(だいおう)」が主な生薬です。

これらメインの生薬の働きを助けるために、水分のバランスをとる「茯苓(ぶくりょう)」、吐き気を抑える「半夏(はんげ)」「生姜(しょうきょう)」、気を補って胃の働きを助ける「人参(にんじん)」「大棗(たいそう)」「桂皮(けいひ)」が含まれています。

柴胡加竜骨牡蛎湯には、便秘の改善にも使われる「大黄」が含まれています。そのため、軟便傾向の人は下痢になってしまう場合があるので様子を見ながら服用してください。

柴胡加竜骨牡蛎湯は不眠、不安、高所恐怖症、ストレス性の円形脱毛症などの神経症に対しても幅広く使用されています。古くは小児の夜泣きにも使われてきた漢方薬です。

漢方薬とはそもそもどんなもの?

並んだ漢方の生薬

漢方医学は「気・血・水(き・けつ・すい)」のバランスをとることで体全体の調和を図り、心身を整えて複数の症状に効果を発揮する医学です。漢方薬は自然の恵み(植物や鉱物など)にある薬の効果を見出して、それを体質や症状の改善に役立ててきました。

自然由来の生薬を組み合わせた薬なので、一般的に西洋薬よりも副作用が少ないといわれています。また、体質の改善に働きかけることで根本的な解決を目指すものなので、「できるだけ人工的な薬に依存したくない」「体質を根本的に改善したい」という人に最適です。

不安やストレスで眠れなくなるのは「気」の巡りが悪くなるからだと考えられます。漢方薬を服用することで、悪くなった気の巡りをよくして、精神を安定させます。足りない気は補い、イライラのような多すぎる気を抑えることで、バランスをとり、体調を整えます。

漢方薬をのむときの注意点

漢方薬は自然由来の生薬を組み合わせた薬ではありますが、副作用が起きる場合もあります。また体質に合った漢方薬をのまないと、効果も思ったように出ません。服用するときは、漢方に詳しい医師や薬剤師に相談すると安心です。

漢方薬を手に入れるには、ドラッグストアで購入する、漢方クリニックや漢方薬局で処方してもらう、などの方法がありますが、クリニックや漢方薬局は敷居が高いという人は、ネットで購入する方法もあります。

AI(人工知能)と漢方のプロフェッショナルが効く漢方薬を見極めて、自宅まで届ける「オンライン個別相談・AI漢方」(https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/)などの、スマホで気軽に頼めるサービスもおすすめです。

柴胡加竜骨牡蛎湯で不安やストレスにさよなら

不安やイライラに効果のある「柴胡加竜骨牡蛎湯」のポイントは下記です。

・いつも不安を感じている人の精神の安定に
・ストレスから来る、イライラ・動悸などの改善に
・夜ぐっすり眠れない人に

現代社会で頑張る女性は、誰しもストレスを抱えているものです。イライラから食べすぎてストレス太りしてしまったら、それがさらにストレスになることも。そんな人は柴胡加竜骨牡蛎湯を取り入れてみてはいかがでしょうか。

教えてくれた人:薬剤師・大野 雅代さん

大野雅代さん

おおの・まさよ。薬剤師・研修認定薬剤師。化粧品検定1級。
大学卒業後、大手調剤薬局、ドラッグストア、町の調剤薬局に勤務。更年期症状に悩む患者、自分のホルモンバランスからくるイライラや体調不良をなんとかしたいと女性の健康について学び始める。学生から更年期まで、女性が仕事や好きなことに打ち込める手助けをするのが目標。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●不調の改善に!無料体質判定:http://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/

●加味逍遙散で月経前や更年期のイライラ過食を防ぐ【漢方でカラダケア】

●水太りは「防已黄耆湯」で改善!ぽっちゃり体形を抜け出そう【漢方でカラダケア】

関連キーワード