趣味・カルチャー

コロナ禍の都会でリゾート気分!国立競技場の目の前で自然とアートの旅「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」

今年こそよい年に…たくさんの願いとともに迎えた2021年ですが、早々に緊急事態宣言が発令。withコロナの難しさ、先行きが見えない不安を覚えたかたも多いことでしょう。変化に対応し、コロナに負けないために、安全安心に配慮しながら、ココロとカラダのメンテナンスも、しっかり心掛けたいものです。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

今回は都心にいながら、神宮外苑、そして新宿御苑の自然に癒される「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」の滞在を旅行ジャーナリストの村田和子が紹介します。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

ジュニアスイートルームのウッドデッキ

ホテルの目の前には、東京オリンピックのメインスタジアム国立競技場が、出番を待つように静かに佇み、ホテル内には1964年開催の東京オリンピックのレガシー、自然との調和を感じるアートも満載です。

* * *

国立競技場が目の前。杜と調和するリゾートホテル

昨夏、コロナがなければ世界の注目を集めていただろう、隈研吾氏デザインの国立競技場。その目の前にある「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」は、全室にバルコニーがあり、天然のスギ材を採用したナチュラルで柔らかくカーブを描く外観は、一帯の自然や国立競技場の建築美とも調和した佇まい。

国立競技場と三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

シティホテルというよりリゾートホテルといった方が相応しい雰囲気に滞在への期待が高まります。

館内はアートな空間。屋上テラスからの眺めは圧巻

ホテルが建つのは、1964年の東京オリンピックで、数々の記録を打ち出した明治神宮外苑水泳場(神宮プール)の跡地。館内には、美術館のようにアート作品が点在しますが、オリンピックのレガシーをコンセプトにした作品も多く、当時の東京の賑わいや歓喜を感じ、見ているだけで元気がもらえます。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミアエントランスロビー

エントランスロビー

「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」エレベーター

エレベーターの中には歴史を物語る写真が

◆国立競技場を眼下に望める屋上テラスも

ぜひ訪れたいのが、宿泊者専用の屋上テラス。迫力ある国立競技場を眼下に望む近さは圧巻です。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

目線を上げると、ホテル周辺には高い建物がなく、東京の街並みに外苑の緑地、そして遠く西の空には富士山を望むロケーション。黄昏どきには、オレンジの空に富士山のシルエットが浮かぶ美しい景色にカメラのシャッターが止まりません。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

冬はちょっと寒いですが、座り心地のよいソファも置かれているので、絶景を見ながらくつろぐのもよさそうです。

おすすめはコーナールーム。L字型の広いバルコニーは開放感抜群

9つの客室タイプがありますが、私のおすすめは、コーナーに位置する客室。L字型で2面に広いウッディなバルコニーがあり開放感は抜群です。バルコニーがあると一気にリゾート気分が盛り上がり、換気も好きなときにできるので、コロナ禍でも安心感があります。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

眺望は方角により、南は国立競技場、北は新宿御苑、東は神宮外苑の緑地、そして西は夜景が美しい新宿の高層ビル群と、それぞれ特徴や魅力があります。もちろん、プライベートな空間なのでマスクを外してもOK。絶景を見ながら深呼吸できるのが、何よりもコロナ禍では新鮮で、五感が研ぎ澄まされるよう。一年前なら日常だったことなのに、なんだか不思議な気持ちもします。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

◆日没後には美しく輝く月と東京スカイツリー&東京タワーが楽しめる

今回は3名で利用できるスーペリアコーナーツインに滞在。北東のコーナーに位置する客室は、日没後には美しく輝く月や、遠くに東京スカイツリーや東京タワーを臨みます。朝は日の出が見られるなど、バルコニーからの景色は見飽きることがありません。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

スーぺリアコーナーツイン(3人で利用の場合)

室内は木目調にシックな内装、ここにもオリンピックのレガシーを感じるアート作品が飾られ、ベッドはサータ社製。バスルームは洗い場があり広々、レインシャワーもあって快適なのですが、今回は利用しませんでした。それというのも、素敵な大浴場があるからです。

大浴場は、神宮プールの歴史を感じアート鑑賞も

大浴場は、客室や館内と統一感のある、木調とモノトーンがベースなお洒落な空間。温泉ではありませんが、長さが9.4mある長方形の湯舟には、青いタイルが敷き詰められ、プールをイメージさせるデザインがユニークです。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

壁には明治神宮外苑水泳場の歴史を表したパネルが設置され、かつての記憶が蘇るよう。足をゆったり延ばして深呼吸をすると落ち着くのは、日本人ならでは。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

視線をうつすと、中庭のようなスペースに飾られた『jingu pool』という名のオブジェが目に入ります。かつてこの地にあった神宮プールの瓦礫とガラスを組み合わせたアート作品は、歴史的瞬間が生まれたことを伝えるシンボル的な存在。お風呂に入りながらアート鑑賞ができる体験も珍しく、アート好きにはたまりません。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

館内のアート作品は、杜(過去)、水(現在)、光(未来)がテーマとのこと。鑑賞しながら意識が過去と未来を行き来し、時空を旅している気分が味わえます。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア特徴的なアート作品

特徴的なアート作品が並びます

◆東京にいながら満点の星空も楽しめる

部屋に戻ると月が美しく、お酒を片手にバルコニーで乾杯!

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

見上げると「東京の空ってこんなに星が見えたかな?」と思うほど星が綺麗に瞬きびっくり。コロナ禍で大気が多少綺麗になったのか? 真意のほどはわかりませんが、将来振り返えると「コロナも悪いことばかりではなく意味があった」そう思えるのかも。ぼんやりと思いつつベッドへ入ると、オリジナルの快眠枕であっという間に夢心地。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

北西のスーペリアコーナーツインからは美しい夜景を望む

こだわりの朝食はスタイリッシュなレストランで

翌朝、目が覚めると東の空が明るみ、まもなく日の出の時間。朝日を拝もうとスタンバイをしていると、朝日と見間違うオレンジの光があちらこちらに登場! ガラス張りのビルが多い東京は、どれが本当の太陽なのか判別が難しいというのも、なかなか面白い発見でした。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

客室からの朝日

朝食は、1階にあるレストラン「RISTORANTE&BAR E’VOLTA」(リストランテ&バー エボルタ)で。ビュッフェボードには、自家製のハムやベーカリーの焼き立てパンが並び、E’VOLTAオリジナルコーヒーや、佐賀県の嬉野茶など、ドリンクのラインナップにもこだわりが感じられます。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

そんな中、ぜひ頂きたいのが、自家製のマフィンを、オープンキッチンにある薪火であぶって仕上げるエッグベネディクト。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

ナイフを入れると黄身がとろけ食欲を誘い、深みがあるのにさっぱりとした上品なオランデーズソースが絶妙。アッという間に完食。

和食もありますが、焼き立てのクロワッサンやバゲッドに、サーモンやチーズ、お野菜などをトッピングしていただくなど、洋食のバリエーションが多めです。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

季節がよければ、神宮外苑の杜を眺める屋外のテラス席も、リゾート気分が盛り上がり気持ちよさそう。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

ただしコロナの三密対策で、朝食は50分ごとの完全入れ替え制(2021年1月現在)。ホテルの朝食としては、ちょっと慌ただしいけれど、それもコロナ対策と思えば納得。テーブル間の距離も十分とられて、ビュッフェボードに行列ができることも、ほとんどありません。空いたテーブルを丁寧に消毒するスタッフの姿など、大変な中でも安全安心に余念がない姿に感謝し、レストランを後にします。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

レストランの営業時間や朝食の提供方法については今後変更になる可能性があります

スポーツと芸術の拠点である神宮外苑。楽しみ方はいろいろ

屋上テラスに再訪すると、この日は国立競技場でイベントがあるようで、準備をする様子が垣間見られます。近くに見えるドームが特徴的な建物は、聖徳記念絵画館。絵画、建築、そして歴史的場面を記した絵画は、歴史好きにも一押しの美術館で、散策を兼ねて訪れるのもおすすめです。

聖徳記念絵画館

◆都心とは思えない開放感でリフレッシュ

コロナの影響でホテルは、ラウンジがクローズしているなど制限はありますが、都心とは思えない開放感に、スタッフのホスピタリティのレベルも高く、疲れた心身をリフレッシュするには最適な環境です。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

ジュニアスイートルームは50平米の広さにテラス付

記念日にはちょっと贅沢をして、最上階の専用テラスのあるスイートルームを、疲れを感じたらひとりでお籠ステイなど、様々なシチュエーションで使えそう。

場所柄ランナーも多く、朝の数時間、客室を利用できるユニークな期間限定プランもあるので、健康志向のかたもぜひ試してみてはいかが? この夏のオリンピック開催の行方は、いまだ不透明ですが、多くの人の希望や夢が詰まったこの地に、賑わいが一日も早く訪れますように。さて、パワーチャージ完了! コロナに負けずに頑張ろう。

三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア

【DATA】

「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」
〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町11-3
アクセス:都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」より徒歩約1分、JR中央・総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩約5分
https://www.gardenhotels.co.jp/jingugaientokyo-premier/

料金:
・客室タイプお任せ<素泊り>1泊室料1万1000円(税サ込) ~、
※日にち限定・1室の定員は大人2名
・【スタンダードプラン】スーペリアコーナーツイン利用<素泊り>
1泊室料2万円(税サ込)~
※スーペリアコーナーツイン指定・1室の定員は大人3名(1名はソファベッド利用)
・ランナー応援プラン(1月末まで)
1室3300円(税サ込) ※利用時間:6:00~10:00

※参考オフィシャル価格:モデレート1泊室料1万5500円(税サ込)、コーナーツインルーム1泊室料2万5500円(税サ込)

「RISTORANTE & BAR E’VOLTA」(リストランテ&バー エボルタ)
三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア1階
https://www.evolta.tokyo/
料金:朝食2640円(税込/宿泊者2420円)
ランチ、ディナー、カフェ利用なども、外来の利用可
レストランの営業時間や朝食の提供方法については今後変更になる可能性あり

明治神宮外苑 聖徳記念絵画館
http://www.meijijingugaien.jp/art-culture/seitoku-gallery/

教えてくれたのは:旅行ジャーナリスト・村田和子さん

村田和子さん

旅行ジャーナリスト。「旅を通じて人・地域・社会が元気になる」をモットーに、旅の魅力を媒体で発信。宿のアドバイザー・講演なども行う。子どもと47都道府県を踏破した経験から「旅育メソッド(R)」を提唱、著書に「旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ(日本実業出版社・2018)」。現在は50歳を迎え、子どもも大学生となり、人生100年時代を楽しむ旅を研究中。資格に総合旅行業務取扱管理者、1級販売士、クルーズアドバイザーなど。2016年よりNHKラジオ『Nらじ』月一レギュラー。トラベルナレッジ代表。(https://www.travel-k.com/)旅ブログも行っている。(http://www.murata-kazuko.com/)

●東京で日本各地の美食と世界のゴルフコースを堪能…コロナ禍でも楽しめる「フレイザースイート赤坂東京」

●“埼玉の北欧”へ!「休暇村 奥武蔵」で美食、星空観察など自然を満喫するプレミアム旅

→村田さんおすすめその他のプレミアム旅はコチラ