家事・ライフ

収納スペースが倍増!? 掃除機がいらないモバイル型衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』【スマート家電レビュー】

冬物の衣類や寝具は、クローゼットの中でもスペースを取りがち。そこで活躍するのが、衣類圧縮器。100円均一ショップなどで売っている「圧縮袋」ではなく、「圧縮器」である。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』と圧縮袋4枚

家電ライターの田中真紀子さんがおすすめするのは、コリアマーケティングが販売する『GOOD TRAVEL PLUS』だ。

冬用のかさばる衣類も2分の1以下に圧縮

「手のひらサイズのコンパクトなハンディー衣類圧縮器です。ブランケット、ぬいぐるみ、冬用のかさばるアウターや部屋着などの衣類を、この圧縮器一本で、2分の1以下のサイズまで簡単に圧縮できます」(田中さん・以下同)

◆手押ししなくても掃除機を使わなくても、簡単に圧縮!

従来の圧縮ツールといえば、袋に衣類などを入れたあと、手押しで空気を押し出す衣類圧縮“袋”が主流だった。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』で圧縮した様子

「圧縮袋は掃除機で吸わないとしっかり圧縮できず、自宅で使うにもやや面倒ですし、旅行先でもなかなか使えないのが難点でした。一方、この衣類圧縮器ならグングン吸い込んでくれるし、軽量でかさばらない。自宅はもちろん、外出先でも重宝します」

コロナ禍では使用シーンは室内になることが多そうだが、それでも十分役立つ。

「本来は旅行や出張先で活躍するものですが、外出自粛ではかどる家の片付けや衣替えでも使えますから、今のうちに使いこなしておきたいですね。そうすると、いずれ旅行先や出張先でスムーズに使えるはず」

では、実際の使用感などはどうか。5つの視点からジャッジしてもらおう。

【使用感】従来の圧縮袋のような手間がなく、満足のいく圧縮に

使い方は、衣類を詰めた専用の圧縮袋に、衣類圧縮器を装着して、付属のUSBコードをつなげてボタンを押すだけ。あとは自動で圧縮してくれる。USBコードは手持ちのモバイルバッテリーにつなげて使う。自宅であれば、USB-ACアダプタにUSBコードをさしこみ、コンセントに直接つないでもOK。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』をセットした、圧縮袋とその中に衣類をいれてある圧縮前の様子

「専用の圧縮袋に衣類など圧縮したいものを入れ、ジッパーで閉めます。この専用の圧縮袋が優秀で、袋の丸いバルブ(空気の出入りを開閉で調節するもの)にネジがついているため、圧縮器を回し入れてしっかり装着できるんです。掃除機のように手で圧縮器の先端を押さえておく必要がなく、手がかからないのが本当に助かります」

空気を抜くときは、USBケーブルに接続し、電源をオンすればジワジワと空気が抜けていく。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』で圧縮袋に入れた衣類を圧縮した様子

「2~4分で圧縮が完了したら自動で止まります。圧縮器を外したら、キャップを閉めればOK。掃除機に比べると吸引力は弱いので、『あっという間に圧縮!』というほどのスピード感はありません。ただ、圧縮中は完全お任せできて他の作業ができる点はすばらしい。圧縮具合も、カチカチになるまでしっかり圧縮でき、衣類が約2分の1サイズまでコンパクトになるのも助かります」

【手軽さ】掃除機で吸ったような“カチカチ圧縮”がラクラク

手軽さは抜群。なにせ、手動ではなく、自動で圧縮してくれるわけだから。

「掃除機を持ち出すことなく、“掃除機レベル”までカチカチに圧縮してくれる点では本当に手軽です。バルブに圧縮器を固定できるのも使いやすいですね」

持ち運びもしやすい。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』本体を持っている人の手元

「重量わずか148gと軽く、サイズも手のひらに収まるコンパクトさ。旅行バッグに入れるにしても、全く場所を取りません」

【時短】自分がその場にいなくても圧縮してくれる

圧縮中は他のことができる点で、時短度は◎。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』で衣類を圧縮袋に入れて圧縮している最中の様子

「圧縮自体は時間がかかりますが、前述のように、圧縮している間は放っておいて他の作業ができるので、手間がかかりません。圧縮と他の作業を同時並行できるのは、忙しい人にとって大きなメリット。また、一度圧縮すると、その衣類がコンパクトになって取り扱いが楽になります。それによってパッキングや片付けの効率がアップし、時短にも貢献するといえます」

【コスパ】荷物が多い人、使用頻度が高い人は元が取れる?

本体と圧縮袋(Sサイズ2枚、Mサイズ2枚)、USBコード、専用ポーチが付属して税込5390円。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』と付属品

「圧縮袋は100円均一ショップにも売っているので、いくら機能性が高いとはいえ、この価格は少し高い印象はあります。ただし、旅行や出張が多く、使用頻度が高い人には非常に便利なので、値段なりの価値は実感できるでしょう。少なくともパッキングが苦手で、帰りにはいつもスーツケースに荷物が入りきらなくなる私には必須アイテムになりそう」

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』で圧縮した毛布が床に置かれている

スーツケースに荷物が入り切れず、あふれた分を宅配で自宅に送ってしまいがちな人も、数回の利用で十分元が取れそうだ。また、衣替えのときも、衣類や寝具が2分の1以下のサイズになれば収納に余裕ができ、新たな収納グッズを買い足す必要もない。その点でも、コスパは悪くない。

ただし、次の点に注意。

「圧縮袋はSサイズだとけっこう小さく、別売りで追加すると5枚入りで2000円前後。また、モバイルバッテリー、もしくはUSB-ACアダプタで給電しながら使うため、どちらも持っていない人は別途購入する必要もあります」

【意外性】圧縮度の高さに脱帽!

小ぶりな見かけによらず、大きな仕事をしてくれる点で意外性高し。

ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』で圧縮したいるかの抱きまくらと圧縮する前の同じイルカの抱きまくらを床に並べている

「手のひらサイズで非常にコンパクトなのに、前述のように意外とちゃんと吸ってくれます。外出先で圧縮袋といえば、丸めて空気を押し出すタイプが一般的なので、こうしたモバイル型衣類圧縮器があると非常に重宝します」

まずは自宅で使いこなし、旅行ができるご時勢になったらぜひフル活用したい。

【データ】
コリアマーケティング(日本総代理店):ハンディー衣類圧縮器『GOOD TRAVEL PLUS』
https://km-link.jp/good-travel/
販売価格:5390円(税込) ※圧縮袋(36㎝×36㎝のSサイズ2枚、60㎝×50㎝のMサイズ2枚)、USBコード、専用ポーチつき
販売場所:家電量販店、Amazon、楽天市場などのECサイト、ほか

この人に聞きました:田中真紀子さん

家電ライターの田中真紀子さん

白物家電・美容家電を専門とするライター。雑誌やウェブなどの多くのメディアで、新製品を始めさまざまな家電についてレビューを執筆している。

取材・文/桜田容子

●ソファの下も立ったままお掃除!シャークのコードレス掃除機『EVOPOWER SYSTEM FLEXモデルCS501J』【スマート家電レビュー】

●ふたの開閉、ゴミ袋の密閉、次の袋のセットが全自動で!『townew スマートトラッシュボックス T Air X』【スマート家電レビュー】

●コードレスで服のシワ伸ばしも楽々!ティファールの衣類スチーマー『スチーム シュシュ コードレス』【スマート家電レビュー】

【スマート家電】の記事をもっとチェックしたいかたはコチラ