家事・ライフ

電動だから包丁研ぎが簡単! ただ引くだけで切れ味が復活【スマート家電レビュー】

毎日の料理に欠かせない、台所の包丁。切れ味をよくするために、できれば定期的に包丁研ぎを使いたいところ。とはいえ、「面倒でほとんど研いだことがない」「買ってから一度も包丁を研いだことがない」というかたもいるのではないでしょうか。貝印『コンパクト電動シャープナー』の本体と後ろに包丁が2本置かれている

コンパクト&コードレスなので置き場所も使う場所も選ばない

包丁研ぎは、手動で何度も動かすイメージですが、今は電動で簡単に研げる便利グッズも数多く出ています。そのひとつが、家電ライターの田中真紀子さんも愛用中の、貝印の新製品「コンパクト電動シャープナー」です。

パッケージに入った貝印『コンパクト電動シャープナー』

「本製品は、約16cm×約6cmのコンパクト設計で、コードレス。収納時も場所を取らず、使う場所も選びません。また、独自の静音設計により、従来品に比べて静かに研げるのも特長です」(田中さん・以下同)

◆2つの砥石を組み合わせた構造で、研ぎやすさ、コンパクト、静音性を実現

特筆すべきは、研ぎやすさ。

「包丁研ぎの中には、荒研ぎ用、中研ぎ用、仕上げ研ぎ用など複数の砥石(といし)に分かれていて、それぞれの砥石で研ぐものもあります。それに比べ、本製品は荒砥石と仕上砥石を組み合わせた特許技術の構造により、ひとつの場所で研ぐだけで完了。いたって動作がシンプルです。

しかも、スリットの中央にある荒砥石が電動で回転するので、軽く引くだけで誰でも簡単に包丁を研ぐことができるのです」

それでは、実際の使用感などはいかがでしょうか。田中さんにレビューしてもらいました。

【使用感】2つの砥石が1か所に集中。使い方も簡単

まず、田中さんが以前使っていた、手動タイプの包丁研ぎと比較してもらいました。

「前に使っていたのは、荒研ぎ用、中研ぎ用、仕上げ研ぎ用と3つの砥石を搭載し、1つずつ、包丁を前後に動かして研いでいくタイプ。ちゃんと使えば切れ味も復活するのですが、3段階で研いでいく分、時間がかかり面倒でした。切れ味が悪くなってから使うこともしばしば……。

貝印『コンパクト電動シャープナー』の包丁を入れ込む部分

その点、これは研ぐ場所が1か所のスリット部分だけで、使い方も簡単。電源を入れるとスリット内部にある砥石が回転し始めるので、左手で本体を握り、右手で包丁を握ってスリットに刃を入れ、5秒かけて手前に引く作業を2~3回繰り返すだけ。

包丁を奥から手前に引くだけとはいえ、個人的なことですが私が左利きなので、右手で包丁を持って手前に引く動作がやりにくく……(笑い)。砥石の回転方向が決まっているので仕方のないことですが、最初は刃がしっかり砥石に当たっているか、感触を確かめながらやりました。右利きの人なら、すんなり使えると思います」

慣れてきた今では、上手に使えるようになったとのこと。それでは、肝心の研ぎ味や、包丁研ぎを買うポイントとなる“静音性”についてはいかがでしょうか。

「最初に試した包丁がしばらく研いでいなかったものだったので、1回の研磨ではあまり切れ味が戻った感じはなく、数回研磨することでようやく切れ味が復活。今では切れ味に問題なく、包丁を使えています。

音は確かに静かで、電源を入れて回転が始まっても、くぐもったような音がするだけでうるさく感じません。ただし、建設現場で金属を削るような音がします。慣れるまではドキドキする人もいるかもしれません」

【手軽さ】ただ引くだけで、切れ味がよくなる

あまりにもの手軽さに、包丁を使うたびに使っているという田中さん。

貝印『コンパクト電動シャープナー』で包丁を研ぐ手元

「今まで手動で研いでいたので、本当にラク。力を入れず、ただ引くだけなので、キッチンの手が届きやすい場所に置いておき、包丁を使う前に1回研ぐようになりました。結果、切れ味が落ちることもなくなりました」

日常使いには最適ですね。

【時短】10~15秒程度で包丁研ぎが完了

コードレスなので、コードを電源タップに差し込む手間もなく、すぐに使えます。

貝印『コンパクト電動シャープナー』の電池を入れる部分

「事前の準備がいらず、電源を入れたら、1回5秒×2~3回程度と短時間で終わります。切れ味がいい包丁を使うと料理の効率が上がり、さらに時短につながるかも?」

慌ただしい朝や、夕飯前にも躊躇なく使えそうです。

【コスパ】手の届きやすい価格設定

価格は3850円。初心者にも手が届きやすい価格です。

「電動シャープナーの中には1万円以上するものもあり、それに比べると切れ味は劣りますが、この価格なら十分の仕上がりだと思います」

【意外性】電動シャープナーに見えないスッキリしたデザイン

荒砥石と仕上砥石を組み合わせて1回のスリットにした特許技術もさることながら、そのデザインさも従来の包丁研ぎに比べ、斬新だったとのこと。

「一見電動シャープナーに見えない、かなりスッキリしたデザイン。出しっぱなしにしても目立たず、引き出しにも収納しやすいです」

ものぐさな人でも、料理初心者な家族でも、誰もが使いやすいシンプルな電動シャープナー。高齢のひとり暮らしの家にはもちろん、調理作業をシェアしたい家庭でも重宝しそうな1品です。

【DATA】

貝印『コンパクト電動シャープナー』
販売価格:3850円
販売場所:家電量販店、ホームセンター、楽天市場やAmazonなどのECサイト、貝印公式オンラインストアほか
https://www.kai-group.com/store/products/detail/12804

教えてくれたのは:家電ライター・田中真紀子さん

田中真紀子

白物家電・美容家電を専門とするライター。雑誌やウェブなどの多くのメディアで、新製品を始めさまざまな家電についてレビューを執筆している。
https://ameblo.jp/makiko-tanaka89/

取材・文/桜田容子

●ゴミの吸引と除菌を同時にできるコードレスクリーナー、軽量で持ち運びもラクラク【スマート家電レビュー】

●自動で真空状態になる『フードストッカー』|湿気、虫の侵入をガード&見た目もカワイイ【スマート家電レビュー】

→「スマート家電」の他の記事はコチラ