不調改善

ぐっすり眠れない人に「不眠タイプ」診断。体質に合った漢方を知って熟睡を叶える

熟睡できていない気がしても、それは仕方ないことだとあきらめていませんか?

布団の中でうずくまる女性

疲れているのになかなか寝付けない、夜中に途中で目が覚めてしまう、寝ても疲れが取れないなどの症状はすべて不眠の症状になります。このような不眠症状は、不眠タイプに応じた漢方薬を用いることで、解消できる可能性があります。

そう話す薬剤師の道川佳苗さんに、自分に合う漢方薬を知るためのセルフチェック方法を教えてもらいました。

* * *

寝付けない、途中で起きてしまうなど不眠の種類

寝付きが悪くなかなか眠れない「入眠障害」、夜中に何度も目が覚める「中途覚醒」、朝早く目が覚めてそれから寝付けない「早朝覚醒」、眠りが浅く熟睡感がない「熟眠障害」など、不眠にはさまざまな種類があります。

布団から片腕だけでている

◆疲れすぎて眠れないケースも

一般的に、高齢になれば生理的な現象により、若いときよりも睡眠時間は短くなりますが、不眠の原因には「眠りの質」も関係しています。

また、不眠の原因としては年齢以外にも、心理的な問題や疲れすぎて眠れないといったことも挙げられます。

漢方では不眠症状の改善だけでなく不眠以外の不調も含めて、体質改善をしていきます。

自分の不眠タイプをチェック、3種類のどれ?

不眠改善のために、まずは自分の不眠タイプを知ることから始めましょう。漢方の考えでは、不眠のタイプは大きく分けて「肝の失調タイプ」「気虚・血虚タイプ」「心の失調タイプ」に分けられます。

台の上に時計が置いてある

以下のチェックリストで、不眠のタイプ(体質)を診断してみましょう。

◆肝の失調タイプ

以下のチェック項目に多く当てはまる人は、「肝の失調タイプ」の可能性があります。

・イライラすることが多い
・怒りっぽい
・まぶたが痙攣する
・神経過敏である

漢方で「肝」とは、自律神経を司るところです。ストレスが多くかかることで、肝の高ぶりが起こり上記のような不調が現れます。肝の失調により、イライラしていると寝付きが悪くなり、熟睡できないなどの不眠症状が起こりやすくなります。

◆気虚・血虚タイプ

以下のチェック項目に多く当てはまる人は、「気虚・血虚タイプ」の可能性があります。

・疲れやすい
・胃腸が弱く、食欲がない
・不安になることが多い
・動悸がしてため息が出る

漢方では全身を巡るエネルギーを「気」、全身に栄養や潤いを運ぶものを「血」と呼んでいます。これらの気血が不足した状態を「気虚」「血虚」といい、上記のような不調が現れます。

気虚や血虚の状態だと、不安で寝付けない、熟睡できずに嫌な夢をよく見るなどの不眠症状が起こりやすくなります。

◆心(しん)の失調タイプ

以下のチェック項目に多く当てはまる人は、「心(しん)の失調タイプ」の可能性があります。

・不安になることが多い
・驚きやすい
・物忘れが気になる
・夢を多く見る

漢方で「心(しん)」とは、意識・感情・思考などの精神的な活動を管理しているところのことをいいます。心の働きが低下すると神経が高ぶり、上記のような不調が現れます。心の失調により、眠りが浅く、夢を多く見て熟睡できないなどの不眠症状が起こりやすくなります。

自分にあった漢方薬で不眠を解消

不眠に効果が認められている漢方薬はいくつもあります。漢方薬は睡眠薬とは違い、心身全体を体の内側から改善し、不眠が起こらない理想の健康を目指すものです。

並んださまざまな生薬

◆肝の失調タイプにおすすめの漢方薬「抑肝散」

抑肝散(よくかんさん)は、肝の高ぶりを抑える作用があります。イライラや神経の興奮を鎮めることにより不眠症状を改善します。

→「抑肝散」について詳しく知る

◆気虚・血虚タイプにおすすめの漢方薬「帰脾湯」

帰脾湯(きひとう)は、気と血を補うことで胃腸の働きを高める漢方薬です。胃腸の消化吸収力が低下していると、食べ物からの栄養分をエネルギーに変換することができないので疲れやすくなります。気・血を補うことにより不安感が軽減され、不眠症状を改善します。

◆心の失調タイプにおすすめの漢方薬「酸棗仁湯」

酸棗仁湯(さんそうにんとう)は、体力が低下して心身が疲れ切っている人の不眠症状に用いられます。神経の高ぶりを鎮めて、熟睡できるように働きかけます。

漢方薬で睡眠を改善するときのメリット

寝付けなかったり、熟睡できなかったりすると、翌日まで疲れが残ってしまい、日常生活に支障が出る場合もありますよね。不眠の解消には、生活習慣の改善をすることも大切ですが、それでもなかなか理想の睡眠をとれない場合は漢方薬で体質改善することも役立ちます。

◆漢方薬なら睡眠薬のような副作用は出づらい

不眠に対して一般的には睡眠薬が用いられますが、ふらつきや翌日に眠気が残るなどの副作用が出る場合もあります。その点、自然の生薬を配合し、全身の働きを整えることにより不眠症状とその他の症状を合わせて改善する漢方薬は、睡眠薬にみられるふらつきや眠気などの副作用は現れづらいです。

ただし、漢方薬は体質や体力に合わないと、効果が出ないばかりか副作用が出る場合もあるため、服用の際は医師や薬剤師への相談が必要です。

空を仰ぐ女性

クリニックや薬局に行くのが面倒という人には、AIと漢方に詳しい薬剤師が効く漢方薬を見極めて、手軽な価格で配送する「あんしん漢方(オンライン個別相談・AI漢方)」といった、スマホで気軽に頼めるサービスを使うのもおすすめです。

教えてくれたのは:薬剤師・道川佳苗さん

道川佳苗さん
みちかわ・かなえ。漢方薬・生薬認定薬剤師。調理師。薬膳アドバイザー。大学卒業後、薬局にて従事し服薬指導をする中、病気の予防、健康維持には食育が大切であると感じ、服部栄養専門学校で調理技術、栄養学を学ぶ。現在はweb上で健康相談や薬膳や漢方に関する情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●不調の改善に!無料体質判定はこちら:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/

●その肩こり、漢方で改善できるかも?合う漢方薬がわかる肩こり3タイプを1分診断

●【更年期の悩みを解決!】不眠を解消する4つの方法を薬剤師が指南

関連キーワード