ボディケア

むくみの原因と対策は人によって違う! 3つの漢方から自分に合ったもので体質改善

顔や脚のむくみが気になるとき、どんな対策をしていますか?

頬に手を当てる女性

実は、むくみの原因には人それぞれタイプがあるので、それに合わせた方法で改善する必要があるそうです。薬剤師の道川佳苗さんによると、漢方薬を用いるのもその方法のひとつだといいます。
そこで、いくつかの種類がある、むくみに効果的な漢方薬から、自分に合うものを知ることができるセルフチェック方法を教えてもらいました。

* * *

むくみの症状と原因

むくみの症状は女性ホルモンの働きも関係しており、とくに女性に多く見られる悩みです。朝起きたら顔やまぶたが腫れたようにパンパンになっていたり、夕方にヒールやきつく感じたり、靴下の跡がなかなか取れなかったり…なんてことはありませんか?これらは、すべてむくみによる症状です。

ふくらはぎをもんでいる

むくみの主な原因は、生活習慣、病気に分けられます。生活習慣では、塩分の摂りすぎ、飲酒、運動不足、睡眠不足などにより、血流やリンパの流れが悪くなることが原因になります。むくみが起こる病気としては、腎臓の病気、心不全、肝硬変など、やはり血流に関係するものが挙げられます。その他に、妊娠や月経、体質なども原因になることがあります。

あなたの「むくみ」はどれ?タイプ診断でチェック

自分に合った漢方薬を知るために、まずはチェックリストで、むくみのタイプを診断してみましょう。

机に突っ伏して寝ている

頭痛やめまいを伴う水停滞タイプ

以下のチェック項目に当てはまる人は、「水停滞タイプ」の可能性があります。

・口の渇きがある
・尿量が少ない
・悪天候時に頭痛がすることが多い
・めまいが起こることがよくある

体の血以外の水分を「水(すい)」と呼びますが、この水の巡りが悪いタイプです。全身をめぐる水のバランスが偏っていたり、流れが滞ることにより、頭痛やめまい、むくみが起こります。

疲れやすい水太りタイプ

以下のチェック項目に当てはまる人は、「水太りタイプ」の可能性があります。

・体力がなく疲れやすい
・色白でぽっちゃりした体型
・汗をかきやすい
・尿量が少ない

体力がなく、疲れやすい人に多いのがこのタイプです。消化吸収能力が落ちていて、胃腸が弱っていることが考えられます。水分代謝が悪く、余分な水が体にたまってしまうことで、むくみが起こりやすくなります。

冷えを伴う腎虚タイプ

以下のチェック項目に当てはまる人は、「腎虚タイプ」の可能性があります。

・体力が低下して疲れやすい
・腰から下が冷えやすい
・腰痛がある
・頻尿などの排尿トラブルがある

これに多く当てはまる場合は、「水」の代謝を司る「腎」の働きが低下した「腎虚」タイプです。腎は生殖や成長を司る部分なので、年齢を重ねるにつれ、機能が衰え、腎虚になりやすくなります。

小皿にのっているいろいろな生薬

自分に合った漢方薬でむくみの悩みを改善

自分に合った漢方薬を見つけて、むくみの改善を目指しましょう。

頭痛やめまいを伴う水停滞タイプにおすすめの漢方薬「五苓散」

「五苓散(ごれいさん)」は、体内の「水」の流れが滞り、体のあちこちに偏って存在している状態を改善し、バランスを整えてくれます。そのため、むくみだけでなく、水のバランスが悪いことにより起こる頭痛やめまいも改善します。

→「五苓散」について詳しく知る

疲れやすい水太りタイプにおすすめの漢方薬「防已黄耆湯」

「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」は、水分代謝を促進する生薬と、消化器を元気にする生薬で構成されています。胃腸を整えて水分代謝をよくするため、むくみや倦怠感、水太りを改善します。

→「防已黄耆湯」について詳しく知る

冷えを伴う腎虚タイプにおすすめの漢方薬「牛車腎気丸」

「牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)」は、体を温め基礎代謝を活発にする生薬と、利尿作用のある生薬を含むため、冷えやむくみの改善に役立つ漢方薬です。

漢方は自分の体質に合ったもので効果を発揮

病気が原因でない場合のむくみは、西洋医学では治療の対象になりにくいのですが、漢方薬はこうしたむくみ症状にもアプローチが可能です。体質に応じた処方で全身の状態を整え、体質改善をすることにより、むくみの解消を目指せます。

バラの花が浮いたフットバスに足を入れている

Ph/Getty Images

漢方薬は自分の体質に合ったものを選ぶことにより効果が発揮されるため、まずは専門家に相談することをおすすめします。

クリニックや薬局に行くのが面倒という人には、「あんしん漢方(オンライン個別相談・AI漢方)」のような、スマホで気軽に頼めるサービスを使うのもおすすめです。

教えてくれたのは:薬剤師・道川佳苗さん

道川佳苗さん
みちかわ・かなえ。漢方薬・生薬認定薬剤師。調理師。薬膳アドバイザー。大学卒業後、薬局にて従事し服薬指導をする中、病気の予防、健康維持には食育が大切であると感じ、服部栄養専門学校で調理技術、栄養学を学ぶ。現在はweb上で健康相談や薬膳や漢方に関する情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●不調の改善に!無料体質判定はこちら:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/

●その肩こり、漢方で改善できるかも? 合う漢方薬がわかる肩こり3タイプを1分診断

●脚のむくみ解消に効果的!『フットローラー Fire』の使い方を美脚トレーナーが指南【美容賢者のダイエットグッズ】

関連キーワード