ペット

パネルから顔だけ出した「はめ猫」ブーム到来! 屋台のお兄さんや富士山に変身!?

全国各地の観光スポットやサービスエリアなどに設置されている“顔はめパネル”。家族や友人との旅行の記念に、はまってみる人も多いのではないでしょうか? そんな顔はめ文化が今、猫界に浸透中! 『むぎゅっとニャ! はめ猫 特製はめ猫ぬりえシート付き』(宝島社)という、1冊の写真集になりました。

ユニークで可愛いはめ猫の世界

「パネルをはめた猫」を略して「はめ猫」と呼んでいる本書。メインとなっているのは、「シーズナブル『はめ猫』アルバム」というコーナーで、各月のイベントをモチーフにしたパネルのはめ猫たちがたっぷりと堪能できます。

6月の「梅雨の季節」のページで登場するはめ猫。レインコートを羽織り、傘をさした姿であじさいの咲く道を歩いています。真剣な表情で、雨音を聴いているのかも…?

例えば、4月には桜の木と三色団子が描かれた「花見」のパネル、7月には鮮やかな打ち上げ花火になれる「花火大会」パネル、12月はサンタクロースの顔にすっぽりはまる「クリスマス」パネルなど。1年を通して、全30パターン以上紹介されているので、はめ猫写真も盛りだくさん!

パステル調の可愛らしいイラストと猫の相性は抜群で、思わず「ふふっ」と微笑んでしまうユニークさです。登場している猫は、主に人気インスタグラマーやブロガーの愛猫たちなので、ポージングも慣れたもの。

そのほかには、クッションカバーや紙皿など日用雑貨を使ったはめ猫や、各地の絶景写真を使ったはめ猫のコーナーも。羊毛フェルトで立体的なパネルを制作するインスタグラマーの作品も取り上げられていて、見ごたえある写真集となっています。

自由に色を塗ってすぐに使える塗り絵シートや、QRコードを読み取りプリントアウトして使えるパネルなどもあり、愛猫のはめ猫デビューにももってこいです! ただし「負担をかけない」「嫌がった場合はすぐに止めること」といった注意点も挙げられているのでしっかりと確認しましょう。では、キュートなはめ猫たちを紹介していきましょう。

素材もテーマもさまざまなはめ猫たち

8月の「祭り」をテーマにしたはめ猫は、屋台のお兄さんに扮装! 明るい表情で「ねこあめいかがですか?」という声が聞こえてきそうですね。

日本で暮らす猫ならば一度は装着したい(?)富士山。ふわふわの毛布の上でくつろぎながら、どっぷりと浸っている様子。目を閉じて満足げです。

はめ猫

こちらは日用雑貨の紙皿を使ったはめ猫。猫の顔型の紙皿を猫自身がはめているという、シュールな構図です。シンプルながら技アリ!

羊毛フェルト作家・chikaさんによる作品のひとつ。乙女チックなカラーリングのブーケでドレスアップさせています。見事な完成度で愛猫もおすまし顔。

これからもますます進化していきそうなはめ猫。あなたも挑戦してみる?

今回紹介したのは…『むぎゅっとニャ! はめ猫 特製はめ猫ぬりえシート付き』

DATA

写真集『むぎゅっとニャ! はめ猫 特製はめ猫ぬりえシート付き』
発売日:2021年5月12日
発売元:宝島社

●世界各地の“ボス猫”に熱視線 ふてぶてしくて威圧的…だけどそこが可愛い!

●動物たちの“極上のもふもふ”を存分に堪能! 癒やされる人が続出中

関連キーワード