家事・ライフ

イヤな部屋干し臭、原因は洗う前にあった!洗濯のプロが語る匂わないコツ

洗濯のときによくある悩みの一つが、部屋干しした際に発生するニオイ。でも、ちょっとした洗濯のコツで、いやなニオイを改善することができるんです。

青い背景と畳んだタオル
部屋干し臭を解決して、快適に!(Ph/Photo AC)
写真6枚

クリーニング店「LIVRER YOKOHAMA(リブレ ヨコハマ)」を経営するかたわら、劇団四季やシルク・ドゥ・ソレイユなど国内外の有名アーティストの衣装クリーニングを行う「洗濯ブラザーズ」の茂木貴史さんによれば、部屋干し臭の原因は、干し方の他に、洗濯物の保管方法や洗い方に問題があるそうです。

* * *

洗濯物の保管方法ときれいな洗濯槽がカギ

部屋干しのあとに洗濯物がにおうと、「干し方が悪いのかも?」と思いがちですが、実は部屋干し臭の原因は洗濯をする前にある可能性が高いです。

洗濯槽での保管は絶対にNG

一番のNGは洗濯槽での保管。洗濯槽は通気性が悪いため、菌が繁殖している可能性があり、そこに洗う前の洗濯物を長時間入れておくことで、ニオイの原因が発生しやすくなります。

なので、洗濯物を保管するときは、通気性がよい洗濯カゴに入れておくことがおすすめです。

通気性のいい洗濯かご
洗濯物を濡れたまま放置すると、ニオイの原因に?(Ph/Photo AC)
写真6枚

濡れているものと乾いているものは分ける

洗濯物を保管するときに、濡れているものと乾いているものを分けるのもニオイを発生させないコツです。たとえば濡れたバスタオルを乾燥している洗濯ものが入った洗濯カゴにポンと入れているなら、それがニオイの原因になります。ニオイの原因となる菌は、水分があるとさらに繁殖するんです。

そのため、濡れたものはなるべく早く洗うのがベスト。忙しいときは、干して一度乾燥させ、あとからまとめて洗濯するのもいいですよ。

洗濯槽そのものが汚れている可能性も

先ほどもお話ししたとおり、洗濯槽は菌が発生しやすいところ。とくに湿気の多い夏場は1か月に一度、秋冬でも3か月に一度は市販の洗濯槽クリーナーを使って洗浄しましょう。

ジェルボールタイプの洗濯洗剤2個
ジェルボールタイプの洗濯洗剤を使うときに注意を(イメージ、Ph/Photo AC)
写真6枚

中でもジェルボールタイプの洗剤を使っている人は要注意です。ジェルボールは水や温度が低いお湯で使うと、表面のフィルムが溶け残り、洗濯槽の外側に付着して菌を発生させてしまう場合があります。もしジェルボールを使うならば、衣類が傷まず、フィルムがより溶けやすい40℃程度のお湯で洗うのがいいですよ。

洗濯槽を汚してしまう原因には衣類の糸くずもあります。特にドラム式の洗濯機はたたき洗いするので糸くずが出やすいです。

部屋干し臭を防ぐには汚れをしっかり落とし、早く乾かす

さらに、正しい洗濯と乾燥の方法をきちんと守ることで、「部屋干し用」の洗剤を使わなくても部屋干し臭が気にならなくなるはずです。

洗濯は水と洗剤の量に注意

実は、ドラム式の洗濯機は日本の洗濯事情に合っているとは限らないんです。

ドラム式は本来、水道水が硬水の欧米向けに普及したもの。硬水は汚れが落ちにくいため、ドラム式の洗濯機は水に頼らない方法を採用していて、叩いて汚れを落としています。そのため、ドラム式は縦型よりも、使う水の量が圧倒的に少ないんです。

ドアが開いたドラム式洗濯機
ドラム式洗濯機で洗濯をするときに気をつけることとは?(イメージ、Ph/Photo AC)
写真6枚

けれど、日本は高い洗浄力のある軟水なのでたっぷり使うべきですし、そもそも水の量が少ないと、汚れが繊維に戻ってしまいます。なので、ドラム式の場合は水の量の設定を最大にするのがベスト。さらに「注水すすぎ」など、水を注ぎながらすすぎをするモードがあれば、水をより多く使うので、衣類をきれいにすることができます。「注水すすぎ」を選択したうえで、できればすすぎを2回行うのがおすすめです。

また、ドラム式や縦型にかぎらず、洗剤を入れすぎると、すすぎきれない場合があります。洗剤が衣類に残るとニオイの原因になるので、洗剤は適正量を守って使ってくださいね。

部屋干し向きなのは狭い空間!

洗濯物は乾燥に時間がかかると、生乾きのニオイがしてしまいますよね。これは水分によって菌が繁殖することで起こるんです。そのため、極力早く乾かすのが効果的。5時間以内に乾かすのがおすすめです。

部屋干しをする際、広い部屋のほうが風が流れやすく、服の乾きが早いというイメージを持っているかたも多いかもしれません。それは間違いで、狭い部屋のほうが湿度と温度をコントロールしやすいため、効率よく乾かすことができるんです。

白い服を室内で干している
部屋干しでも臭わない方法とは?(Ph/Photo AC)
写真6枚

なるべく狭い部屋で、室温は夏場なら27度くらい、冬場なら20度くらいにエアコンを設定するのがおすすめです。さらに除湿機で湿度を下げたり、サーキュレーター(扇風機)で空気を循環させると、乾燥時間を大幅に減らすことができます。

部屋干しには浴室もおすすめ

乾燥している状態の浴室は、部屋よりもさらに部屋干し向きです。浴室乾燥と換気扇を使って通気性をよくすれば、かなり早く乾くので、きれいに洗濯ができていればニオイはほぼ発生しません。

さらに浴室に除湿機を持ち込めば、部屋干し環境としては完璧ですよ。除湿機を使うと、部屋が暑くなってしまうというケースも、浴室で乾燥すれば解決します。

浴室だと、洗濯機と浴室が近い家なら、干すときの動線もスムーズですよね。家族分の洗濯物を部屋やベランダまで持っていくのが大変、という悩みも解決します。

◆教えてくれたのは:洗濯ブラザーズ 茂木貴史さん

洗濯ブラザーズプロフィール写真
「洗濯ブラザーズ」の茂木貴史さん、茂木康之さん、今井良さん(写真左から)
写真6枚

茂木貴史、茂木康之、今井良の3人で洗濯のプロ集団「洗濯ブラザーズ」を結成し、毎日の洗濯が、「嫌いな家事」から「好きな家事」になるように、洗濯の楽しさを伝える活動をしている。キレイに洗えるだけではなく、同時に服を傷めず長持ちさせられるのが、洗濯ブラザーズ式・洗濯術の特徴。横浜でクリーニング店「LIVRER YOKOHAMA(リブレ ヨコハマ)」を経営するかたわら、劇団四季、シルク・ドゥ・ソレイユ、クレイジーケンバンドなど、国内外の有名アーティストの衣装クリーニングを担当している。全国の百貨店、セレクトショップなどでイベントやセミナー、講演を行い、著書『日本一の洗濯屋が教える 間違いだらけの洗濯術』(アスコム)は8万部を突破。また、オリジナルのナチュラル洗剤を開発し、好評を博している。https://sentakulife.com

●洗濯物からイヤなニオイがしなくなる!?洗濯機につける『銀イオンホース』がスゴイ

●手間を劇的に減らす全自動洗濯機。ボタン1つで部分洗い、14kgまとめ洗いも【スマート家電レビュー】

関連キーワード