マネー

資産2億円を築いた節約のプロが明かす「やってはいけない節約術」

先の見えないこのご時世で、日々節約に励んでいるかたも少なくないでしょう。そんな今、『攻めの節約』(WAVE出版)という、節約本が話題になっています。

スーパーで買い物をしている写真
やってはいけない節約術とは…(Ph/photoAC)
写真3枚

著者である生活コスト削減コンサルタントの生方正(うぶかた・ただし)さんは、高校卒業後に海上自衛隊に入隊。節約をしながら株式投資や不動産投資などを行い、40代で退職した際には2億円もの資産を築き上げていました。そんな“資産構築のプロ”が指南する「やってはいけない節約術」とは?

節約はリスクもハードルも低い“投資”

生方さんは、投資でお金を増やしながらも、「節約を続けていたことで、最終的に2億円もの資産を築けた」と、節約の継続性を強調します。なぜ、お金持ちになっても節約を続けることが大事なのでしょうか?

「宝くじに当たった人や高年収になったいわゆる“お金持ち”と呼ばれる人でも、増えたら増えた分、無制限にお金を使ってしまった末に破綻したケースを数多く見てきました。彼らに必要だったのは、正しい節約習慣とお金に関する知識です。毎月収入の範囲内でやりくりして、浮いたお金を貯蓄に回していたら、破綻は免れられたはずです」(生方さん・以下同)

リスクは「不要品を買ってしまうこと」のみ

そして、こう続けます。

「節約は、無駄な出費をなくし、必要としているものを安く手に入れる行為です。節約行為にリスクがあるとしたら、不要品の購入のみ。そう考えると、元本割れのリスクがある投資と比べると、節約はリスクもハードルも低い投資といえますよね」

ただし、なりふり構わず節約をすればいいというわけではありません。間違った節約をすることによって資産を減らす可能性があるからです。それでは、どんな節約が「NG」なのでしょうか? 数ある中で、特にやってはいけない節約術を2つ挙げてもらいました。

やってはいけない節約術【1】割引や無料のクーポン券を使う

「ドリンク1杯無料」などのクーポン券、よくもらいますよね。クーポン券を使うことでドリンクが割引で買えるのですから得した気持ちになるでしょう。しかし、それこそ落とし穴。

クーポンの写真
割引や無料のクーポン券を使うのはやってはいけない!?(Ph/photoAC)
写真3枚

「“得するため”に、行く予定のなかった店で商品を買い、いくらかの出費が発生する。これぞ無駄遣いの極み。本末転倒です。『ポイント倍増キャンペーン』や『◯円以上で送料無料』も同様で、ポイントや送料無料に釣られて、買う予定のなかったもの、ほしくないもの、なくても生活に困らないものを買うことはお金の無駄。今すぐやめましょう」

クーポン券は「本当に必要なものを安く手に入れるため」のツールにすぎません。もらったクーポン券の対象商品が自分に必要なものでなければ、その場で捨てるか、受け取らないようにしましょう。

やってはいけない節約術【2】移動コストを考えずに安い商品を買いに行く

数十円安い商品のために、近所のコンビニではなく、遠くにあるスーパーに買い物に行った経験はないでしょうか。これも場合によっては節約の逆効果になると、生方さんは指摘します。

「一見お得ですが、往復で400m移動し、さらに商品を手に取ってレジに並ぶ時間を想像してみてください。少なくとも、この買い物だけで7~8分の時間を使うことになります。

仮に、あなたが時給換算で1200円の仕事をしていたら、8分は160円分に相当します。その場合、『20円を節約するために8分使う』ことは、『20円を節約するために160円使った』ことと同じになります。ならば、20円高くても帰宅途中にコンビニに立ち寄って購入した方が、割安ではないでしょうか?」

ディスカウントストアで日用品を買う“ついで”の買い物

かくいう生方さんは、買い物をする際には、移動に要する時間、消費するガソリンなど移動コストを考慮し、できるだけ他の用事と組み合わせることにしています。

スーパーの店内写真
他の用事と組み合わせて買い物をし移動コストをおさえる(Ph/photoAC)
写真3枚

「私の場合、水は自宅から1km離れたディスカウントストアで、日用品を買う“ついで”に購入します。そこでは120円のペットボトルの水が60円で売られているので、20~30本をまとめ買い。店まではバイクで行くので、輸送にかかる時間もコストも抑えられるうえ、外出時には別の用事も片付けるので無駄がありません。

買った水は常に持ち歩き、外出先では水を買わないようにしています。仮に1本あたり60円のコストカットでも、年間100本消費すれば6000円もの差になります」

クーポン券など割引に惑わされず、必要なものを必要な分だけ買う。それも、できるだけ交通費がかからないように何かのついでにまとめ買いすることで、買い物回数自体も減らす。こうして、「無駄な買い物がもたらす無駄な出費」を抑えるだけで、年間数千円の節約になるのです。

◆教えてくれたのは:生活コスト削減コンサルタント・生方正さん

明治大学サービス創新研究所研究員。高校卒業後に海上自衛隊に入隊。勤務の傍ら節約術を駆使しながら、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資などを行い、40代で自衛隊を退職した際には2億円もの資産を築いていた。現在は生活コスト削減コンサルタントとして、メディアで活躍中。著書に、『高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法』(あさ出版)、『攻めの節約術』(WAVE出版)など。

●ガス代の節約テク|「鍋底の水滴をふく」などすぐに実践できるスゴ技

●片付け上手になればお金が貯まる!? 片付けのプロが実践するスーパーでの買い物術

関連キーワード