マネー

「銀行にお金を預けると損する」ワケを資産2億円築いた節約のプロが教える

今や「給与は右肩下がり」で、先が見えないと嘆いている人も多い。銀行の預金残高を増やすべくコツコツと節約に励むかたも少なくないでしょう。そんな中、『攻めの節約』(WAVE出版)という節約本が話題になっています。

銀行のイメージ画像
銀行にお金を預けると損する!? 節約のプロが教える節約術 (Ph/photoAC)
写真4枚

著者である生活コスト削減コンサルタントの生方正(うぶかた・ただし)さんは、高校卒業後に海上自衛隊に入隊。節約をしながら株式投資や不動産投資などを行い、40代で退職した際に2億円もの資産を築き上げていました。そんな“資産構築のプロ”が指南する「お金にまつわる勘違い」とは?

生方さんは、「銀行にお金を預けると、得をするどころか損をする」と言い切ります。なぜでしょうか。その理由を3つ教えていただきました。

「銀行にお金を預ければ増える」時代は終わった

まずは、「銀行に預けておけば、お金は自動的に貯まるはず」という思い込みから。

「確かに、1990年代の初めまでは、銀行の定期預金の利率は6~7%程度も珍しくありませんでした。7%の利息を複利計算すると、10年間預けると資産は約2倍になり、まさに『預けるだけで自動的に貯まっていた』時代。

ところが、バブルが崩壊した1991年以降、リーマン・ショックなど経済成長にダメージを与える出来事が重なり、日本経済は停滞。今や、定期預金に預けても、金利はよくてネット銀行で0.3%程度。メガバンクの定期預金金利は0.03%程度、普通預金に至っては0.001%、ないも同然です」(生方さん・以下同)

それどころか、目減りするリスクがあるといいます。そのリスクは以下の3つ。

「手数料」で預金が減っていくリスク

まずは、ATM時間外手数料や振込手数料などによる、預金減少リスクです。預け入れたことでつくわずかな利息(=プラス)と、手数料(=マイナス)を比較してみましょう。

ATMのイメージ写真
「手数料」で預金が減っていく(Ph/photoAC)
写真4枚

「100万円を0.001%の普通預金に預けて得られる利息は年間100円。利息から20.315%の税金が引かれると、純粋に増えるお金は約80円。

一方で、もし提携外の金融機関から預金を引き出すと、昼間は110円、夜間は220円の手数料がかかります。仮に毎月1回、110円の手数料を支払ったら、年間で1320円です。

さらに、最近ではキャッシュカードや通帳の発行に1100円、口座残高が1万円未満で2年以上入出金していない口座は未利用口座として1320円の手数料を徴収する銀行もあります。ルールは銀行によりますが、今まで無料だったサービスが徐々に有料化される傾向になっています」

預けるなら時間外、コンビニで手数料無料のネット銀行を

つまり、普通預金で増えるお金が年間約80円なのに対し、場合によっては取られる手数料が年間1000円以上。プラスよりマイナスの方がはるかに大きいことがわかります。

こうした事態を防ぐには、「時間外手数料が無料」で、「一定回数、コンビニで引き出しても手数料がかからない」こと。そして「通帳も保持しない」といった条件をクリアするネット銀行に預けることです。

物価が上がるにつれ、現預金の価値は低くなる

バブルが崩壊した1991年以降、ご存じの通り経済の低迷は今なお続いています。「失われた20年」とも「失われた30年」とも呼ばれ、平均賃金は一向に上がりません。このコロナ禍で、ボーナスがゼロになった企業も少なくないでしょう。

収入減と反比例するように、ここ数十年で郵便料金や鉄道運賃など商品の物価はじわじわ上がってきています。食品に至っては、内容量を減らし値段はそのままにする、一見値上げに気づきにくい「ステルス値上げ」たる実質値上げも横行。

スーパーの店内写真
ここ数十年で商品の物価が上がってきている(Ph/photoAC)
写真4枚

物価の上昇率よりも高い利回りで運用する

「具体的にどれだけ物価が上がったのか、一例を出すと、1956年のあんパン1個は約12円。現在はその10倍となる約120円です。ここで強調したいのは、物価が上がるということは、その分お金の価値が下がるということ。例えば、物価が毎年1%上昇すると、金利がほとんどつかない銀行預金やタンス預金のお金の価値は、1%ずつ目減りするということです」

わかりやすく言えば、500万円を預けていたら、1年に5万円ずつ、10年後には50万円もお金の価値が減っていることになります。

生方さんは、「それを回避するには、投資して物価の上昇率より高い利回りでお金を運用しないと、損」だと断言します。

すべての金融資産を一つの銀行の普通預金や定期預金に集中させるリスクは、他にもあります。

銀行が倒産すると、資産凍結される!?

「銀行にお金を預けることで、お金を一時的に引き出せなくなるリスクも覚えていてほしい」と、生方さん。

「1989年から2019年までの平成の30年間だけで、2桁以上の金融機関が破綻しました。もちろん、自分が預けている銀行が万一倒産したとしても、『ペイオフ』によって一定額まで資産は保証されます。ペイオフとは、預金保険制度に加盟している金融機関が万一破綻した場合、預金保険機構が預金者に対して直接預金を支払う制度です。その限度額は、元本1000万円までと、破綻日までの利息です。

『自分は銀行に1000万円も預けていないから問題ない』と安心しているかたは多いでしょう。ただし、問題はそこではありません。もし銀行が破綻した場合、破綻に関する事務処理が終わるまで、口座は凍結されるため、お金を引き出すことはできなくなるのです。その間は、毎月の固定費も生活費も引き出すことができないことを頭の隅に入れておく必要があります」

分散して預けることでリスクヘッジ

預貯金が1000万円以下であったとしても、A銀行に100万円、B銀行に100万円、C銀行に100万円――などといくつかの金融機関に分散して預けておくことがリスクヘッジになるようです。

電卓と貯金通帳の写真
「残す」「預ける」よりもお金は「増やす」ことを考えた方がお得!(Ph/photoAC)
写真4枚

以上のことから、「利息より手数料によるマイナスの方が上回るリスク」、「物価上昇により現金の価値が低くなるリスク」を考えると、虎の子の資産を銀行だけに預けっぱなしにすることが、いかに大きなリスクかがわかるでしょう。

生方さんは、「お金は『残す』『預ける』のではなく『増やす』ことを考えた方がお得」だと考え、結果的に資産を2億円まで増やしてきました。

「同じ資産でも、銀行に預けっぱなしにすればほぼ確実にマイナスになります。片や、資産を運用すれば、元本割れのリスクはあれど資産を増やせる可能性があるのです。もちろん、全財産を投資するのではなく、使う予定のある生活費や万一に備えた予備費は手元に残し、小さく投資を始めることが鉄則です」

◆教えてくれたのは:生活コスト削減コンサルタント・生方正さん

明治大学サービス創新研究所研究員。高校卒業後に海上自衛隊に入隊。勤務の傍ら節約術を駆使しながら、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資などを行い、40代で自衛隊を退職した際には2億円もの資産を築いていた。現在は生活コスト削減コンサルタントとして、メディアで活躍中。著書に、『高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法』(あさ出版)、『攻めの節約術』(WAVE出版)など。

●資産2億円を築いた節約のプロが明かす「やってはいけない節約術」

●お得なポイント獲得術|レシートを撮って送るだけで貯まるって知ってました?

関連キーワード