エクササイズ

【お悩み解決ストレッチ】タレ尻やお尻デカッ!を改善する「桃尻ヒップアップ」

骨盤周りや姿勢の悩みに特化したエクササイズに定評のある「骨盤美容家」の柳沢とも子さん。

柳沢01

本連載では、柳沢さんがお手軽かつ即効性のあるストレッチを指南。今回は、「お尻が垂れちゃったかも…!?」というときに効くヒップアップ法を紹介します。

* * *

脂肪がつきやすいヒップは、「垂れてきた」「ハリがない」「大きくなった」など、形の変化が表れやすいパーツ。その形が崩れると、後ろ姿が一気に10歳老け込むくらい、印象を左右してしまうんです。

痩せても境目は元に戻らない!

特に「ヒップと太ももの境目がなくなってしまった…」と感じている人は要注意。これは運動不足や加齢で、お尻の筋肉を構成する「大臀筋」と「中臀筋」が弱ってしまい、本来あるべき位置から下がっているからなんです。

sokuriset02_02

そうすると、ヒップと太ももの境目に水平に走る「臀溝(でんこう)」と呼ばれる溝がなくなってしまうことに。さらに臀溝に脂肪が付くと、ヒップの横幅が増えて、形も崩れることに。そして残念ながら、ダイエットで脂肪を減らしても、“上向きヒップ”を取り戻すことはできないんです。

そんな人にチャレンジしていただきたいのが、私が考案した「桃尻ヒップアップ」。ピラティスの「スイミング」をアレンジしたエクササイズで、大臀筋と中臀筋を効率よく鍛えることで、臀溝を取り戻すことができるんです!

【次ページで「桃尻ヒップアップ」を伝授!】

垂れてしまった筋肉を引き締めると、基礎代謝がアップして、脂肪を燃焼させるという効果も。ぷっくり引き締まった“桃尻”を目指して、ぜひ次のエクササイズにトライしてください。

大臀筋と中臀筋を効率よく鍛える「桃尻ヒップアップ」

柳沢_ヒップアップ1

【1】マットの上に四つん這いになる。手と脚はマットに垂直に、背中は真っすぐに伸ばす
【2】ヒップの筋肉を使っていることを意識しながら、右足を膝から直角に曲げ、足の裏を天井に向かって垂直に伸ばす
【3】ももから脚先を真上に向かってゆっくりと上げ、膝を直角の位置に戻す
【4】【1】から【3】を左右ともに5回ずつ繰り返す
【5】手をマットについたまま、腰をゆっくりとかかとに落として深呼吸をする

【1】の姿勢がツラい場合…

柳沢_ヒップ2

腕をマットにつけてもOK。ただし、肘を90度保つよう、意識して

効果が出ないNG姿勢とは?

柳沢_ヒップ3

写真のように、腕が伸びてしまったり、膝が折り曲がったりしているとNG。また間違った体勢は、腰や肩を痛める危険性もあるので注意を

【1】~【5】の流れを動画でチェック!

丸くきゅっと引き締まった上向きのヒップは、女性なら誰でも憧れるもの。男性にとってもバストと並び、女性らしさを感じるパーツだから、いつまでもキレイな形をキープできるように頑張りましょう!

写真/Keiichi 動画/大嶽勇太

【このシリーズのバックナンバー】
美くびれを作る「ツイストバランス」で冬太り解消!

【関連する記事をチェック!】
10分間で冬太りを解消!「パーソナル パワープレート(R)」で下半身引き締めエクサ
歩くだけで美しく痩せる。美尻効果も期待できる「ポスチュアウォーキング」
駆け込みでボディメイク!ヴィクシー・エンジェル4人のエクササイズ方法
【食べて痩せる】「やせおか」の新作レシピ17品を一挙紹介!
【おっぱい体操】つらい肩こりも改善!ムダ肉を寄せて上げる「時短おっぱい体操」

監修:柳沢とも子(やなぎさわ・ともこ)

TomokoYanagisawa

アライン代表取締役、女性起業家。2005年ピラティス専門スタジオ設立。 現代人の呼吸の乱れと姿勢を改善する、呼吸法も指導。インナービューティーの見識の高さから、ピラティススタジオを主宰しながら雑誌や書籍、冷えとりウエアの監修など多方面で活躍中。著書に『冷え、むくみ…原因は骨盤にあった! 骨盤美容家・柳沢とも子の 30秒「冷えとり」ダイエット』 (All About Books)。公式HPは、http://align.jp/alopila/