人間関係

妻に感謝やねぎらいの言葉をかけない夫たち|その理由と良好な夫婦関係を築くために妻ができることは?

会話している男女
妻に感謝やねぎらいの言葉をかけない夫たちと良好な関係を築くには?(Ph/GettyImages)
写真5枚

何かをしてあげても「ありがとう」の一言もなければ、ねぎらいの言葉もかけてくれない夫たち。こっちは大きなストレスを感じているのに、夫は何も気にしていない…。そんな不満をかかえている人は多いかもしれません。

そうしたズレから大きな亀裂を生まないために、良好な夫婦関係を作っていく方法を、ベストセラー『夫のトリセツ』(講談社)の著者で脳科学・人工知能(AI)研究者の黒川伊保子さんに教えてもらいました。

【相談】夫の実家との付き合いかたにストレスを感じています

夫の実家は、徒歩10分の距離です。夫は毎週末、しかも土日続けて実家に行きのんびりするのが好きです。姑と私は仲がよいので基本的に私も一緒に行くのですが、毎週というのは疲れます。たまに「今日は家にいたい」と断ると夫は不機嫌に。こんな夫にはどう対応するのがよいのでしょうか。(53才・パート)

* * *

「男性脳」「女性脳」に違いは?

男性の脳は、女性の脳に比べて、小脳の容積比率が大きいと言われています。

小脳は、空間認識と身体制御を司る場所。つまり、男性脳は、空間認知力(とっさに距離感を確かめたり、空間構成やもの構造を見抜いたりする能力)や、とっさに身をかわすような身体能力が高めに設定されているということです。

そりゃ、そうでしょう。何万年も狩りをしながら進化してきた男性脳だもの。荒野に出て、危険な目に遭いながら、自分と仲間を瞬時に救いつつ、確実に成果を出せる男性しか子孫を残してこれなかった長い歴史がある。多少は、こういう能力が高くなければね。

その代わり、目の前の者への観察力や、「ことのいきさつ」から真理を見出す能力は、男性脳全体に低め設定。こちらは、女性脳に高く設定されています。もちろん、男女とも、鍛えれば、どちらの能力もちゃんと使えます。それどころか、なんなら、後天的に手に入れた能力のほうが、意図的に安定して使えて、プロとしては優秀だったりするのです。

このため、「女性だから、空間認知力が低い」「男性だから、勘が鈍い」と決めつけるのは早計過ぎ。職能に関しては、性差を言われるいわれはありません。

ただ、日常のちょっとしたセンスで、この性差が効いてくることがあります。

例えば、妻を自分の身体の一部のように認知する癖。

「男性脳」は道具と馴染む

空間認知力と、身体制御の能力が高い脳は、道具を、自分の身体の拡張器官のように感じ取るセンスがあります。

家電を見ている夫婦
バイクや自動車が好きな男性は多い Ph/GettyImages
写真5枚

例えば、バイクや自動車。バイク乗りは、またがったとたんに、バイクが自分の身体の一部のように感じると言います。車好きも同じこと。彼らはよく、タイヤが小石を踏んだとき、自分の足の裏で踏んだように感じる、と言ったりします。バイクを傾ける時も、自分の足裏を傾けたかのように、その角度に迷いがありません。

ナイフや工具も、あるいは万年筆も。自分の指の拡張のように、男性脳は、道具と馴染みます。だから、バイクを愛し、車を愛し、ナイフや工具や万年筆をコレクションして、悦に入るのでしょう。

息子が20歳のとき、「人生の記念になるようなものをプレゼントしたい。何が欲しい?」と聞いたら、「工具一式!」と答えました。「そんなもの?」と思ったけど、10万円は軽く超え、たしかに人生の記念になる値段だわ、と思ったのを覚えています。

「男性脳」の“身体拡張感覚”が妻を萎えさせる

男性脳は、愛してやまない道具たちと同じように、愛する妻を、自分の身体の一部のように感じます。それが男性脳にとって、馴染むことであり、愛着のかたちだから。

だから、道具のように、迷いなく便利に使うわけ。21世紀男子たちは、昔の男たちのように「飯、ふろ、寝る」しか言わないってことはないだろうけど、「お茶、淹れて」「タオル取って」くらいは言うのでは?

自分の右手を躊躇なく使うように、妻を躊躇なく使う。妻だって、新婚のときは、その遠慮のない一体感がうれしかったはずなのに、いつの間にかそれが勘に障っているわけですよね。「恋の賞味期限」が終わって。男性たちが不幸なのは、そのことに気づいていないことなのかも。

感謝もねぎらいもないのは愛がないわけではない

その上、この手の男子は、感謝もねぎらいもないのが一般的。

自分の一部なので、褒めることも、感謝することも、思いつかないからね。自分の心臓に、「毎日、ちゃんと動いてくれてありがとう」と言わないように。自分の右手に「こんなことができるなんて、すごいね」なんて言わないように。

もうおわかりですね。感謝もねぎらいもないのは、愛がないわけではなく、逆に、強い愛着があるからなんです。

感謝のことばの1つも言わない昭和男子は、妻に先立たれると、がっくりと弱って、ほどなく妻のところに行ってしまう人が多い。自分の一部を失ったのだから、きっと、私たち女性には想像もつかない喪失感があるのでしょう。

さて、優しいことばをくれて、家事もできる、一人でも生きていける夫と、武骨だけど妻の後を追う夫と、どちらの愛が深いのでしょうね。

「言葉をケチる」夫たち

男女とも、この誤解を知っておいた方がいい。男性は特に、気をつけて。妻への愛着や信頼が、知らずに知らずのうちに、妻の不興を買っている可能性があることを。

これを防ぐには、日頃から、ことばをケチらないことです。してくれたことに感謝すること、ねぎらうこと。

「お、僕の好きなナスのカレーだ」「今日は、シーツ換えてくれたんだね」「あの支払い、しておいてくれたのか。助かるよ」のように。

会話している男女
夫から”ことば”がほしい…(Ph/GettyImages)
写真5枚

してあげたことに気づいて、嬉しげにことばにしてくれる家族なら、女は“してあげる”ことを惜しみはしません。にもかかわらず、夫にそれを惜しむとしたら、夫にことばが足りないからに他なりません。

反応のない相手に、人はいつまでも関心を寄せられないのです。男たちは、心がけて、反応しなきゃね。

女性の「してあげすぎ」も原因?

女性にも、多少の罪があります。

日本女性は、「いい女」「いい妻」と言われたくて、最初に尽くしすぎるきらいがあるから。最初に甲斐甲斐しく面倒を見ちゃうから、そしてそれが優秀にこなせるから、彼のアタッチメントにされちゃうわけ。

自分を「一個人」として見てほしかったら、しすぎないことも大事だと思います。

私のイタリア語の先生(イタリア人40代男子)に、私の本『妻のトリセツ』の説明をしていたとき、彼が、「???」と理解不能に陥ってしまったことがありました。

それは、「お茶」だの「おい」だの、単語ひとつで妻を呼びつけるな、というくだり。「2階から呼ぶので、駆けつけると、どうでもいいくだらない話。あれなんとかならないの」という、ある女性のなげきも付け加えて。

パオロ先生の不思議そうな顔に、最初は、私のイタリア語が拙いせいかと、日本語も交えて、かなり説明したのに、やっぱり「???」のまま。

やがて、理解不能の理由がわかりました。パオロ先生いわく、「イタリアでは、遠くから人を呼びつける習慣がない。ましてや、妻を2階から呼ぶなんて。イタリアの女性が階段を上がってくるとも思えないし」「お茶? 単語だけ? イタリアでは、人にものを頼むときにPerfavore(お願い)なしは、ちょっと想像がつかない。それに、イタリア人の奥さんに『コーヒー』なんて言ったら、『ありがとう』か『今は要らない』と言われるだけ」

イタリア女性は、夫のアタッチメントとしては機能しないのでしょうね。こちらは、夫に手をかけさせて、愛着をわかせる作戦なのかも。

イタリアーナに学ぶ夫への対応!やりすぎず、手をかけさせる

ヒトの脳にはインタラクティブ(相互作用)特性というのがあります。自分の働きかけに、相手が反応することで脳が活性化する、という脳の基本機能です。平たく言えば、反応してくれる相手に愛着がわくのです。

自分の働きかけにすばやく結果が帰ってくる日本人妻も、自分の働きかけを楽しんでくれるイタリア人妻も、どちらも愛着の対象だということ。だとしたら、イタリア人妻のほうがお得なのでは?

会話している男女
男性に手をかけさせる(Ph/GettyImages)
写真5枚

もちろん、イタリア女性も家事をサボるわけじゃない。パオロ先生曰く、一般的なイタリア女性は、料理と洗濯には手を抜かないそう。キッチンの掃除も徹底してるとか。そういう意味では結果が出せる女なのに、「コーヒー」と言われれば「ありがとう」とにっこりするセンス。「愛着を誘う作戦」としてはいいとこどり、かなり賢いやり方ではないかしら。

やりすぎない、手をかけさせる。日本人女性も「いい子ちゃん症候群」から脱却して、このイタリアーナ方式を取り入れたほうがいいと思います。

夫の定年退職までにそれをしておかないと、たいへんなことになってしまうから。人生100年時代、定年後の結婚生活は、下手すると40年。そんな長い時間を、夫のアタッチメントで過ごすの?

2人の適正距離を!まずは「たまに断る」

この質問者も、夫のアタッチメントになってしまったケースと思われます。

夫は、妻が、毎週末一緒に実家に帰るものだと思い込んでいる。何の疑いもなく。妻のほうは、それを断りかねて、途方に暮れている。嫌というわけでもないけど、毎週はねぇ、と。

おそらく、そのほかのことも、「やってあげすぎ」になっているのでは。でも、質問者のかたは他のことを気にしていないようだし、夫は妻に純粋に愛着をもっているように見受けられますから、きっと夫婦仲がよいのでしょう。

ただ、仲のいい2人の、こういう「なんだかねぇ」を放っておかないほうがいい。2人の適正距離を考えるチャンスだと思って、手を打ちましょう。

まずは、「たまに断る」から始めましょう。その際に、ただ「気が乗らないから」という理由では、ふたりの間の信頼関係がゆらぎます。

趣味やボランティアなどがおすすめ

私は、趣味やボランティアなど、外へ出る理由を持つことをお勧めします。たまの日曜日、イベントに参加したり、材料を探しに行ったり、仲間と合うために単独で出かけることを、自然に習慣にしてしまえるからです。

外に出るのが億劫だったら、料理や掃除を「趣味」に格上げしてもいいと思います。「今度の週末は、○○先生の整理法で、クローゼットを片づけてみるつもり。専念したいから、あなたはお母さんのところに行ってて」「今週末はサムゲタンに挑戦してみるわ。それを持って、日曜日に行くね」のように。

ゆっくりしたいだけでも、最初は、なんらか理由を言っておけばいいと思います。「疲れちゃって、結局、できなかった」と言えばいいんだから。そんなとき夫が「だったら、一緒に母さんとこ行けばよかったのに」と言ったら、「ううん。たまには、自分の台所がある家でゆっくりしたいのよ。女って」とやんわり距離を取ります。

長年主婦をやってきた女性にとっては、キッチンは本陣。自分のキッチンがない家は、たとえ実家であっても、「自分の家」ではないんです。優しい親がいる実家であっても、仲良しの姑がいる夫の実家であっても、自分のキッチンに帰りたい。女性なら、きっとわかる感覚のはず。男性には、そこがわからないんです。

週末、夫との別行動が、自然にできる夫婦になること。

そのために、夫と別の趣味を一つは持つこと。「毎日が週末」の定年夫婦になる前に、ぜひ遂行しておいてください。

◆教えてくれたのは:脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん

脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
写真5枚

株式会社 感性リサーチ代表取締役社長。人工知能研究者、随筆家、日本ネーミング協会理事、日本文藝家協会会員。人工知能(自然言語解析、ブレイン・サイバネティクス)、コミュニケーション・サイエンス、ネーミング分析が専門。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳と言葉の研究を始める。1991年には、当時の大型機では世界初と言われたコンピューターの日本語対話に成功。このとき、対話文脈に男女の違いがあることを発見。また、AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した感性分析の第一人者。2018年には『妻のトリセツ』(講談社)がベストセラーに。以後、『夫のトリセツ』(講談社)、『娘のトリセツ』(小学館)、『息子のトリセツ』(扶桑社)など数多くのトリセツシリーズを出版。http://ihoko.com/

●離婚原因「一緒にいる意味が見い出せない」の裏にある本当の理由――夫婦関係がうまくいくカギを『夫のトリセツ』著者が解説

●脱ぎっぱなしが当たり前のだらしない夫を改善する方法とは?『夫のトリセツ』著者が解説

→「コロナ禍の夫のトリセツ」他の記事はコチラ