皇室情報

皇后雅子さまの“ライトグレー”着こなし術|品よく明るい色味で華やいだ雰囲気に!

2020年2月、皇居・東御苑の宮内庁三の丸尚蔵館で開催されていた即位記念特別展「令和の御代(みよ)を迎えて」をご見学される天皇皇后両陛下
皇后雅子さまは洗練されたグレーのパンツスーツスタイル(2020年2月10日、Ph/JMPA)
写真15枚

そろそろ秋も終盤。衣替えも終え、いざ手持ちの服を見てみると黒や茶色など、暗めの色ばかりと感じたことがある大人女性も多いはず。暗い色は引き締めて見せる“締め色”になり、大人の落ち着き感を醸し出してくれる存在ですが、一方で顔色まで暗く見せてしまうリスクもあります。そこで、注目されているのが、大人の落ち着き感と顔映え力を兼ね備えた「ライトグレー」という色。今回は、皇后雅子さまが秋冬にお召しになったライトグレーの着こなしをチェックしていきましょう。

他の色とも合わせやすく上品なライトグレーは大人向き

淡く繊細なグレーはどんな色やアイテムとも相性よし。ニットやシルクなど身につける素材の幅が広がる秋冬だからこそ、素材感もしっかり伝わる明るいグレーはデイリー服においても何かと重宝します。洗練された華やぎ感もあり、落ち着いたグレーというカラーだからこそ、知的なムードも漂い、まさに大人女性にぴったり。

“ツヤ”アイテムを添えれば華やかさをプラスすることに

天皇皇后両陛下は2020年2月、皇居・東御苑の宮内庁三の丸尚蔵館で開催されていた即位記念特別展「令和の御代(みよ)を迎えて」をご見学。

雅子さまは、ほんのり青みを帯びたグレーのパンツスーツスタイル。青の持つさわやかさと、グレーの持つ落ち着いた印象のいいとこどりで、洗練された雰囲気を漂わせてくれる色味です。

2020年2月、皇居・東御苑の宮内庁三の丸尚蔵館で開催されていた即位記念特別展「令和の御代(みよ)を迎えて」をご見学される皇后雅子さま
スカーフやパールアクセサリーで女性らしさが際立つ(2020年2月10日、Ph/JMPA)
写真15枚

青やグレーはどちらかというと男性的な色のイメージですが、淡いブルーグレーは、原色の青よりも優しく柔らかい印象に。パンツスタイルでも、この色の効果とスカーフやアクセサリーなどの小物使いでぐっと女性らしさが際立つコーディネートに着地します。

首元にはスカーフとネックレスを重ねづけ(2020年2月10日、Ph/JMPA)
写真15枚

雅子さまは、首元にスカーフをお召しになり、ネックレスを重ねることで、顔周りまで華やいだ印象です。スカーフを取り入れることで、立体感が出て、全体的にメリハリ感も生まれ、目線が上に操作され、脚長効果も狙えます。

袖や襟に光沢のある生地が配されている(2020年2月10日、Ph/JMPA)
写真15枚

淡い色というと、膨張して見えてしまうのがネック。その点、雅子さまの召されたスーツは、袖や襟に光沢のある生地が配されていることで、のっぺりせずに、キリッとシャープな印象を受けます。

雅子さまのように、Vネックだったり、センタープレス加工がされたパンツをはくなど、縦のラインを強調することで、淡いグレーでも引き締まった印象を与えることができます。

→皇后雅子さまの気品あふれる帽子ファッションはコチラ

同じトーンの水色や白で明るさを際立てて

2019年9月、茨城で開催された「国民体育大会」に出席された雅子さまはブルーグレーのパンツスーツ姿。人気のくすみカラーも明るめのブルーグレーなら顔映え力もバッチリです。

ブルーグレーを中心にトーンをそろえられた見事なコーディネート(2019年9月29日、Ph/JMPA)
写真15枚

ブルーがかったグレーのパンツスーツにイヤリングやネックレスなど存在感のあるアクセサリーをつけることで、グッと女性らしさが際立つウワテなスタイリング。雅子さまのコーディネートを参考に、ライトグレーのニットやコートに、パールアクセサリーや水色、白などを合わせて明るい印象に見せるのがおすすめです。

天皇陛下のジャケットの色味とも合わせられているようだ(2019年9月29日、Ph/JMPA)
写真15枚
バッグもブルーにして全体のトーンを揃えられている(2019年9月29日、Ph/JMPA)
写真15枚
ハイヒールにもブルーがはいっている(2019年9月29日、Ph/JMPA)
写真15枚

→雅子皇后の鮮やかなブルーファッションはコチラ

ドレスもライトグレーなら甘さもほどよく落ち着いた印象に

2019年11月、奈良県橿原市にある初代天皇とされる神武天皇の陵で拝礼された際、雅子さまはしっとり淡いグレーのロングドレスをお召しに。

2019年11月、奈良県橿原市にある初代天皇とされる神武天皇の陵で拝礼された雅子さま
胸下で切り替えのあるストレートのロングドレス(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚

歴代天皇陵へのご参拝にあたっては、女性皇族はロングドレスを着用されるというドレスコードがあるとされます。このときは、いわばお墓参りということもあり、落ち着いたグレーをセレクトされたのでしょう。

2019年11月、奈良県橿原市にある初代天皇とされる神武天皇の陵で拝礼された雅子さま
ドレスの背面にはフリルがあしらわれている(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚

淡いグレーのロングドレスに同色同素材の帽子をかぶられ、胸元にはブローチがきらり。ドレスの背面には、フリルがあしらわれ、慎ましくも華やかさが漂っていました。

ブローチ、ネックレスともにパール(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚
慎ましくも華やかに見えるドレスをお召しに(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚

フリルやリボンなど、甘いディテールの服も、落ち着いたグレーなら大人が着ても不釣り合い感なく着られます。例えば、甘めデザインのブラウスもライトグレーならビターな甘さに調整でき、顔も明るく見せてくれるので大人女性に最適です。

→雅子皇后の優しきリンクコーデはコチラ

ロングドレスにシンプルな同色のジャケットを羽織られている(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚
シンプルですっきりとしたシルエットのドレス(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚

移動の際は、ロングドレスにスタンドカラーのジャケットを羽織られていました。ライトグレーのスタンドカラージャケットはシンプルですっきりとしたシルエットにまとまります。

2019年11月、奈良県橿原市にある初代天皇とされる神武天皇の陵で拝礼された雅子さま
落ち着いた色ながら帽子も華やかな印象(2019年11月27日、Ph/JMPA)
写真15枚

スタンドカラーは首元から裾までがすっきりとしたシルエットになり、落ち着いた印象を与えます。その上品なシルエットは、フォーマルシーンにもぴったり。

寒くなってくると屋外ではアウターが主役になります。その主役をライトグレーにすることで、明るい印象を与えるだけではなく、凛とした佇まいに。ロングスカートなど、甘めのアイテムに、甘さ控えめのスタンドカラーなどハンサムなアウターを合わせるとバランスよくまとまります。

→雅子皇后の気品あふれるホワイトファッションはコチラ

●皇后雅子さまから黒田清子さん、小室眞子さんまで 皇室の婚約・結婚会見のファッションと秘話

●皇后雅子さまが魅せる秋冬のベルベットファッション|洗練&エレガントな雰囲気にまとめる着こなし術

→皇室のすべての記事をチェックしたい方はコチラ

関連キーワード