皇室情報

即位パレードから2年 その日皇后雅子さまが見せた麗しきローブ・デコルテと涙

沿道の声援に応えられる天皇皇后両陛下(Ph/JMPA)
写真13枚

現在、コロナ禍でリモートで公務に臨まれることも多い天皇皇后両陛下。どんなときも国民に寄り添ってこられ、コロナ前は多くの人と直接触れ合う機会をもたれてきた。ちょうど2年前の11月10日は、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が行われた日だ。多くの国民が心を震わせたその日の熱狂を振り返る。

雅子皇后はローブ・デコルテ姿(Ph/JMPA)
写真13枚

その日の東京都心の日中の気温は18.0度。朝から雲ひとつない晴天に恵まれた。午後3時、パレードは皇居からスタート。おふたりを乗せたトヨタの高級車「センチュリー」は赤坂御所までの4.6kmを50台の車列とともに約30分かけてゆっくりと走った。

雅子さまがお召しになったのはオフホワイトの「ローブ・デコルテ」。その上に、フリルのついたジャケットを着用されていた。頭の上に輝くのは、歴代皇后から受け継がれてきた「第一ティアラ」。上品で麗しきお姿は多くの人を魅了した。

沿道に集まったのは11万7000人(Ph/代表撮影)
写真13枚

目頭をそっとおさえられるシーンも

パレードをひと目見ようと詰めかけた人は11万9000人。多くの人が胸を打つシーンがあったのは、パレード開始から約10分後だった。桜田門から国会議事堂正門前へ向けて車両が進む中、雅子さまが手袋のまま目頭をそっとおさえられたのだ。目は赤くなっているようにも見えた。

目頭をそっとおさえられる雅子皇后(Ph/JMPA)
写真13枚

そこは奇しくも、雅子さまが結婚前に勤められていた外務省の庁舎のすぐ近くだった。沿道からは「雅子さまー!」という大きな声が飛んでいた。

約30分のパレードだった(Ph/JMPA)
写真13枚

雅子さまはどんな思いで涙を浮かべられたのだろうか。

1993年6月の結婚から雅子さまはさまざまな苦難を経験されてきた。2004年5月、天皇陛下(当時・皇太子)が記者会見で「外交官としての雅子のキャリアや人格を否定するようなことがあったのも事実です」と発言され、その2か月後、雅子さまは「適応障害」で療養生活を発表。それから闘病生活は今も続いている。

パレードに向かわれる天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻(Ph/JMPA)
写真13枚

「思いがけないほど本当に温かいお祝い」と感謝

即位パレードから1か月後の12月、56歳の誕生日の際に発表された文書で雅子さまはこう述べられた。

《多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております》

多くの車とバイクが列をなした(Ph/JMPA)
写真13枚

「思いがけない」という言葉に、驚きと感動の気持ちが込められていることがうかがえる

このパレードのときのような、国民と触れ合うような機会は今は難しいが、天皇陛下は今年2月の誕生日会見で「コロナ禍を忍耐強く乗り越える先に、明るい将来が開けることを心待ちにしております」と国民に呼びかけられた。どんな状況でも国民に寄り添う両陛下のお姿は、多くの人に希望と勇気を与えている。

秋晴れとなったパレードの日(Ph/JMPA)
写真13枚
この日のために用意されたトヨタのセンチュリーの特別車(Ph/JMPA)
写真13枚
多くの日の丸の旗がふられた(Ph/JMPA)
写真13枚
笑顔で手を振られる両陛下(Ph/代表撮影)
写真13枚
雅子皇后は歴代皇后から受け継がれてきた「第一ティアラ」をお召しに(Ph/JMPA)
写真13枚
パレードはテレビでも生中継された(Ph/JMPA)
写真13枚

→雅子皇后、結婚パレードでのローブ・デコルテ姿はコチラ

→雅子皇后のパールファッションコレクションはコチラ

関連キーワード