フード

【野菜ランチ】緊急ダイエットの強い味方!「クレンジングカフェ代官山」

最近、東京のあちこちにおいしい野菜をいただける専門店が増えているみたい。そこで、ダイエッターの味方になってくれる注目店を編集部がチェック!

CLEANSINGCAFEDaikanyama01

自然光が入る店内は色とりどりの野菜や果物でにぎやかな印象

今回は、東京・代官山の路地裏に立つ「CLEANSING CAFE Daikanyama(クレンジング カフェ ダイカンヤマ)」にお邪魔した。同店がダイエットに悩む女性の駆け込み寺として人気を博している、その理由は?

* * *

「CLEANSING CAFE Daikanyama」では、新鮮なコールドプレスジュースや、おいしくて体に優しいクレンジングスープを提供。店のレシピをまとめた書籍『スープクレンズで始める#DetoxLife(デトックスライフ)』(主婦の友インフォス)も好評だ。

オーナーの今泉牧子さんは、以前、エステティシャンとして勤めていた頃に、休暇に家族を訪ねて、たびたびニューヨークを訪れていたという。

「あるときから、街にスリムな体型の人が増えたことに気が付いて。その頃、同時にコールドプレスジュースが流行っていたんです。これがニューヨーカーのスリムの秘訣なのかな、と」(今泉さん、以下「」同)

CLEANSINGCAFEDaikanyama02

スープやジュースに使う果物や野菜は、生産者を厳選

美容と健康に役立つ酵素や栄養素は、熱や水に弱いもの。でも、コールドプレスジュースは、水を加えずに野菜を30度以下の低温で圧搾しているので、これらを破壊せずに摂取することができる。

また、圧搾する過程で消化しづらい繊維質を除いている。これにより消化器官を休ませ、その分のエネルギーで体内のクレンズ(洗浄)やデトックス(解毒)が可能に。これが腸内環境の整理や内蔵機能の回復につながるので、美容やダイエットに◎。

「キレイを追求するにはやはり、体の中に入れるものから考えなければいけないんだと思います。コールドプレスジュースを日本でも手軽に飲めるようにしたくて、『CLEANSING CAFE Daikanyama』を開いたんです」

CLEANSINGCAFEDaikanyama03

栄養たっぷりの「ピュアノーラ」(各2160円〜)は、朝食にぴったりも。「スミレ(紅芋ごぼう)」や「ブラックローズ(ココア竹炭)」、「クリスマスローズ(ケール)」など花の名前が付いたフレーバー5種類がラインナップ

野菜と果物だけがメインの食材なので、それに対するこだわりも生半可なものではない。例えば、サラダ小松菜は、飲みやすさを追求した結果、苦味の少ない水耕栽培のものを選んでいる。また直接、各地を訪ね歩いて、納得がいった無農薬農家とだけ契約しているという。

「配合が数グラム違うだけでジュースの味わいは変わります。みなさんにおいしいと感じていただけるように、試行錯誤して味を仕上げています」

コールドプレスジュースは1本115kcalから256kcal、クレンジングスープは1杯64.6kcalから168kcalと、低カロリー。それでも栄養はしっかりと摂れるから、食事と置き換えても安心。

「イベントごとの前に急に痩せたいという女性や、体型維持のために朝食はコールドプレスジュースだけという男性など、ダイエット目的のお客さまも少なくありません」

そこで、同店のラインナップからダイエットに効果的なメニューを、本気度別に教えてもらった。

【ダイエット中にいただきたいメニューは?】

東京・代官山にある「CLEANSING CAFE Daikanyama」では、こだわりの野菜を使ったコールドプレスジュースやクレンジングスープでの“クレンジング”を提案している。これらは置き換えダイエットにも活用できる。

そこで、オススメのメニューをオーナーの今泉さんに教えてもらった。

置き換えダイエットにはこの「コールドプレスジュース」

CLEANSINGCAFEDaikanyama04

写真は左から、「RUBY(ルビー)」1080円、「VEGE MIX(ベジミックス)」1250円

手軽にダイエットに取り入れるなら、ランチをコールドプレスジュースに置き換えてみて。なんと1杯(400ml)に約1kgの野菜を使用しているというから、野菜不足のときにもありがたい。

ラインナップは、定番15種とシーズンメニュー2種類。本気でダイエットに取り組みたいのなら、サラダ小松菜をメインに5種の野菜とレモンを加えた「VEGE MIX(ベジミックス)」(1250円・写真右)がオススメ。

糖質の少ない野菜を使っているので、糖質制限ダイエット中にもぴったり。

「サラダ小松菜には、カリウムが豊富に含まれるので、便秘解消やデトックスが期待できます。レモンを加えることで後味をさわやかに仕上げています。でも、リピーターの中には苦いほうが効く気がする…と飲みづらい味にカスタムする方も(笑い)」

一方、女性にはビーツをメインにリンゴやオレンジなどのフルーツを加えた「RUBY(ルビー)」(1080円・写真左)が人気。人参や生姜、レモンも含まれていて、代謝アップやむくみ防止、冷え性改善にも効果が期待できるそう。

「クレンジングスープ」はクレンズの準備・回復食にも

CLEANSINGCAFEDaikanyama05

「Dr.Green(ドクターグリーン)」1080円。写真右の白皿はトッピング。左から、「チャコール」「カイエンペッパー」「ウコン」

調味料を最低限に抑えて、素材の力を引き出したクレンジングスープは、デトックスしつつ、栄養素をたっぷり摂ることができる。メニューは5種類で、写真はほうれん草メインの「Dr.Green(ドクターグリーン)」(1080円)。便秘改善や免疫力アップに効果的。

このほか、「Beauty Skin(ビューティースキン)」(1080円)や「Warm Up(ウォームアップ)」(1080円)なども、代謝アップに効果が期待できるので、ダイエット中に◎。

お店でランチとしていただくこともできるけれど、テイクアウト用の販売もしているので、週末にデトックスにトライしてもOK。

「スープの硬さや野菜ピュレをのばすブロス(だし)もお好みのものを選んでいただけます。置き換えダイエットをする場合は、食べ応えのある『スープタイプ』と、脂肪燃焼促進効果が期待できる『フィトケミカルチキンブロス』の組み合わせがイチオシです」

ジュースクレンズの前後の回復食や準備食としていただくのなら、胃腸に負担をかけづらい「ドリンクタイプ」を。昆布と鰹節からとった「和風ブロス」や、優しい味わいの「豆乳ブロス」との組み合わせでどうぞ。

ダイエット上級者なら「ジュースクレンズ」に挑戦を

cleansingcafe-cleans

「REGULAR CLEANS(レギュラー クレンズ)」9000円は、冷蔵で1日半保存可能。左から、「Roots(ルーツ)」「Orenge(オレンジ)」「Armond Milk(アーモンドミルク)」「Green(グリーン)」「Citrus(シトラス)」の「REGULAR CLEANSE(レギュラークレンズ)」

短期間で減量したい人は、コールドプレスジュースだけで1〜3日を過ごす“ジュースクレンズ”に挑戦を。準備食・回復食として、スープも併せての購入がオススメ。

利尿・整腸作用が高い野菜をメインにした「REGULAR CLEANS(レギュラー クレンズ)」(9000円)なら、味わいもバラエティに富んでいるから試しやすい。5本のセットを2~3時間ごとに飲むことで、1日の食事を置き換えて。

「初心者の方は、まず1日1~2食を3本に置き換えるプチクレンズセット(5400円)からお試しいただくのも一手です。慣れたら、低糖質な野菜のみのフレーバーを集めた『LOW CARBOHYDRATE(ロー カーボハイドレイト)』(9000円)にもぜひトライを」

手軽な置き換えダイエットや、腸内環境を整理するクレンズなど、目的に合わせて選べるのがうれしい。体質改善からダイエットを目指したいときに頼りにして。

写真/瀬尾直道

CLEANSINGCAFEDaikanyama07

【データ】
「CLEANSING CAFE Daikanyama(クレンジング カフェ ダイカンヤマ)」
住所  :東京都渋谷区猿楽町22-12
電話  :03-6277-5336
営業時間:10:00~19:00 不定休
アクセス:東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
http://www.cleansingcafe.com/

【関連する記事をチェック!】
【野菜ランチ】ヘルシー&美ルックスな「ELLE cafe AOYAMA」のオススメ4品
【野菜ランチ】在来種の野菜を楽しむ「発酵デリカテッセン カフェテリア Kouji & ko」
【美痩せ習慣】外食が多いときは、クレンズジュースで調整(今泉牧子さん)
食べて痩せる体に。ダイエットにうれしい【クレンズスープ】4選
「ジョンマスターオーガニック トーキョー」のスムージークレンズ