ボディケア

モチベーションを維持するコツを伝授!【美腹筋チャレンジ】5週目の「腹トレ」報告も

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが、3か月間で“アブクラックス(縦筋)”がある腹筋を作り上げる特別企画【美腹筋チャレンジ】

BifukkinChallenge_week5
写真左から、國井美沙妃さん、山下あさみさん、中北成美さん
写真5枚

連載第6回目となる今回は、3名の「自分へのご褒美」を教えてもらった。【美腹筋チャレンジ】開始5週目の進捗もご報告。

* * *

暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクターを務める國井美沙妃さん。仕事に加えて、生活の中でもトレーニングを日課にしている。

【自分へのご褒美】大好きな海でリフレッシュ!

アクティブな國井さんにとって、海や山で過ごすお休みがなによりのご褒美。住まいから近い湘南はもとより、写真の沖縄県・小浜島をはじめ、グアムやプーケットなどにもお出かけ。

「泳いだりシュノーケリングしたりはもちろん、浜辺でゆっくりとヨガもしますね。美しい海で過ごすと、気持ちも新たにがんばろう! と気合いが入ります」(國井さん。以下、「」同)

海辺で過ごす以外にも、土地のフルーツやひんやりスイーツを食べたり、と友人と過ごす楽しい時間がモチベーションアップにつながっているよう。

【腹トレ報告】春になったからランニング! 1回10kmが基本

今週は、平常のレッスンに加えて、「NB WOMAN(エヌビー ウイメン)」の女性限定スポーツイベント「GIRLS NIGHT OUT(ガールズナイトアウト)」のプレス向け説明会で、1日3回、インストラクターを務めた。ランニング、ボクシングフィットネス、ヨガのメニューだったけれど、自身も一緒に参加して楽しんだとか。

「ヨガは前からやっているのですが、もっと回数を増やしたい。海辺でやるのが好きですね。また、冬の間はジムでトレーニングすることが多いのですが、春になったら戸外でのランニング! 大体10kmを1時間で走ります。なるべく一定のペースで心拍数を意識するように心掛けています」

後日、買い物帰りに無性に運動がしたくなり、ひたすら走ったと、インスタグラムに投稿も。疲れているときでも5〜7kmを走る、というから、本当にタフ!

國井美沙妃(くにい・みさき)

misaki.kunii_03_week5
写真5枚

1992年11月17日生まれ、神奈川県出身。今、人気の暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクター。フリーランスのモデルとしても活躍している。座右の銘は、「運動=自分磨きの時間」。インスタグラムアカウントは、@misaki.kunii

【自分磨きで気分を盛り上げているのは、誰?】

ファッションモデル、ランジェリーモデルとして大活躍中の中北成美さん。「セクシーで女性らしい身体」を目指し、忙しい日々の中でも手作りの食事や、効率的なトレーニングを継続している。

【自分へのご褒美】月に一度の“メンテナンスデイ”

歯のホワイトニングやケミカルピーリングなど、月に1度はメンテナンス日を設けている中北さん。手間暇をかけて美しさを磨くことは仕事のためだけではなく、充足感と自信を得ることができる時間なのだとか。

「ピーリングをはじめてから、肌がきめ細かくなり、透明感がアップしたと実感しています。また、あまりみんなやっていないことだからこそ、鼻の脱毛もオススメ。デリケートな部分もしっかりケアすることが女子力アップにつながる、と思うんです」(中北さん。以下、「」同)

手先をかわいく魅せるネイルも欠かせない。今月は、春らしいピンクベージュに金色や銀色の星をたっぷり散らした「オーロラスターネイル」に。薬指のこぼれ落ちそうな星々がポイントだそう。

【腹トレ報告】課題は、体力、瞬発力、体幹

無事に引っ越しの荷物も片付いてきたという中北さん。“宅トレ”を継続しているほか、週に1回はボクササイズにも。「瞬発力と体幹を鍛えたくて。無酸素運動に耐える体力をもっとつける必要がありますね」と話す。

自分なりに工夫を凝らしているプランクは、どんどん進化中。今週公開した「プランク part6」は、座った姿勢で、交互に脚を太ももの付け根から上げるというもの。

「腹筋に力を入れて、交互に30回×3セット。脚を上げるときに息を吐くのがポイント。また、背筋を伸ばして、肩甲骨を寄せた姿勢も重要です」

中北成美(なかきた・なるみ)

nrm10260_03_week5
写真5枚

1989年10月26日生まれ、滋賀県出身。2009年より東京で読者モデルとして活動をスタート。現在は、複数のファッションブランドのイメージガールの他、ファッションショーの舞台へも活躍の幅を広げている。インスタグラムアカウントは、@nrm10260

【山下さんは、おいしい食べ物でモチベーションアップ!】

ヨガインストラクターの山下あさみさん。現在は、アメリカに滞在し、トレーナーとして武者修行中。夢だったアメリカでの生活を楽しみつつも、毎日しっかりとトレーニングを継続している。

【自分へのご褒美】その土地ならではの味との出合い


普段は野菜やたんぱく質を多めの食事を心掛けている山下さんだけれど、アメリカ滞在中の現在、土地の味にも探究心旺盛にトライ。食事投稿専用のアカウント「@asamy0925」に、現地で食べたおいしいものを投稿している。

「こちらにはビーガンのお店も多く、野菜たっぷりのタイカレーやバインミーなど、独特の味わいでおいしかったです。好きなものが増えていく喜びを実感しています」(山下さん。以下、「」同)

写真は、バナナとヌテラが入ったアイスクリーム。毎日、トレーニングを続けているからこそ、たまには高カロリーなものを食べてもOK。

【腹トレ報告】ビーチで楽しく、夫婦でトレーニング

ロサンゼルスのベニスビーチに移動した山下さんは、海辺でのトレーニングを楽しんだよう。インスタグラムにはヨガをする写真のほか、夫婦で一緒に肩のトレーニングに励む映像も。

「ビーチで過ごすのは気分がいいし、ひとりよりも2人でトレーニングしたほうが楽しい! 現地の方のトレーニング風景を垣間みることができるのも、モチベーションアップにつながりますね」

フィットネスモデルの撮影に遭遇するといううれしいハプニングも。彼女たちが撮影の合間にスクワットをしている様子や、美しいウォーキングやポージングに大いに学んだよう。

山下あさみ(やました・あさみ)

samyyoga04_week5
写真5枚

1989年9月25日生まれ、熊本県出身。整体師からヨガインストラクター、パーソナルトレーナーに転向、「Samy(サミー)」名義で活動。インスタグラムアカウントは、@samyyoga

誰の腹筋がいちばん? 第2回投票開催中!

BifukkinChallenge
写真5枚

特別企画「美腹筋チャレンジ」は期間中、毎月1回の読者参加型アンケートで、3人の中からいちばんの“美腹筋”の持ち主を決定するもの。参加方法は特設ページ下部のアンケートフォームで、質問に沿ってクリックしていくだけ。毎週の彼女たちの頑張りをチェックし、ぜひ投票に参加して。

※投票は終了しました。

また、ダイエットやボディメイクに励む女性は、彼女たちのチャレンジを参考にしつつ、ぜひ一緒にチャレンジしてみて。

「われこそは!」と思う人は、腹筋チャレンジに励む写真に方法をコメントで付け、「#DIETポストセブン_美腹筋チャレンジ」でインスタグラムに投稿を。夏までに美腹筋を実現しよう。

【これまでの経過】
【WEEK4】体型維持に役立つフィットネスウェアは?
【WEEK3】きれいな筋肉を作る食事は?
【WEEK2】スリムの敵、スイーツと付き合うコツは?
【WEEK1】忙し女子にオススメの筋トレを伝授!
【WEEK0】人気インスタグラマー3名が“美腹筋”作りスタート

【関連する記事をチェック!】
ランニングやヨガで楽しく体型維持!スポーツ女子の【美痩せ習慣】
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
ぽっこりお腹を改善!【ながらエクサ】でインナーマッスルを強化
【お手軽筋トレ】で痩せ体質に!「燃焼系!簡単タオルスクワット」で下半身デブを解消
キレイなくびれをつくる!骨盤シェイクダンス「初級・胸編」