家事・ライフ

大地震が来たときに「命を助けてくれる」小型家電とは?家電ライターが教える、今すぐやるべき備え

避難グッズがおいてあるテーブルとソファ
大地震には、家電製品にどんな対策が必要か(写真はパナソニックの『強力ランタン(でかランタン) BF-BL40K』。コンパクトなのに強力な明かりをくれる)
写真9枚

台風や大雨と違い、前触れもなく突然起こるのが大地震です。大きな揺れが起きた瞬間、いつも私たちを助けてくれる家電製品が、凶器になることも。有事に備え、家電製品に対しどんな対策をとったらよいでしょうか。また、どんな家電製品を備えておくべきか。家電ライターの田中真紀子さんに教えてもらいました。

大型家電の下に耐震マットは必須

まず、家電による被害には、どんなケースが考えられるのでしょうか。

「地震による家電の被害としてもっとも多いのが、落下、転倒による故障です。大地震による住宅内での負傷原因のうち、30~50%近くが家具家電の倒壊や転倒、落下とされており、特に冷蔵庫や洗濯機、テレビなどの大型家電の下敷きになった例も報告されています。

また炊飯器やオーブンレンジなどの小型家電も重量があるため、飛んでくると大けがにつながるおそれがあります」(田中さん・以下同)

まずは耐震グッズで家電を固定

今からできることは、耐震グッズで家電を固定しておくこと。

「家具の耐震グッズでは突っ張り棒などが知られていますが、大型家電の場合、耐震マットを敷いておくことをおすすめします。粘着性のあるジェル状マットが、地震などの揺れや衝撃を吸収し、転倒や落下を防止してくれます。特に冷蔵庫は重心が高く、扉部分にも物が入っていることから、前に倒れてくる可能性があります。あらかじめ対策を行いましょう。

小型家電でも、頭の上より高い位置には置かないようにしたほうが安心です。またペンダントタイプの照明も、想定以上に揺れる可能性がありますので、電球やシェードは割れにくい素材、割れても危険が少ない素材を選ぶとリスクの軽減に」

最低限持っておきたいのはランタンと充電グッズ

では、大地震に備え、持っておくといい家電製品があるとしたら何でしょうか。

夜に地震が発生して停電が起こった場合、懐中電灯やランタンなどが必要になる。リズム『多機能型防災クロック「4RQ001-003」』はラジオとしても使える
写真9枚

「大地震が起きた際、最初に行わなければいけないのが避難経路の確保です。夜に地震が発生して停電が起こった場合、足元にガラスが散乱していないか確認しながら避難する必要があるため、まずは懐中電灯やランタンなどの明かりを用意したいですね。これは各部屋に用意しておくと安心です。停電にも備え、スマートフォンが充電できるグッズも必須です」

田中さんのおすすめ家電は、次の2点。

関連キーワード