ボディケア

ツボを刺激して、脂肪を撃退!「腎マッサージ」でお腹痩せを実現

ダイエットをしているのに痩せにくくなったり、朝起きたときにひどいむくみが出たりするのなら、「腎」が疲れている可能性が!

1713_jin_massage_001

老廃物が溜まった血液をろ過し、尿で排出するという重要な役割を担っている腎臓と副腎の健康は、ダイエットに深~いつながりがある。そこで、六本木・寺林治療院院長の寺林陽介さんに腎のツボを刺激する「腎マッサージ」を教えてもらった。

「東洋医学では、腎臓と副腎を『腎』と呼びます。おへそや背中にある『腎』のツボを刺激すると、腎臓と副腎の疲労回復に効果的です」(寺林さん。以下、「」同)

おへそまわりの“腎のツボ”を5ステップに分け、全部で1分マッサージするだけで、お腹周りが痩せて体調もアップするとか。さっそく基本のツボについて学ぼう。

まずは基本のツボをチェック!

1713_jin_massage_02

盲兪(こうゆ)
おへその左右すぐ横にある。ここを刺激すると、腎臓疾患のほか、下痢や便秘などの慢性的な消化器疾患にも効果あり。

天枢(てんすう)
おへその左右、親指の幅2本分外側にある。ここを刺激すると、泌尿器系疾患、消化器疾患、生殖器疾患の改善に効果的。

帯脈(たいみゃく)
わき腹にあり、腰痛や冷えの改善に効果が。ここを刺激しながら腎兪(こうゆ)と志室(ししつ)を温めると、腎兪と志室のコリもとれる。

1713_jin_massage_03
志室(ししつ)
背骨から親指の幅約3本分外側の、おへその高さにある。ここを刺激すると、腎臓の疲れの他、消化不良の改善にも。

腎兪(じんゆ)
背骨から親指の幅約1.5本分外側の、おへその高さにある。ここを刺激すると、腎臓疾患、前立腺疾患などにも効果が。

さっそく本誌記者がチャレンジ。するとはじめてたった1回で体がぽかぽかに温まり、うっすら汗ばむほど。5日続けたところ、なんとウエストが約2cm細くなった!

そんな驚きのマッサージ法を、次のページから徹底解説しちゃいます。もむ強さは、ちょっと痛みを感じるくらいで。グリグリもんで、ぽっちゃりを解消しよう!

【マッサージのSTEP1へ!】

六本木・寺林治療院院長の寺林陽介さんに、腎のツボを刺激して痩せ体質を実現する「腎マッサージ」を教えてもらった。グリグリもんで、ぽっちゃりを解消しよう。

STEP1 おへその真横、盲兪をほぐして便秘を改善

軽くこぶしを作り、指の第1関節で刺激するのがマッサージのコツ。

1713_jin_massage_04

【1】盲兪に指の第1関節を強く当て、そのまま上方向へ押しもむ

1713_jin_massage_05

【2】腹筋に当たるくらいの強さで押しつつ、こぶしを下方向へ

1713_jin_massage_06

【1】【2】の上下1セットで3回、盲兪を刺激したら、外側へ移動

STEP2 深呼吸しながら指の第1関節で天枢を刺激

STEP1同様、両手の指の第1関節で刺激を。

1713_jin_massage_07

【1】天枢に指の第1関節を強く当て、そのまま上方向へ押しもむ

1713_jin_massage_08

【2】腹筋に当たるくらいの強さで押しつつ、こぶしを下方向へ

1713_jin_massage_09

【1】【2】の上下1セットで3回、天枢を刺激したら、外側へ移動

【STEP3で体がぽかぽかに!】

六本木・寺林治療院院長の寺林陽介さんに、腎のツボを刺激して痩せ体質を実現する「腎マッサージ」を教えてもらった。前ページで紹介したSTEP1、STEP2に続けて行って。

STEP3 帯脈のツボを第2関節で刺激

軽くこぶしを作り、指の第2関節で刺激する。いずれもろっ骨に当たらないように注意を。

1713_jin_massage_10

【1】わき腹の手前、おへその高さに第2関節を強く当て、ぐっと押しこみ、上下に3回もむ

1713_jin_massage_11

【2】帯脈に第2関節を強く当て、ぐっと押しこみ、上下に3回もむ

1713_jin_massage_12

【3】わき腹の後ろ、おへその高さに第2関節を強く当て、ぐっと押しこみ、上下に3回もむ

STEP4 STEP3までの老廃物を一度足へ流す

両手の第2関節を使い、脂肪をかき出すようにマッサージを。

1713_jin_massage_13

【1】尾老廃物や脂肪をかき出すように、帯脈から(1)(2)(3)の方向へ、それぞれ、第2関節を強く当てながら押し流す

1713_jin_massage_14

【2】帯脈から恥骨に向かって強く押し流す

1713_jin_massage_15

【3】帯脈から恥骨より少し外側に向かって強く押し流す

1713_jin_massage_16

【4】帯脈から真下に向かって強く押し流す

STEP5を行って、疲れ知らずの体に!】

六本木・寺林治療院院長の寺林陽介さんに、腎のツボを刺激して痩せ体質を実現する「腎マッサージ」を教えてもらった。全5STEPのマッサージの最後はこちら!

STEP5 特に腎臓に効く腎兪と志室をもみ、疲れ知らずの体に

両手の第3関節で腰の筋肉を強めに押す。

1713_jin_massage_17

【1】第3関節で志室を押しながら左右にグリグリともむ

1713_jin_massage_18

【2】第3関節で腎兪の外側を押しながら左右にグリグリともむ

1713_jin_massage_19

【3】第3関節で腎兪を押しながら左右にグリグリともむ

5STEPを終えると、体が温まり、汗や尿が出やすくなるはず。マッサージ後は水やぬるま湯を飲んで、しっかりと水分補給をしておこう。

写真/政川慎治

参考資料/『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム)寺林陽介著、内野勝行監修

※女性セブン2017年3月30日・4月6日号

【関連する記事をチェック!】
ぽっこりお腹も改善!息をするだけでバストアップする「美腹呼吸」
研究で発覚。らっきょうを食べて、腸内に“痩せ菌”を発生!
【ダイエットなんでもQ&A】1日たった3セット!「椅子ランジ」で脂肪をリセット
ぽっこりお腹を改善!【ながらエクサ】でインナーマッスルを強化
女子の“理想の腹筋”と役立つエクサは?【美腹筋チャレンジ】6週目の「腹トレ」報告も

関連キーワード