ボディケア

スリム美人がお風呂で必ずするコトは?【美腹筋チャレンジ】7週目の「腹筋トレ」報告も

スポーツ系の人気インスタグラマーとモデルが、3か月間で“アブクラックス(縦筋)”がある腹筋を作り上げる特別企画【美腹筋チャレンジ】

8回目投稿トップ画像
写真左から、國井美沙妃さん、山下あさみさん、中北成美さん
写真5枚

健康でスリムなボディを保っている女性は、バスタイムを有効に使っているもの。そこで、今回は3名にバスタイムの過ごし方を聞いた。【美腹筋チャレンジ】開始7週目の進捗もご報告。

あなたの考える「美腹筋」を教えて!


* * *

ヨガインストラクターの山下あさみさんのお風呂美容は、むくみ解消が中心。バスタイムには必ずリンパマッサージを行っているとか。

【お風呂美容】リンパマッサージやストレッチでむくみを解消

「まずは手で体を洗いながら、むくんでいる部位を確認。それから、足首から膝裏、股関節という順でマッサージを行っています。老廃物を下から上に流すイメージで、優しくさすりながら流していくのがポイントです」(山下さん、以下「」同)

それでもむくみがとれないときは、入浴後に「足上げストレッチ」を。やり方は、仰向けに寝て、壁にお尻をつけて、両脚を壁に立てかけるだけ。そうすると、下半身にたまった血液や水分を流すことができるそう。

【腹トレ報告】パワースポット・セドナでヨガを体験

先週までロサンゼルスのベニスビーチに滞在していた山下さん、今週はヨセミテ公園、アリゾナ州セドナを訪れた。観光をしながらも、2時間半のトレッキングやヨガなどで体を動かしたそう。

写真は、直観と決断の山といわれる「ベルロック」でのワンシーン。

「岩の上に砂が被っていて、たまに滑ってヒヤヒヤすることも。でも、自慢の筋肉を活用をしっかり活用して(笑い)、ギリギリの場所まで登りました。とてもリフレッシュできましたよ」

世界有数のパワースポットで過ごしたことが契機になったのか、ともに旅行をしていた旦那さんが帰国を決断。3か月の予定を切り上げて、郷里である熊本県に戻ることに。現在は、地道に自宅でのトレーニングを続けながら、職場復帰の予定を検討中とか。

山下あさみ(やました・あさみ)

1490401812760
写真5枚

1989年9月25日生まれ、熊本県出身。整体師からヨガインストラクター、パーソナルトレーナーに転向、「Samy(サミー)」名義で活動。インスタグラムアカウントは、@samyyoga

【太ももを細くするコツを、あの人が伝授!】

暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクターを務める國井美沙妃さんにとって、お風呂はリラックスする時間。好きな音楽を聴いたり、常温の水を飲みながら、のんびり湯船に30分は浸かるという。

【お風呂美容】入浴後の筋膜リリースでほっそり太ももを維持

國井さんにとってもお風呂でのマッサージは必須。むくみ防止と老廃物を流すために、バスト周りと顔、二の腕、お腹、内ももの付け根…と縦に揉んでから、最後にリンパを流すようにマッサージをしているという。

「入浴後のストレッチも毎日の習慣ですね。体が温まっているうちに、しっかり全身の筋肉を伸ばしています。ときには、ストレッチポールを使って、太ももの筋膜リリースをすることもあります。やるとやらないとでは、全然、脚の細さが違うんです」(國井さん、以下「」同)

また、リラックスをするために、入浴後にお香を焚くことも。大好きな海がいっぱいのインテリアも、日々の疲れを癒すのに一役買っているみたい。

【腹トレ報告】ジムでハードにトレーニング!

仕事の合間をぬって、ジムでのトレーニングを続けている國井さん。まずはストレッチとランニングを20分ずつ行ってから、マシンやダンベルを使ってのトレーニング。さらに、筋トレもたっぷり。

「まずは下半身を引き締めるために、『スクワット』と『ブルガリアンスクワット』をそれぞれ20回×3セットずつ。腹筋を鍛えるためには、クランチベンチがオススメですね。私は自宅にも備えているので、ジムに行かない日もやっています。バランスボールを使っての腹筋もキツいけど、効果的ですよ」

自慢の腹筋メニューは、以下。

□ 基礎の腹筋である「クランチ(30回×3セット)」
□ ボールをもっておこなう「シットアップスロー(15回×3セット)」
□ お腹周りを引き締めるバランスポーズの「アブリフト(20回×3セット)」

その後に、ランニングを30分、ストレッチを20分行うのが、國井さんのトレーニング。かなりハードなラインナップだけれど、美腹筋を目指す女子はぜひトライしてみて。

國井美沙妃(くにい・みさき)

1490401792217
写真5枚

1992年11月17日生まれ、神奈川県出身。今、人気の暗闇ボクササイズスタジオ「b-monster(ビーモンスター)」のインストラクター。フリーランスのモデルとしても活躍している。座右の銘は、「運動=自分磨きの時間」。インスタグラムアカウントは、@misaki.kunii

【中北さんが、ボディの引き締め術をご紹介】

ファッションモデル、ランジェリーモデルとして大活躍中の中北成美さんにとって、バスタイムは大事な自分磨きの時間。

【お風呂】熱めの湯船+冷たいシャワーで引き締め

「Savon(サボン)」の「ボディ スクラブ ラベンダーアップル」でマッサージをしたり、「ラッシュ」の「火山マスク」で脚のむくみをとったり、と人気ブランドのアイテムを使いこなしている。

「温度が高めの湯船に30分は浸かってから、必ず冷たいシャワーで体を冷やします。これを繰り返すと、むくみがとれて体が引き締まるんです。また入浴後には、コップ1杯の白湯、保湿とオイルマッサージ、入念なストレッチが、どんなに疲れていてもマストですね」 (中北さん、以下「」同)

保湿とオイルマッサージの必須アイテムは、定番「ジョンソン エンド ジョンソン」のボディローション。「このシリーズはプチプラだからたっぷり使えるし、保湿力も抜群!」と太鼓判。

中北さんは、ラベンダーとカモミールが香る「ドリーミースキン アロマ ローション」(200ml 510円 ※編集部調べ)をリピート愛用していたけれど、最近、気分転換にピーチとアプリコットの「ラスティング モイスチャー スキンケア ローション」(200ml 510円 ※編集部調べ)にトライ。

「フルーティな香りが好きな人にオススメ。でも、個人的にはやはり『ドリーミースキン アロマ ローション』のほうが好みかも(笑い)」

【腹トレ報告】マシン×有酸素運動で効率よく脂肪を燃焼

ジムでは有酸素運動と筋トレを交互に行うことで、脂肪をしっかり燃焼している中北さん。今週は、ボートを漕ぐようにケーブルを引いて戻す「ローイングマシン」に初挑戦した。

「全身に効くのがいい感じ(笑い)。今後は、筋トレ後に15分から20分、『ローイングマシン』を取り入れて行こうかな、と。

でも、なんといっても、お気に入りは階段昇降のように脚を動かす『ステアクライーマー』ですね。脚の引き締めとヒップアップに役立つマシンですが、筋トレの後に使うと腹筋にも効果が感じられるんです」

「ステアクライーマー」は筋トレ前に40分、筋トレ後に30分から60分、と2回使用しているそう。もちろん、ボクシングフィットネスのトレーニングも継続中。着々と理想の美腹筋に近づいているはず!

中北成美(なかきた・なるみ)

1490402473915
写真5枚

1989年10月26日生まれ、滋賀県出身。2009年より東京で読者モデルとして活動をスタート。現在は、複数のファッションブランドのイメージガールやファッションショーの舞台へも活躍の幅を広げている。インスタグラムアカウントは、@nrm10260

誰の腹筋がいちばん? 優勝者を決める投票に参加を!

bifukkin
写真5枚

特別企画「美腹筋チャレンジ」は期間中、毎月1回の読者参加型アンケートで、3人の中からいちばんの“美腹筋”の持ち主を決定するもの。参加方法は特設ページ下部のアンケートフォームで、質問に沿ってクリックしていくだけ。毎週の彼女たちの頑張りをチェックし、ぜひ投票に参加して。

※投票は終了しました。

また、ダイエットやボディメイクに励む女性は、彼女たちのチャレンジを参考にしつつ、ぜひ一緒にチャレンジしてみて。「われこそは!」と思う人は、腹筋チャレンジに励む写真に方法をコメントで付け、「#DIETポストセブン_美腹筋チャレンジ」でインスタグラムに投稿を。夏までに美腹筋を実現しよう!

【これまでの経過】
【WEEK6】女子の“理想の腹筋”と役立つエクサは?
【WEEK5】モチベーションを維持するコツを伝授!
【WEEK4】体型維持に役立つフィットネスウェアは?
【WEEK3】きれいな筋肉を作る食事は?
【WEEK2】スリムの敵、スイーツと付き合うコツは?
【WEEK1】忙し女子にオススメの筋トレを伝授!
【WEEK0】人気インスタグラマー3名が“美腹筋”作りスタート

【関連する記事をチェック!】
ぽっこりお腹を改善!【ながらエクサ】でインナーマッスルを強化
「燃焼系!簡単タオルスクワット」で下半身デブを解消
駆け込みでボディメイク!ヴィクシー・エンジェル4人のエクササイズ方法
体幹を強化して、痩せ体質に!骨盤シェイクダンス「初級・骨盤編」
今、“おっぱい”がブーム!? 深田恭子級の「大人美乳」を作るコツ