趣味・カルチャー

【オバ記者連載38】相撲巡業で気づいた「私は朝稽古しないお相撲さんだった」

当サイトがおくる好評連載『アラ還・オバ記者の悪あがき美容道中』。還暦で、バツイチ独身。オバ記者ことライターの野原広子が、美容・ダイエットに奮闘し、女を磨く日々を綴ります。これまで幾度となくダイエットに挑戦し、そのたびに挫折。婚活は、連敗記録を更新中。

obakisya37_3
写真3枚

「痩せてイイ男と結婚したい!」――そう切実に願うオバ記者に春は訪れるのか? 今回はプライベートで訪れた「相撲巡業」で、“なぜ痩せられないか”にようやく気づいた!?

* * *

「今度こそ、本当に今度こそ、私は痩せられる」

そういうと、「だから何度、言った?」と言う声がこだましており。すっかり狼少年ならぬ、狼おばさんとなって、いやもう、まわりの目の冷たいこと。仕事仲間は「ダイエット? ネタでしょ」「違うよねえ。ギャグでしょ」とまで言うのよ。

まあ、これまでのいきさつを知っている人なら、そりゃそうだ。それは百も承知の上で宣言するけど、今回ばかりは本当に自信があるの。てか、なぜ私がこれまで成果が表れなかったのかも、よくわかったんだわ。

それはともかく、50才過ぎたころから、朝食を食べるのが難しくなったの。人並み以上に丈夫な胃腸だから、よほどの2日酔いでもない限り、目が覚めた瞬間から胃が動き出すの。冷蔵庫にあるものを思い浮かべ、さて、今日は何を作って食べてやるべえと考えるのは若いころと同じだけど、おいしく食べた後がダメ。「ごちそうさま~」とお箸を置いたらもう体が横になりたがるの。で、ほとんど無意識にベッドに這っていき、気がつくと1~2時間、爆睡。この2度寝の気持ちいいことね~。

が、これをし始めたころからよ。体重が右肩上がりになってきたのは。「そりゃそうですよ。ちゃんこ食べたら寝るお相撲さんと同じことしているんですよ」と言ったのは編集О君。これがやけに耳に残っていたんだわ。

高崎の相撲巡業で見たのは…

obakisya37_1
写真3枚

すると先日、知人から「群馬県高崎市へ相撲見物に行きませんか?」とのお誘い。浴衣の前をダラ~ッとはだけて、たらたらと町を歩いている力士は数え切れないほど見たけど、裸にまわしを締めて、土俵で取り組みをする力士は初めて。

本場所じゃない、地方巡業だから、赤ちゃんを抱っこしたり、子供と相撲をして見せたり、観客を楽しませるためにいろんなことをしてくれるの。中でも私がビックリしたのが、今でも地味に続けている「ベターッと開脚」よ。バレリーナ?ってくらいパーン開いた脚の間に、お腹から胸からぺったり。そして四股の見事さ。私も土俵の前で目いっぱい頑張ってマネをしてみたけど、脚の上がり具合から形から、大人と幼児の差だね。

それから、これは素人目でもわかるんだけど、序二段から、関脇、大関、横綱と、位が上がるにつけて姿形がどんどん美しくなるの。ただ体の大きな人でなくて、力士としての美。つまりそれだけ稽古を重ねてきたってことよね。

で、そのとき思ったんだけど、この10年、私がほぼ毎朝してきたことは、“朝稽古をしないお相撲さん”。お相撲さんは、体を大きくするために、朝ちゃんこの後、寝るそうだけど、私はそれだけして、それを消費するほどの稽古(運動)はしない。そりゃあ、太るって。

書店で見つけた次なるダイエット法

obakisya37_2
写真3枚

さらに、人並み以上に丈夫な胃腸を持っているから、食のガマンができない。“糖質制限”とか、“やせおか”とか、そのときは本当に「今度こそ」と一生懸命になるのよ。それで3~5kg減にはなるけど、そこまで! あとが続かない。その理由は、私が根性なしだからと、失敗するたびに反省して、また立ち上がる。その繰り返しだったわけ。

昨日、次なるダイエット法を探して、本屋さんをぶらついていたときのこと。ふと目に留まったのが、『一生太らない魔法の食欲鎮静術』(インプレス)。著者、松尾伊津香さんは、「お腹いっぱいまで食べるのが当たり前だった」と告白し、食べたいものを「我慢すればやせられます!」はウソというの。ではどうするか。

実際、彼女の提唱する方法で定食屋さんで鶏のグリル定食を食べたら、あら不思議。途中、「もういいや」と、いままでなら考えられないところで、何の苦もなく箸を置けたのよ。しかも、食後の体のダメージもなく、体が動く、動く。

そして、食事がよりおいしく感じられるの。舌に自信がある私には、うってつけのダイエット法だったの。続きは次回ね。

【関連する記事をチェック!】
ぽっこりお腹を改善!【ながらエクサ】でインナーマッスルを強化
1日2セット×9日間で脱・お腹ぽっこり!おかもとまりも痩せた「猫のびストレッチ」
自宅でエクササイズやエステ。ダイエット便利グッズ16
【月齢ダイエット】3月28日は「牡羊座の新月」。新しいダイエットにチャレンジ!

オバ記者(野原広子)

1957年、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

【この連載のバックナンバー】
【37】「運動しても太る人と痩せる人」その違いをトレーナーに聞くと…
●【36】歩数計を持つ+毎日体重計に乗る コツコツダイエット実践中
【35】めでたく還暦!「ダイエット&結婚」はどうなったか結果報告
【34】電車で移動中もダイエットグッズで内股を鍛える!

●【33】「痩せたかったら股を広げなさい」を実感
【32】愛用の腹巻きダイエットグッズで「汗が噴き出してきた!」
【31】飲み会の前日に食べる低カロリー「調整食」を紹介
【30】「ベターッと開脚」を4週間実践して「3kg痩せた!」

【29】1日15分歩くだけの「インターバル速歩」を開始 

関連キーワード