トレンド

8月11日は「山の日」!アウトドアでのメイク&ケアを学習

8月11日が今年から、祝日「山の日」に定められたことを知っている? この日は「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という新たな「国民の祝日」なのだそう。

yamanohi_care01

そこで、資生堂ビューティースペシャリストの箕浦静枝さんが、山のアウトドアレジャーを思いっきり楽しむための”スキンケアのポイント”についてアドバイス。箕浦さん自身も登山やキャンプ、ウィンタースポーツなど、年間を通してアウトドア全般を趣味にしているというから、きっと参考になるはず。

* * *

アウトドア前のスキンケアのポイント

夏山シーズン真っ盛りの7〜8月にかけては、紫外線の強さも量も1年のうちでピーク。高度のある山は紫外線が平地よりも強く量も多く、標高が1000m高くなるごとに体に受ける紫外線量が10〜20%もアップするともいわれています。

また、頂上など周囲に紫外線を遮るものがない場所では紫外線をダイレクトに受けやすく、夏でも万年雪が残っている標高が高い山では紫外線の照り返しに注意が必要です。紫外線を多く浴びると疲れやすくなるので、ケガや急な体調変化を予防するためにも、しっかり紫外線対策に取り組みましょう。

【1】事前にたっぷり保湿ケアを
乾燥した肌は紫外線の影響を受けやすいもの。登山の前日もしくは当日の朝に、シート状のマスクを使って肌にたっぷりの潤いを与えて、コンディションを整えておくのがおすすめです。

【2】紫外線防御効果の高い日焼け止めをチョイス
1日中屋外で過ごすのなら、万全の紫外線対策が必須。汗や皮脂に強く、紫外線防御効果の高い日焼け止めを選ぶましょう。商品ごとに決められた正しい使用量をムラなく塗るのもポイントです。

腕や足など面積の広い部位は、手のひらを使ってまんべんなくなじませてください。首の後ろや髪の生え際、耳の裏なども忘れずに。帽子やサングラスなども活用しましょう。

屋外でも浮かず、さりげなく好感度をアップする山メイク

登山やトレッキングでからだが疲れてくると、表情も暗くなりがち。ポイントを絞ったメイクを選ぶと、顔が疲れても、生き生きと健康的に見えます。

【1】ファンデーションは薄く、丁寧に
アウトドアとはいえ、肌を美しく見せたいのが女心。そんなときは肌へのフィット感がよく、肌悩みを自然にカバーしてくれるうっすら肌色のBBタイプの日焼け止めを選ぶと、山でも浮かないナチュラルさに仕上げることができます。

常に紫外線が当たり続ける頬の高い部位には、パウダリーファンデーションの重ねづけをすると安心。ファンデーションを塗るポイントは、とにかく「薄く」「丁寧に」伸ばすこと。厚く塗ると、かえって化粧崩れが目立ちやすくなるので注意しましょう。

【2】上向きまつ毛で目元をくっきり
まつ毛を上向きにカールしておくと、目力がアップして顔全体の印象がはっきりします。透明または黒の、汗や皮脂に強いマスカラを使って、カールをキープしましょう。

【3】アイメイクにはファッションから1色を
ウェアやリュック、靴などから好きな色をひとつ選んで。目もとのアイライナーなどポイント的に取り入れると、さりげなく華やかになります。

【4】チークやリップで顔に血色感をプラス
頬にうっすらチークをのせて肌の血色感をプラスすると、生き生きとした印象に。リップで口元にポイントをおいてもOK。また、唇は乾燥しやすく、日焼けもしやすい部位なので、日やけ止め効果がある色つきリップクリームを選ぶと、紫外線防御効果も高まるし、一石二鳥です。

山での休憩時間にすべきケアって?

こまめな水分補給や休憩は、熱中症対策にもなるので習慣にすると安心。そのタイミングですかさずお手入れを。

【1】日焼け止めは2、3時間毎に塗り直しを
日焼け止めの効果を持続させるためには、朝、出発前に塗るだけでなく、2、3時間おきに塗り直すのがベター。手を汚さないスプレータイプの日焼け止めを用意すると、お手入れが簡単に。休憩時間に汗をぬぐったり、水分を取るタイミングに合わせて塗り直しましょう。

【2】スプレータイプの化粧水を併用して、肌トラブルを防ぐ
汗をたくさんかく夏のアウトドアでは、化粧崩れが気になるもの。しかも長時間屋外で過ごした肌は、見た目以上に汚れています。そのまま長時間、汗やホコリを残しておくと、肌に負担をかけることに。

そこで役立つのが、小サイズのスプレータイプの化粧水。日焼け止めを塗り直す前にこれを多めに顔にスプレーし、汗とホコリをティッシュペーパーでしっかり拭き取りましょう。肌への水分チャージも同時にできます。汗も取れるあぶらとり紙も備えておくと◎。

bihaku_hoshitsu

帰宅後のスキンケアのポイント

保湿や美白で紫外線をたっぷり浴びた肌を集中的にケアしましょう。美白に効果があるといわれる食材を使った食事を摂って、内側からキレイを回復するのもおすすめです。

【1】肌のほてりが落ち着いてから保湿ケアを
1日中紫外線を浴びた肌は、予想以上に潤いが失われています。特に肌が赤くなって炎症を起こしている場合には、まず水などで冷やしてクールダウン。炎症が治まったら肌に水分、油分をしっかり補い、丁寧な保湿ケアを。

化粧水をたっぷりコットンに含ませて肌に貼るコットンマスクやシート状のマスクがおすすめです。乳液のコットンマスクも肌の潤いキープ力と回復に役立ちます。

【2】美白ケアを集中的に!
肌に日焼けが定着するのは72時間といわれています。そのため、美白の集中ケアをすばやく行うのが重要。例えば、美白効果のある化粧水や乳液や、スペシャルケアの美白美容液を追加したり、美白の集中マスクを使ったりしましょう。

そして、お手入れの最後には、ハンドラッピングを。目を閉じて手のひらで肌を包み込みながら、ゆっくりと呼吸して肌になじませてください。 化粧水や美容液の浸透を助けるうえ、リラックス効果も期待できます。

【3】体の内側からも美白を
アウトドアレジャーの後の食事には、シミの予防・回復に効果があるといわれる「ビタミンC」や、肌の新陳代謝を整え、紫外線に対する抵抗力を助けるという「ビタミンA」を含む食材を取り入れましょう。

また、ダメージを受けた肌内部の回復には、「コラーゲン」も効果的。その生成に欠かせない「ビタミンC」を一緒に摂りましょう。食事以外にサプリメントを摂るのも一手です。

【データ】
出典:山ガール必見!アウトドアレジャーを楽しむためのスキンケア 万全な”紫外線対策”と丁寧な”保湿・美白ケア”(株式会社資生堂)
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr614

【関連する記事をチェック!】
専門家に聞く!エイジングを防止する「紫外線&スキンケア」の基礎6つ
日本人の肌をさらなる高みへ!「SHISEIDO」が春の新商品発表会を開催
トレッキングから本格登山まで山歩きの必須グッズを紹介
【心理テスト】あなたを輝かせてくれるアウトドアスポーツ
タオルやボトルetc. ジム通いが楽しくなる便利雑貨