エンタメ・韓流

『愛の不時着』の胸キュン再び!『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』で最強年下男子との恋にハマる

年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンに、『愛の不時着』や「第4次韓流ブーム」という言葉がランクインされるなど今、再び注目を集めている韓国ドラマ。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

コロナ禍の2020年、動画配信サービスNetflixで配信された『愛の不時着』と『梨泰院クラス』は、ステイホームも相まって大ヒット、初めて韓国ドラマを見た人をも虜にしました。

Netflixなどでは、この2作品以外にもさまざまな韓国ドラマが配信されていますが、「『不時着』『梨泰院』で久しぶりに韓国ドラマにハマったけど、次は何を見よう?」と悩んでいる人も多いのでは?

そこで、韓ドラ初・中級者におすすめのドラマを、『女性セブン』で長年、韓国エンタメを追いかけるライター・田名部知子が紹介します!

『愛の不時着』ヒロイン、ソン・イェジン主演の『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』

『愛の不時着』ロスの人におすすめしたいのが、同作でヒロインを演じたソン・イェジンが主演を務める『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』です。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
(C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

『愛の不時着』より前の2019年にリリースされた作品ですが(韓国での放送は2018年3月)、カリスマ性を備え、逆境をたくましく生き抜く強烈なキャラクターのユン・セリを演じたソン・イェジンが、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』では、優柔不断で恋に家族に右往左往する“綺麗だけど普通のお姉さん”を演じている点にぜひ注目していただきたいです。

主題歌は、誰もが聴いたことのある、アメリカのシンガー・ソングライター、レイチェル・ヤマガタが歌う『Something in the Rain』。挿入歌として、メグ・ライアン主演の映画『めぐり逢えたら』でも使われた60年代のヒット曲『Stand By Your Man』も流れるので、作品全体にはスタイリッシュな雰囲気が流れつつ、往年のラブストーリーをも彷彿とさせます。

《あらすじ》

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
(C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

コーヒーメーカーに勤める35歳のユン・ジナ(ソン・イェジン)は、弁護士の彼の浮気が原因で別れたばかり。母親には結婚をせかされ、職場ではセクハラ、パワハラ問題で行き詰まる日々を送っていました。

そこへ幼なじみの親友・ギョンソンの弟で、自分の弟・スンホの親友でもあるソ・ジュニ(チョン・ヘイン)がアメリカ赴任から帰国。2人は7歳の年齢差がありましたが、意気投合しいつしか付き合うように。

幼い頃から家族同様に育ってきた2人の交際を、お互いの家族はなかなか受け入れることができず、2人の間にも微妙な空気が流れ始め…。

【見どころ1】他人の恋愛を覗き見てしているようなリアルな感覚

絶対に普通の人には見えない美男美女の主演2人による“普通の恋愛”演技がうますぎて、「わかるわかる!」「あるある!」と感情移入してしまうのが本作の大きな特徴です。

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
(C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

両思いになって幸せ絶頂の甘甘シーンも、何かが掛け違って2人がすれ違っていく過程もすべての演技が素っぽくてリアル。ロマンチックなシーンではスローモーションを効果的に使い、見る者を幸せの空間へといざないます。

ジュニがジナの肩に手を回せず上空でクルクルさせていたり、飲み込んだ告白の言葉が「明日、ご飯おごって!」というセリフに代わってしまったり。そんな付き合うまでのモタモタも、ずっとモタモタしていてほしいと思えるほど、愛おしいのです。

◆誰もがキュンとするテーブルの下で手を握るシーン

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
(C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

個人的に好きなシーンは(たぶん万人が好きなはず)、お互いの同僚たちと一緒に飲んでいて、テーブルの下でジナがジュニの手を握るところです。それがジナからの決定的な告白となり、その気持ちに応えるようにジュニもジナの手を握り返すところはもう、変態的にリピートしています。

【見どころ2】ソン・イェジン、『愛の不時着』のユン・セリとの違いが楽しい!

ソン・イェジンの魅力のひとつに、目尻を思いきり下げて笑う笑いかたと、目を腫らし鼻を真っ赤にして泣く演技がありますが、そんな点が今回も遺憾なく発揮されています。女優だから当たり前といえばそうなのですが、同じ号泣と笑顔でも、セリとジナは別人にしか見えないのですからさすがです。

◆絶世の美女なのに庶民的

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
悩んで泣いて笑って、素朴で普通の会社員を演じるソン・イェジン (C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

演じるソン・イェジンは今回も間違いなく絶世の美女なのに、本作ではどこか庶民的。“庶民の綺麗なお姉さん”をやらせたらピカ一な点も、彼女の魅力のひとつかもしれません。

【見どころ3】“じわるイケメン”チョン・ヘインは本作で“国民の年下彼氏”に!

ジュニ役のチョン・ヘインもまた、「その辺にいそうなイケメンだけど、絶対にいないタイプの最強年下男子」と言われています。韓国放送時は「こんな年下男子に“ヌナ”(韓国で『お姉さん』という意味)と呼ばれたい!」という声が殺到。チョン・ヘインは、本作で一躍“国民の年下彼氏”になりました。

◆好きで好きでしょうがない表情がリアル

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』場面写真
写真だとイケメン度かがわかりにくいものの、作品を見るとメロメロにされてしまう沼深い魅力のチョン・ヘイン (C)Jcontentree corp. all rights reserved
写真11枚

子犬のような無邪気な笑顔でジナを下からのぞき込んだり、ジナから先に手を握られてうれしかったのに、「ぼくが先に握ろうと思ってたのに」とすねてみせます。大慌てで帰宅してクールにジナに電話をかけながら、付き合い始めたことがうれしすぎてベッドの上でひそかにのたうち回る、ジナが好きで好きでしょうがない表情も本当にリアル。「チョン・ヘインはソン・イェジンが本当に好きだったのでは?」と思わせるような場面も多々あります。

そうかと思うと独特の生々しい色気もあり、彼女を元カレのストーカーから守ろうとするときには殺気すらも感じられ、男気も強い。そんな彼氏って最強じゃないですか? 後半はもろさや弱さもどんどん出てきて、そんな心の機微の演じ分けも秀逸です。

【見どころ4】『愛の不時着』、『梨泰院クラス』のあの人が! サブキャストにも注目

韓国ドラマは、「あの作品のあの人がこんな役で!」という役者の振り幅が、日本のドラマ以上にあるように感じています。

チャン・ソヨン
絶大な存在感のあるチャン・ソヨン (C)アフロ
写真11枚

本作では『愛の不時着』で、北朝鮮の村でセリを温かく見守る現地の主婦を演じたチャン・ソヨンが、ジナの親友かつジュニの姉という重要な役どころで登場。北朝鮮のおっとり主婦が、今回はカフェのオーナーとしてバリバリ働き、母親代わりに弟を育て、ジナの幸せを心から願うしっかり者の役を好演しています。

◆あのヒョニがジナの後輩役に

イ・ジュヨン
キュートないまどきの後輩女子を好演したイ・ジュヨン (C)アフロ
写真11枚

また、ジナを慕い、ジナに恋愛を指南する会社の後輩には、『梨泰院クラス』で中性的なルックスとハスキーボイスが印象的なトランスジェンダーのヒョニ役を演じたイ・ジュヨンが、いまどきの女性を颯爽と演じています。

ぐっと寒くなってきたこの季節、あったかい部屋で本作を見ながら、年齢や夫を忘れ、子犬系のかわいい年下男子との妄想恋愛を楽しむのはいかが? セロトニンがたくさん出てきて、アンチエイジング効果抜群ですよ!

* * *

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』

『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』 DVD-BOXジャケ写
写真11枚

DVD-BOX1~2 各1万5000円(本体)+税、ほかNetflixなどにて配信中。
DVD発売元:アクロス/松竹/ポニーキャニオン/韓流ぴあ 販売元:ポニーキャニオン https://nuna.ponycanyon.co.jp/
(C)Jcontentree corp. all rights reserved

教えてくれたのは:韓国エンタメライター・田名部知子さん

田名部知子
写真11枚

『冬のソナタ』の時代から16年、K-POP、韓国ドラマを追いかけるアラフィフ・オタク記者。『女性セブン』やエンタメ誌を中心に執筆し、取材やプライベートで渡韓回数は100回超え。韓国の食や文化についても発信中。2018年に韓国の名門・梨花女子大学に短期語学留学し、人生2度目の女子大生を経験。twitter.com/t7joshi

●『愛の不時着』ロスなら次は…キム・スヒョンの“骨格美”に溺れる『サイコだけど大丈夫』に嗚咽必至

●『愛の不時着』の胸キュン再び!『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』で最強年下男子との恋にハマる

→他のおすすめ韓国ドラマはコチラ

関連キーワード