フード

チーズを使わないチーズケーキ!?アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ【市橋有里の美レシピ】

クリスマスが近づくこの時期は、クリスマスケーキを筆頭に、シュトーレンやパネトーネ、ショップやカフェのホリデーシーズン限定メニューなどが目白押しで、甘い誘惑が多い季節でもあります。カロリーはもちろん、糖分・油分のとりすぎは美容にも健康にもよくないとわかってはいるけれど、ひたすらガマンするのはあまりにストレスフル!

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」

そこで、「マラソン界のシンデレラ」と呼ばれた最強美人ランナー市橋有里(いちはし・あり)さんに、美容効果の高いヘルシー食材を使って作る、ガマン無用のスイーツレシピを直撃!

カロリーや糖分が気になりつつ、この忙しい師走をスイーツなしで過ごすなんて考えられないライターFが徹底レポートします!

食べてキレイになる“アーモンドチーズケーキ”

――この時期は、街を歩いていてもSNSを眺めていても、駅のサイネージさえもおいしいものにあふれていて、誘惑が多いですよね。

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」

有里:そうですね。今年は何かと行動が制限されがちなので、なおさら食に興味関心が向きやすいというのもあるかもしれません。

――そうなんです。食べたい気持ちを抑えて誘惑に負けないようにするのがつらくて…。

有里:摂生は大切ですが、食べたいのをガマンしてさえいればキレイになれるわけではないですし、食べるものや食べ方を工夫すれば、食べたほうがキレイになれる場合もあります! 今回は、食べてキレイになるヘルシースイーツのレシピをご紹介しますね。

――うれしい! 楽しみです!

《材料》(17cmパウンド型1本分)

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」材料

ヨーグルト…150g (一晩水切りしたもの) アーモンドミルク…150cc ゼラチン…5g 水…大さじ3 砂糖…大さじ3 【A】[ビスケット…10枚ほど バター…30g]

《作り方》

【1】 ザルにキッチンペーパーをしいてヨーグルトを流し入れ、冷蔵庫の中で一晩水切りしておく。

バターとビスケット

【2】 【A】のビスケットをビニール袋に入れて粉々に砕き、バターを加えてよく混ぜ、クッキングシートやラップをしいた型の底にうすく広げる。

アーモンドチーズケーキを作っているところ

【3】 ボウルに【1】の水切りヨーグルトとアーモンドミルク、砂糖を加えてよく混ぜ、ゼラチン(水でふやかし、レンジで30秒ほど加熱して溶かしたもの)も加えてよく混ぜる。

「アーモンドチーズケーキ」を作っているところ

【4】 【2】に【3】を流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。

アーモンドミルクなら低糖質・低カロリーで美容効果も!

――アーモンドミルク、最近だいぶ身近になりましたよね。

アーモンドミルク

写真/アフロ

有里:はい。スーパーやコンビニで手軽に手にはいりますし、ラテを注文する際など、牛乳や豆乳のようにミルクのひとつとして選べるカフェも増えてきて、美容や健康意識の高い人を中心に、選択肢のひとつとして定着しつつありますね。

――牛乳や生クリームを使うところをアーモンドミルクに代えると、やっぱりヘルシーになるのでしょうか?

有里:もちろん! アーモンドミルクは、牛乳だけでなく豆乳と比べても低カロリーで糖質も控えめ。さらに、アボカドの約10倍ともいわれる豊富なビタミンEが含まれていて、アンチエイジング効果が期待できます。

――カロリーや糖質の摂取量を抑えられるだけでなく、栄養面でのメリットもあるのですね。

アーモンドチーズケーキの材料をボウルに入れている

有里:そう。食物繊維もとても豊富なので、腸内環境の改善にも効果的ですし、悪玉コレステロールの値を下げるといわれているオレイン酸や、不足しがちなカルシウムも含まれています。

――すごい! アーモンドミルクって、とても優秀ですね。

有里:その通り。アーモンドミルクに含まれるビタミンEにはアンチエイジングの他に体を温める効果もありますし、腸内環境改善による便秘解消や美肌など、たくさんの美容効果が期待できます。

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」

こんなふうにスイーツの材料にしたり、牛乳の代わりにカフェオレやホットチョコレートにしたりすると取り入れやすいですよ!

――はい! さっそく試してみたいと思います!

水切りヨーグルトで美腸・美肌効果をパワーアップ!?

――このケーキ、アーモンドミルクとヨーグルトっていうヘルシーな組み合わせなのに、まろやかなコクがあっておいしいですね。

ギリシャヨーグルト

写真/アフロ

有里:そうでしょう。まるでクリームチーズのような水切りヨーグルトが、いい仕事をしてくれてるんです。

実は私、現役の頃にヨーロッパ遠征で水切りヨーグルトを食べて以来、普通のヨーグルトではもの足りなくなってしまって。うちの冷蔵庫には、いつも水切り状態のヨーグルトがスタンバイしています。

――さすがですね! 水切りヨーグルトは、普通のヨーグルトと比べてメリットがあったりするのですか?

有里:水切りすることでギュッと凝縮されるので、クリーミーで濃厚な食感と味わいを楽しめます。チーズ感覚でサラダに加えたり、ディップにアレンジしたり、パンに塗ったり、ヨーグルトの楽しみ方の幅が広がりますし、高たんぱくなので、ダイエット中のたんぱく源としてもおすすめです。

――なるほど! 水切り状態で常備しておけば、料理や小腹満たしにも使えて、いつでも手軽に取り入れられますね。

有里:その通り。ヨーグルトには、整腸作用があり、免疫力を高めるはたらきもある乳酸菌や、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養も豊富に含まれていて美肌効果も期待できるので、こまめに摂取したいですね。

「アーモンドチーズケーキ」の材料をボウルに入れて作っているところ

――アーモンドミルクと水切りヨーグルトのスイーツなら罪悪感なく楽しめるし、美容にうれしい効果もいろいろあるのがとても魅力的ですね!

有里:ガマンばかりは体によくないですからね。フィリングをヘルシーにしている分、台にはバターを使って、しっとりと風味豊かに仕上げています。食べ応えもありますし、気持ちも満たしてくれるはず!

――おいしいとヘルシーの両立、最高です! 有里さん、今回もステキなレシピをありがとうございます!

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」

有里:こちらこそ! 香ばしいアーモンドミルクはスイーツの材料にも最適。牛乳が苦手なかたにもおすすめです。

アーモンドミルクが手にはいらないときには、豆乳でも代用できます。ゼラチンを溶かすときの水の分量は、パッケージの指示に従ってくださいね。

ダイエット中など、もっとヘルシーに仕上げたいときには、台は作らず、グラスデザートにアレンジするのも“アリ”だと思います!

チーズを使わない、アーモンドミルクで作るヘルシースイーツ「アーモンドチーズケーキ」

* * *

最近は植物性ミルクの選択肢もだいぶ充実してきました。中でもアーモンドミルクは、アンチエイジングや血行促進、冷え防止などに効果的なビタミンEと、腸活に欠かせない食物繊維が豊富なのが特徴。

スイーツにはもちろん、まずは、いつものコーヒーに合わせている牛乳や豆乳をアーモンドミルクに変えてみるのもおすすめです。

レシピ考案:市橋有里

市橋有里

いちはし・あり。1977年11月22日、徳島県生まれ。アスリートフードマイスター・料理研究家・ランニングアドバイザー。1999年、世界選手権セビリア大会銀メダル獲得。2000年、シドニーオリンピック日本代表。「マラソン界のシンデレラ」とも呼ばれ、現在はランニングアドバイザーとして女性誌でランニングモデルをするほか、料理イベントをするなど、活躍の場を広げている。

●アンチエイジングも!Xmasにもおすすめ時短料理「チキンのザクロソースがけ」【市橋有里の美レシピ】

●寒い季節も体の不調に負けない!揚げないから簡単「からしれんこん巻き」【市橋有里の美レシピ】

●“命の果実”で美肌成分たっぷり!混ぜるだけスイーツ「エナジーキューブ」【市橋有里の美レシピ】

【市橋有里の美レシピ】その他のメニューはコチラ