ペット

飼い主の“ステイホーム”が続くのは犬や猫にはストレス?ペットが出すサインに注意を

ストレスを感じているのはペットも同じかもしれません。ご家庭で犬や猫を飼っている人の不安や疑問を専門家の解説で解消するシリーズ。

飼い主のひざの上にのる子犬

Ph/Getty Images

今回は、コロナ禍によって大きく変わった飼い主さんのライフスタイルが愛犬や愛猫にどのような影響を与えるのか、探っていきます。飼い主さんはどのようなことに配慮すればいいのでしょうか。

飼い主さんが在宅がちになると犬や猫は…

人気アニメ映画の『ペット』シリーズの第2作が公開されたのは2019年夏のことでした。飼い主が出かけている間に、小型犬のマックスらペットたちはリラックスしたり仲間と交流したり、あまつさえ冒険までしてしまうという明るくコミカルなストーリーが幅広い層に支持されました。しかし、飼い主が出かけなくなった世界では、マックスも勝手が違ってくるかもしれません。

リモートする飼い主の横に座る犬

Ph/Getty Images

新型コロナウイルス感染症の流行で、私たちの生活様式は一変しました。特に、リモートワーク(在宅勤務)や外出自粛のため、自宅で過ごす時間が増えています。これまで日中は出かけていた飼い主さんが家にとどまるようになると、ペットはどう感じるのでしょうか。獣医師の山本昌彦さんに聞いてみました。

◆犬よりも猫のほうがストレス?

「感じ方には個体差があるので、あくまで傾向の話になりますが、犬の場合は飼い主さんと一緒にいられる時間が増えてうれしいと感じる子が多いと思います。生活の満足度が上がって、体にもどちらかといえば好影響がありそうです。犬に比べると、猫は一般に単独行動を好むので、飼い主さんがずっと家にいる生活を、少し気づまりに感じる子もいるかもしれません」(山本さん・以下同)

「いるなら構ってよ」と新たな不満も

とはいえ、猫もパソコンのキーボードの上に寝転がって、盛んに飼い主さんと遊びたそうなそぶりを見せることがありますよね。一方で、犬のほうも満足とばかりはいかないようで、散歩に行ったあとでも、窓から外を見つめたり、訴えるような鳴き方をしたりして散歩の“おかわり”を要求する子も。「そこにいるのに構ってくれない!」という新たな不満を募らせることもあるようです。

飼い主の上にのる犬

Ph/Getty Images

◆生活のリズムが崩れるケース

また、心情的には飼い主さんと一緒にいられるのを喜んでいても、肉体的には負担がかかる可能性もあります。

「人間の子供と一緒で、犬や猫も普段と違うことがあると、それが楽しいことでも気持ちがたかぶって寝付けなかったりします。飼い主さんがそばにいることで、いつもなら昼寝をしている時間でも起きっぱなしになったりして、生活のリズムが変わる子もいますね」

ストレスはさまざまな病気の原因に

ペットたちは、人間以上にストレスが体の調子にダイレクトに響くのだといいます。

「下痢や嘔吐をしたり、皮膚病を引き起こしたりします。ストレスでずっと手(前脚)を舐めていて、そこがはげてしまった子も診たことがあります。猫の場合はストレスから特発性膀胱炎になることも。細菌や結石など、一般的な膀胱炎の原因がないのに頻尿、血尿になることがあるんです。この他、ストレスは免疫システムに影響を及ぼすので、その結果、さまざまな病気のリスクが高まります」

あくびする子犬

Ph/Getty Images

そうなる前に、ストレスを察知して対処したいですね。犬や猫は、イライラしたときに決まったしぐさをする子も多いので、そのサインを知っておくといいでしょう。

◆犬はあくびが増えるとストレスのサイン

「犬の場合は、あくびが増えます。眠くないはずの時間帯にあくびが多いようなときはストレスのサインといえるかもしれません。後ろ足で首のあたりをかいたりするのも、嫌な気分を表すしぐさです」

さらに強いストレスにさらされると耳を後ろに倒したり、うなったり、という行動に。ただ、さすがに飼い主さんが家に長くいるという理由でそこまでの行動を取る犬はいないと思いたいところです。

猫

Ph/Getty Images

「猫は一心不乱にグルーミングをし続けたりしますね。しっぽを振って床をパンパンと叩いて苛立ちを表現することもあります。さらに本格的に怒り出すと、毛を逆立ててフーッと言う。これはよく知られていますよね。ただし、飼い主さんのステイホームが原因で、そんな行動に出る猫はきわめてまれなはずです」

人間とのかかわりの歴史が長い犬や猫は、野生動物などに比べると感情表現がかなり豊かです。普段と様子の違うところがあれば、ストレスの原因を探って取り除いてあげたいですね。

通勤ライフに戻る際には段階を踏んで

ストレス以外にも、ステイホーム生活におけるペットとの接し方で注意すべきことがあります。ご自身も猫を飼っている山本さんは「おやつのあげすぎに注意!」と。

子犬たち

Ph/Getty Images

◆おやつのあげすぎにも注意

「これはきわめて個人的な意見ですが、家にいて愛犬や愛猫が甘えてくると、かわいいのでついつい、おやつをあげてしまったりします。犬や猫は自分で食べる量を調節しないので、おやつをもらったらもらっただけ食べます。肥満につながるので、私たち人間のほうで気を付けましょう」

そして、再び生活スタイルが変わる時期には、「なるべく段階を踏んでください」とアドバイスを。

「今後また週に5日、オフィスで仕事をするような生活に戻る場合、急に留守がちになるとペットは不安になると思うので、在宅ワーク期間中から、何時から何時までは一緒にいないようにする(家の中でも離れている)など、工夫をして慣らしてあげるといいですね」

教えてくれたのは:獣医師・山本昌彦さん

獣医師・山本昌彦さん

獣医師。アニコム先進医療研究所(本社・東京都新宿区)病院運営部長。東京農工大学獣医学科卒業(獣医内科学研究室)。動物病院、アクサ損害保険勤務を経て、現職へ従事。https://www.anicom-sompo.co.jp/

取材・文/赤坂麻実

●犬や猫の花粉症|柴犬やシーザーはリスク高い?散歩やシャンプーなどの対策法

●犬や猫の新型コロナ事情|ペットも感染する?自分が感染した際、預ける時の注意点

関連キーワード