韓流 ・ エンタメ

【美痩せ習慣】イヴァンカ・トランプ 3児の母ながら現役モデル並のスリムなスタイルを保つ秘訣って?

ドナルド・トランプ米国次期大統領の長女であるイヴァンカ・トランプ(35歳)は、ペンシルベニア大学を卒業した才女でビジネスウーマン。

Lightening the mood in advance of our speeches tonight. #RNC #RNCinCLE #2016Cle

A photo posted by Ivanka Trump (@ivankatrump) on

父親の会社である「トランプ・オーガニゼーション」の副社長を務めつつ、自身の名前を冠したアパレルブランドも立ち上げている。

35歳のイヴァンカは、3人の子供の母親でもある。不動産開発会社クシュナー・カンパニーズの跡取りで、「ニューヨーク・オブザーバー(the New York Observer)」のオーナーの夫、ジャレッド・クッシュナー(Jared Kushner)との間に、アラベラ、ジョセフ、セオドアを産んでいる。

🐥🐥🐣

A photo posted by Ivanka Trump (@ivankatrump) on

子育てをしながら、父親を大統領選に専念させるために兄弟とともにトランプ・オーガニゼーションの仕事を引き受けている彼女は、「今の私の生活はカオスだわ。90%の時間は疲れ果てているし」ともらしている。

しかし、そう言いながらもかつてはファッションモデルとしても活躍した美貌を今もしっかりと保っている。

ドナルド・トランプを長年、攻撃し続けてきた女性コメディアンのロージー・オドネル(Rosie O’Donnell)ですら、イヴァンカとばったりレストランで遭遇して、「今まで出会った中でもっとも美しい女性」と、彼女について最近、Twitterにつぶやいたとか。

そこで、30代に入っても現役モデルばりのスタイルを維持する秘訣を、彼女自身のインスタグラムとインタビュー記事から読み解いて、ご紹介。

【毎朝欠かさないイヴァンカの習慣って?】

WORKOUT:毎朝エクササイズを欠かさない

イヴァンカは、「毎朝5時に起床して、3人の子供たちが起きる7時までにシャワーを浴びて、エクササイズを済ませるの。エクササイズは精神をクリアにしてくれるわ」と米・People誌に語っている。

Quick workout in before the #weekend. #FitnessFriday @nyfitness_petermonge

A video posted by Ivanka Trump (@ivankatrump) on

以前、イヴァンカはパーソナルトレーナーのロンダ・マーキン(Rhonda Malkin)が生み出したダンスやピラティス、ヨガを組み合せたフュージョン・ワークアウトを週に1、2回行っていた。今はトレーナーのピーター・モンジュ(Peter Monge)が組み立てたワークアウトをやっているのだとか。

さらに、ビジネスや育児のストレスを軽減したり、仕事の生産性を上げたりするために、毎朝20分、瞑想も行っているそう。

また土曜日の朝には、夫のジャレッドとランニングもしているという。走るようになったきっかけは、自身が手がけるアパレルブランドのチームとともに、2015年にニューヨークのセントラルパークで開かれたハーフマラソンに出場したこと。

「レース前には週に1回、ジムでトレーナーとエクササイズを行っていたわ。元オリンピック選手のジョン・ヘンウッド(John Henwood)をランニングコーチに迎え、走るための体作りにも励んだの」

これまでヨガやテニス、ゴルフを楽しんでいたイヴァンカだけれど、それまで自身をランニングをするタイプとみなしたことはなかったそう。

「0.5マイルも走ったことがなかったのよ。でも、チームのみんなと走るのはとっても楽しかったし、トレーニングの結果を実感できたのもすばらしかった。ジャレッドと子供たちがレースを見守ってくれていたのが、走り切るモチベーションを維持するのを助けてくれたわ」

【ヘルシーな体を作る食生活のポイントは?】

FOOD:低糖質で野菜たっぷりの食事

20代の頃は食べたい放題だったというイヴァンカだけれど、第一子のアラベラを妊娠してからは、食事に気をつかうようになったと話している。

There are few things better than spending a hot summer evening in the garden with these next gen green thumbs!

A photo posted by Ivanka Trump (@ivankatrump) on

普段の食事では、ジャンクフードなどは避け、栄養たっぷりで低糖質な食事を心掛けているというイヴァンカは、卵や鶏肉、サーモンなどの良質のたんぱく質を摂ることができる料理をよく作っているとか。

また、ニュージャージーの自家菜園で子供たちと畑で野菜を収穫している様子を、自身のインスタグラムに度々、投稿している。

Ideas for #mealplanning that will make the week fly by. (Link in profile.) @maria_marlowe #MealPrep

A photo posted by Ivanka Trump (@ivankatrump) on

ヘルシーな食生活を目指すイヴァンカは、専門家やフード雑誌の料理レシピをしっかりと食卓に取り入れている模様。

例えば、トランプ家の“朝ごはんの定番”である、亜麻仁(フレックスシード)やチアシード、ベリーやナッツなどを加えたオートミールは、フードブロガー「Lovery Little Kithen」のレシピをアレンジしたもののよう。「子供たちにオートミールを食べさせるためには、なんでもトッピングするわ(笑い)」とイヴァンカは話している。