フード

【美と健康で選ぶコンビニ飯】緑黄色野菜たっぷりのレトルトカレーなど料理家おすすめの6品

外出自粛が続いていて、あまり遠出の買い物はしづらい現状のなか、身近なコンビニは便利な存在。しかもコンビニは話題の商品やトレンドを取り入れた商品が充実しています。そこで、食のプロにおすすめのコンビニフードを教えてもらいました。

ジャパン・ファームプロダクツの無添加・無糖クメールマンゴー 20gとローソンのマヌカハニーアーモンドとセブンイレブンの冷凍ブルーベリーとチャヤ マクロビオティックス 野菜カレー 8つの野菜で旨みぎっしり 200gとSABAR × 内野家 国産真鯖使用 サラダサバブラックペッパー&ガーリックとJUST WATER(ジャストウォーター)

裏のラベルをチェックし保存料や添加物がはいってないものを

普段は、外出時の水分補給や小腹サポートにコンビニ利用することがほとんどだという料理家のうーらさん。スーパーでは手にはいりにくい最新の健康食材を取り扱っていることもあるため、そういったトレンド食品を購入し、新作料理を考案したりもすると言います。

さらに、利用するコンビニは、ナチュラルローソンが多めで、食品添加物不使用の商品や、SDGs(「Sustainable Development Goals〈持続可能な開発目標〉」の略称)の観点から見て、地球環境に優しい商品などを多く取り扱っているので、定期的にチェックするのだとか。情報を得る意味でも常に注目しているそうです。

●食物繊維が豊富なバナナを毎朝食べる

「コンビニでおやつを買うなら無塩のナッツやカカオ含有率70%以上の高カカオチョコレートおすすめです。ナッツは脂質が気になる人も多いと思いますが、体によい不飽和脂肪酸が豊富で、食べすぎない限り大丈夫。満腹感も得やすいので、ジッパー付きを選んでバッグに忍ばせておくと便利。チョコレートの原料であるカカオは強い抗酸化作用を持つポリフェノールの塊。体や肌をサビさせると言われる活性酸素の害から守ってくれると言われています。

他にも最近は添加物や保存料が使われていないものも多く見かけるので、体に優しい商品を選びやすいと思います。食物繊維の豊富なバナナは毎朝必ず食べますが、スーパーが遠いので買い忘れたときはコンビニで購入します。コンビニ利用時は裏のラベルを必ずチェックし、保存料や添加物がはいっていないものを選ぶ、原材料はシンプルであればあるほど購入意欲がわきます」(うーらさん・以下同)

『マヌカハニーアーモンド 35g』(ローソン)

カリッとしたアーモンドをマヌカハニーでコーティングし、はちみつの風味とほのかな甘さを活生かした商品。1袋35gあたり214kcal。糖質は5.4g、食物繊維は3.7g含まれる。

ローソンのマニカハニーアーモンド

『マヌカハニーアーモンド 35g』(ローソン)193円(税抜)

●意外とたんぱく質もチャージできるナッツ菓子

「コーティング系のナッツでは珍しい無添加。毎日とりたいアーモンドに、砂糖、水あめ、マヌカハニー、ロレーヌ岩塩で上品な味付けになっています。マヌカハニーのまろやかな甘さとコクで満足感も高く、ジッパー付きの袋なので持ち歩きにも便利。1袋でたんぱく質6.0gも摂取できる点もうれしいですね」

詳しくはこちら

『無添加・無糖クメールマンゴー 20g』(ジャパン・ファームプロダクツ)

カンボジアの代表品種であるマンゴーの、フルーティな香りと強い甘さを兼ね備え、果肉感のある噛み応えのケオロミート種を100%使用。風味をそのままドライフルーツにして届けるために、じっくりと低温長時間で乾燥させている。このドライフルーツを1点購入するたびにカンボジアの子供たちの1分間の授業に貢献できる「1MINUTE1PRODUCT」プロジェクトを、CIESFの「国境なき医師団」と連携し、新たな取り組みとして開始。

ジャパン・ファームプロダクツの無添加・無糖クメールマンゴー 20g

『無添加・無糖クメールマンゴー 20g』(ジャパン・ファームプロダクツ)230円(税抜・編集部調べ)

●漂白剤不使用がポイント!

「一般的なドライフルーツには漂白剤が使用されているが、こちらは着色料も漂白剤も不使用。その上砂糖もはいっておらず、マンゴーそのままの味わいを楽しめる、よりナチュラルな商品。ヨーグルトに一晩浸けて戻すとしっとりと柔らかくなり一味違ったおいしさに」

詳しくはこちら

『チャヤ マクロビオティックス 野菜カレー 8つの野菜で旨みぎっしり 200g』(チャヤ マクロビオティックス)

香辛料の辛さと野菜のうま味のバランスがよい、コク深いスパイシーな野菜カレー。肉、卵、乳製品、白砂糖、化学調味料、保存料、遺伝子組換えの原料は不使用。1袋200gあたり148kcal。たんぱく質は3.4g含まれる。

チャヤ マクロビオティックス 野菜カレー 8つの野菜で旨みぎっしり 200g

『チャヤ マクロビオティックス 野菜カレー 8つの野菜で旨みぎっしり 200g』(チャヤ マクロビオティックス)520円(税抜・編集部調べ)

●ヴィーガン対応のコクうまカレー

「具材のみならずだしまで動物性素材不使用というヴィーガン対応のレトルトカレー。野菜がたっぷり摂取できて体に優しいのに、味はスパイシーでしっかりとコクがありおいしく、ヴィーガン仕様であることを忘れるほどの満足感。カロリーは一般的なレトルトカレーの2/3以下でありながら、普段の食事では摂取しづらい緑黄色野菜たっぷりなのもうれしいポイント。コンビニでヴィーガン対応のレトルトカレーが買える時代になったんだと最初見たときは感動しました」

詳しくはこちら

『SABAR × 内野家 国産真鯖使用 サラダサバブラックペッパー&ガーリック』(内野家)

鯖料理専門店「SABAR」と、お総菜の老舗「内野家」とのコラボ商品。常温保存OK、DHA・EPA含有、食品添加物不使用。サラダチキン感覚で、手軽にさばを食べられる1品。1食分60gあたり203kcal。たんぱく質は13.3g、脂質は16.2g、糖質は0.8g含まれる。

内野家のSABAR × 内野家 国産真鯖使用 サラダサバブラックペッパー&ガーリック

『SABAR × 内野家 国産真鯖使用 サラダサバブラックペッパー&ガーリック』(内野家)278円(税抜・編集部調べ)

●無添加で正真正銘のヘルシーフード

「国産の真鯖使用で、化学調味料・添加物不使用なのに常温保存OK。老舗の総菜屋さんだからこその素材のうま味を生かした商品。容量は少ないですが、むしろこの量でたんぱく質が13.3g摂れるのがうれしい。脳の機能を活性化させると言われるDHAや血液をサラサラにする働きがあると言われるEPAも豊富なので、体作りをしたい人はもちろん、仕事中の昼食にもおすすめ。普段の食事にも追加しやすく、サラダのトッピングによく利用しています」

詳しくはこちら

『7プレミアム ブルーベリー』(セブン-イレブン)

大粒サイズの冷凍ブルーベリー。1袋130gあたり81kcal。たんぱく質は0.8g、脂質は0.1g、糖質は18.9g、食物繊維は2.6g含まれる。

セブンイレブンの冷凍ブルーベリー

『7プレミアム ブルーベリー』(セブン-イレブン)188円(税抜)

●美容ポイント高めの冷凍ブルーベリー

「フルーツの中でも低カロリーでありながら栄養豊富で抗酸化物質が豊富なことで知られるブルーベリー。美容面ではビタミンやアントシアニンが取り上げられることが多いと思いますが、実は食物繊維も豊富でバナナ以上とも言われています。ベリー類は冷凍することで皮の細胞が壊れ、栄養の吸収率がアップされるとも言われているのも美容面、ダイエット面から見ても好条件。そのまま食べることはもちろん、ミキサーなどで攪拌してシャーベットやスムージーにすると日々の食事に取り入れやすくおすすめです」

詳しくはこちら

『JUST WATER(ジャストウォーター)』(JUST Goods, Inc.)

俳優でありミュージシャンでもあるジェイデン・スミスと、彼の父である俳優ウィル・スミスによって、マイクロプラスチックがもたらす環境破壊問題に配慮した商品として開発された紙パックウォーター。一般的に用いられていたプラスチック素材の容器を使わず、容器の約8割が植物由来でできた紙容器と、サトウキビ由来の素材を9割以上配合したバイオマスプラスチックで作られたボトルキャップを使用。紙容器にはバリア性の高い加工を施し、18カ月もの長期間の保存を実現。中身は、日本人も飲みやすい中硬水の100%湧水ミネラルウォーターとなっている。

JUST Goods, Inc.のJUST WATER(ジャストウォーター)

『JUST WATER(ジャストウォーター)』(JUST Goods, Inc.)140円(税抜・編集部調べ)

●環境への優しさが詰まった紙パックウォーター

「再生可能資源の紙を主原料としたナチュラルウォーター。地球環境に配慮した素材でありつつ、持ち運び可能なところがいいですね。健康の観点からミネラルウォーターが当たり前になった今、その先を見据えた環境に配慮したナチュラルウォーターであることを知り、購入するようになりました。個人ができるところから環境問題に貢献できるすばらしい商品」

詳しくはこちら

料理家:うーらさん

料理家のうーらさん

2007年にオーガニック野菜を中心としたレシピを掲載したブログ『うーらのオーガニックレシピ手帖』を開設し、“ラクしておいしく!”をモットーにした野菜中心のレシピを提案。2008年ブログと同名の初の書籍を出版し、枠にとらわれないユニークな発想から生まれる料理が反響を呼ぶ。著書は全9冊、そのうち2冊は海外でも出版となる。料理家としてレシピ本の執筆やテレビ出演、雑誌へのレシピ寄稿などの活動を行う傍ら、本業であるデザイナーとしても食の業界に携わり、6次化商品の開発、企画、WEB・グラフィックデザインに至るまで幅広いサポート実績を持つ。

Instagram:https://www.instagram.com/oola55/
Twitter:https://twitter.com/oola55
ブログ:https://ameblo.jp/oola/

撮影・取材・文/竹腰奈生

●【美と健康で選ぶコンビニ飯】食事からドリンク・お菓子まで「ギルティフリー」で楽しむ6品

●【美と健康で選ぶコンビニ飯】自粛疲れなら…ヘルシーでおいしいコンビニ総菜でパパっとテーブルに

●【美と健康で選ぶコンビニ飯】おうち時間をヘルシーに乗り切る!ギルティフリーおやつなど6品

【美と健康で選ぶコンビニ飯】を読みたい方はこちら