家事・ライフ

片付け上手になればお金が貯まる!? 片付けのプロが実践するスーパーでの買い物術

なかなか重い腰が上がらない、自宅の片付け。でも、「片付け上手になると資産が増える」と聞けば、モチベーションが上がってきませんか?

『片付けは減らすが9割』(ぱる出版)の著書があり、“ゆるミニマリスト”として人気のブロガー・阪口ゆうこさんが、「片付けと資産UPの関係性」について、こう教えてくれました。

貯蓄も片付けも「IN」と「OUT」のバランスが命

「世の中には、『モノが多い=貧乏になりがち』、『モノが少ない=裕福な傾向にある』という考えもありますね。モノをたくさん買うと出費がかさみ、部屋がモノであふれるとモノが迷子になり余計にモノを買う。そしてさらにお金が飛んでいく…という悪循環になるケースがありますから。

ただ、私の考えでは、『片付け上手になると資産が増える』という視点では、あながち間違っているとも言えません。というのは、貯蓄はIN(収入)とOUT(支出)のバランスが重要だという点で、片付けと似ているからです」(阪口さん・以下同)

◆片付けられるようになると、お金の収支の管理も上手に

阪口さんは、片付けと貯蓄は「減らす」、「配置する」、「継続する」という段階を踏んでいくプロセスも同じだと考えます。

通帳とカードを手に持っている女性の手元
Ph/Getty Images
写真3枚

「まず、今の状況(収支)を把握して、不要なもの(支出)を排除する。必要なものを厳選したら、片付けの場合は、出し戻しがしやすくてそれを使う場所に配置する。そして、整った状態をキープする。お金の場合、必要なモノだけに使う。お金の使い方もそのように意識し、習慣化することを考えると、プロセスはよく似ていますよね?」

また、片付けられるようになると、得てしてモノの管理も上手になっていきます。管理能力がつくと、収支の管理も上手になり、お金が貯まる――という好循環が生まれると阪口さんは言います。

お金が貯まるスーパーでの買い物術

実際、阪口さんは、片付けられるようになってから、少しずつ貯金ができるようになったと話します。必要なものを厳選し、同時に不要なものを買わなくなり、支出が減ったからです。さらに掘り下げて聞いてみると、こんな工夫が見えてきました。

物がいっぱい入ったカートが置いてあるスーパー
Ph/Getty Images
写真3枚

◆買い物に行く日を週半分以下にして、買う量を管理

「定期的な買い物の回数を『週に〇回』と週の半分以下に決めて、その日以外はお金を1円も使わない『無買デー』にしました。それまではコンビニやスーパーなどで毎日のように何かを買うのが当たり前。

しかも、スーパーに行くと、ネギと卵だけ買いに来たはずが、SNSやテレビCMで話題のお菓子などを『ついで買い』してしまい、300円程度で済むはずだったのが、その5倍を支払っていたことも。ところが、週の半分はお金を使わないようになると、不思議とお金が貯まります。いかに無駄遣いしていたか、痛感しました(笑い)」

その無駄遣いの中には、安モノ買いやストック買いも含まれていたそうです。

「以前は『安いから』『足りなくなったら困るから』と必要以上にモノを買っては、残したり食べすぎたり、果ては余らせたりしていました。また、ストックしていると、『まだストックがあるから』と、どんどん消費していたように思います。

今では、次の買い物までに使うもの、必要なものだけ買い、大事に使うようになりました。その結果、支出がだいぶ減りました」

◆予定外の買い物を防ぐ、スーパーの歩き方

今では、スーパーに行くときは「早く帰りたい状況を作る」ようにして、予定外の無駄遣いを防ぐようにしているとのこと。

スーパーの野菜売り場で商品を選んでいる女性
Ph/Getty Images
写真3枚

「スーパーに入ったら、カートは使わず、時間が経つと品質が落ちてしまいそうな冷凍食品や、重たいビール6缶ケースなどを先にカゴに入れ、生鮮食品などを選んでいきます。重いし、人にぶつからないように歩きながら選ぶのはストレスがかかります。そうすると、ダラダラとお菓子コーナーを物色する時間も激減し、無駄遣いも減っていきました」

不要なものを排除し、整えて管理すること。この考えをしっかり持ち、実行に移し、習慣化できるようになれば、家計も空間も整うはずです。

部屋のスリム化、資産UPにつながる片付け方法は、阪口さんの著書『片付けは減らすが9割』(ぱる出版)で紹介されています。片付けが苦手なかたは、参考にしてみましょう。

教えてくれたのは:整えアドバイザー・阪口ゆうこさん

1981年生まれ。月間平均250万PV超の片付けブログ『HOMEbyREFRESHERS』 管理人、整えアドバイザー。もとはズボラ体質で「片付けられない人生」を歩んできましたが、トライ&エラーを繰り返した結果、自身の「ものの適正量」と「本当に必要なもの」を把握。片付けの労力と時間を劇的に減らすことに成功しています。その秘訣を綴ったブログは、日本ブログ村のランキングでは「総合1位」の常連に。https://sakaguchiyuko.blog.jp

●自己紹介で過去のことを話す人は「片付けられない人」、その理由とは?

●「まだ着られる」と「まだ着る」は違う。無駄な服を増やさない4つの買い物ルール

関連キーワード