ファッション

今旬の“透けブルゾン”コーデ3選|ユニクロなら50代でも品よくキマる【R50のファストファッション】

暖かくなってきたものの、肌寒さも残る春を乗り切るにはアウターが欠かせません。春は、薄軽素材&ニュアンスカラーのアウターが狙い目。巷ではシアー素材、いわゆる“透け”アイテムがトレンドとなっていますが、 R50女性に“透け”はハードル高め。そこで、ファッション担当の編集Nがファストファッションの代表格、ユニクロで話題の透けアウターをピックアップしました。

“透け”がエロにならない絶妙ラインを守れば清涼感をGET

“透け”をまとうのには抵抗があるというR50女性も多いはず。そこで、見つけたのがインスタで40~50代の女性から「ブラウスだと恥ずかしくて着られないけど、アウターならシアーに挑戦できる!」と絶賛されているユニクロのシアーブルゾン。袖のふんわり感が大人可愛いシルエットで体型カバーも完璧だとか。

ユニクロのシアーコクーンブルゾンが床に置かれている

◆ドロップショルダー×裾のヘム仕様で体型カバー力とトレンド感が満載!

ユニクロをのぞいてみて、見つけたのが、このアウター。商品名は『シアーコクーンブルゾン』。価格は2990円(税込)。アウターでこの価格はファストファッションならでは。

ユニクロのシアーコクーンブルゾンのタグの部分

いやらしくならないほどよい透け感なので、上品シアーが成り立ちます。ブラウスだとインナーもタンクトップやキャミソールなど面積の少ないものを選ばなければいけませんが、アウターなので、インナーに長袖や半袖を合わせても違和感なしというのも安心ポイント。全体のシルエットがふんわりだから、ロングアウターでなくてもほどよくウエスト周りをカバーできます。

風に揺れるシルエットが心地よく、光を通すほど薄い柔らかな印象のシアーブルゾンは、ドロップショルダーの女らしい曲線で“華奢見せ”も狙えます。さらに前よりも後ろが少し長めになっている裾ヘム仕様なので、さりげなくウエスト周りをカモフラージュしてくれるのもうれしいポイント。ショート丈なのでパンツともスカートとも相性がよく、ボトム選びもコーディネートの幅も広め。とにかく軽いので、日中暑くなって脱いでも荷物が重くなりません。

落ち着きと華やかさを両立したライトグリーンが今年顔

ユニクロのシアーコクーンブルゾンが床に置かれているの商品詳細のウェブページ

Ph/「UNIQLO」公式HPより

このブルゾンは4色展開。どうしても安全パイの落ち着いたネイビーを選びたくなりますが、濃い色だけにせっかくの透け感は薄れてしまいます。ここは、春らしく軽やかな印象にしたいので、ライトグリーンに。他に、オフホワイトとピンクがありますが、このブルゾン自体がフェミニンなシルエットなので、ピンクを選ぶと可愛いさアピールが強くなってしまう危険が。ホワイトも着回しが聞きそうですが、アウターを主役にしたいので、流行のくすみカラーでもライトグリーンが一押しです。

【おすすめコーデ1】インナーとボトムをワントーンでそろえれば細見えIラインに

ユニクロのシアーコクーンブルゾンに白のインナーと白のデニムパンツが合わせて床に置かれている

着痩せもあか抜けのカギ。このブルゾンは丈が短めなので、脚長効果も絶大です。明るめのライトグリーンをチョイスすることで、ぐっと今年らしい軽やかなムードに変化します。インナーにも顔映えのいい白を忍ばせ、ボトムも白でそろえてブルゾンの前をオープンにすれば、インナーの白とパンツの白がつながってIラインが成立。一気に細見え効果を発揮します。さらに手持ちの白のストールなどを立体的に巻いて重心をアップすれば、スタイルアップして着こなせるので、まだ肌寒さを感じる春先はストールも即戦力になります。

【おすすめコーデ2】きちんと感漂うノーカラーを活かしてデニムを上品化

ユニクロのシアーコクーンブルゾンに白のインナーとデニムパンツと一緒に床に置かれている

ノーカラー(襟なし)であることで、顔周りがすっきりし、さらには首周りも曲線なので女性らしい印象になります。ふんわりシルエットやドロップショルダーなどフェミニン要素が満載のアウターなので、カジュアルなデニムを合わせても“きれいめ”に寄せられます。デニムはできるだけタイトなものを選んで、トップスのふんわり感に重心を置くようにしましょう。さらに、袖をたくし上げれば素肌がちらりとのぞき、いっそう軽やかな雰囲気をまとえ、こなれ感も倍増。デニムを合わせたら、靴はシンプルなパンプスなどを合わせ、バッグも小ぶりなものを選ぶことで上品度がアップします。

【おすすめコーデ3】気になるラインをまるっと隠せるラクちんワンピを洗練スタイルに昇華

ユニクロのシアーコクーンブルゾンがワンピースとビーズかごバッグと一緒に床に置かれている

スカート派には、タイトなロングスカートもおすすめ。逆にボトムもふんわりフレアなスカートを合わせると、上も下もふんわりで、ぽっちゃりして見えてしまう危険があるのでご注意を。そして、ラクちんでおしゃれ度も上がるのがワンピーススタイル。リブの効いた長めの丈のワンピースを合わせれば、二の腕やウエスト周りはブルゾンの“ふんわり”シルエットのおかげでカバーでき、着ている本人もウエストの締めつけ感がなくラクちん。靴やバッグを小ぶりなものやきれいめでそろえれば、見た目のラクちん感はまったくバレません。

さらにこのブルゾンは、裾や襟元などのギャザー仕様のおかげで、多少のシワは目立ちません。暑いときに脱いで数時間折りたたんでいてもさほどシワにならないので、とっても実用的。お出かけのお供に最適ですね。

→『シアーコクーンブルゾン』について詳しくはコチラ(ユニクロ公式)

※掲載商品は、取材当時の情報で、価格や在庫状況など、異なる場合がございます。

●コーデ提案の無料アプリ4選|スナップ900万点やクローゼット再現でお助けに!

●ユニクロで手抜き感ゼロ!“大人スウェットパーカ”の着こなし術【R50のファストファッション】