人間関係

脱ぎっぱなしが当たり前のだらしない夫を改善する方法とは?『夫のトリセツ』著者が解説

何度言っても、脱いだものを洗濯機に入れない、出したものは片付けない夫…イライラしている女性も多いかもしれません。

夫にイライラしないためのコツとは?(Ph/GettyImages)
写真4枚

いつもだらしない夫、いったいどうしたら改善できるのでしょうか?ベストセラー『夫のトリセツ』(講談社)の著者で脳科学・人工知能(AI)研究者の黒川伊保子さんに教えてもらいました。

* * *

【相談】脱ぎっぱなし、出しっぱなしのだらしない夫にうんざり

「うちの夫はだらしなく、『脱いだものは洗濯機に入れて』と何度言ってもその辺に脱ぎっぱなし、『出したものは元の場所に戻して』と言っても出しっぱなしです。50歳を過ぎた男性に、こんな小言をいうのもうんざりしますが、だらしないのは性格だからもう直らないとあきらめた方がいいでしょうか」(56歳・主婦)

「男性脳」はゴールしか見えない?

以前、ある女性誌で、「夫のイラつく行動」というアンケートを取ったら、「ぱなし」がダントツでした。置きっぱなし、出しっぱなし、脱ぎっぱなし。多くの女性に共通の悩みなのです。

先日も、幼い3人の子を持つ女性が、憤慨していました。

リビングでゴロゴロしていた夫に「早くお風呂入って」と言ったら、さっき脱いだトレーナーをまたぎこしていこうとする。「それ持って行ってよ」と声をかけたら、トレーナーを持ったのはいいけれど、それに重ねるように置いてあった子どもの服を、見事に置きざりに。あまりにも思いやりがない行為に絶望し、「もうこんな夫とは暮らせない!」と思ったと。

たしかに、3人の幼子を育てている妻からしたら、もう、いっぱいいっぱい。トレーナーひとつ拾う余裕もなくて、悲鳴のような気持ちで「それ持って行ってよ」と言ったのに、平気で、子どもの服を置き去りにして行くなんて、ひどすぎる。家事参加意識ゼロ! 育児参加意識ゼロ! 思いやりマイナス! そう感じて当然ですよね。

たしかに、「子どもの服が目に入ったのに、めんどくさくて、わざと置き去りにしたとすれば」、ひどい夫だと思います。

でもね、そこが誤解なんです。

実は、男性脳には、脇にある子どもの服が見えていないのです。知ってて無視したのではなく、知らなかったわけ。

例えば、トイレに行くのなら、飲み終わったビールのコップをついでに片づけてくれればいいのに、と妻は思いますよね。でも、「トイレ!」と思って立ち上がった男性には、コップが見えないのです。

これらは、「男性脳」の基本機能なので、もう許すしかありません。

「女性脳」はついでに何かをやるのが得意?

「女性脳」は、身の回りを綿密に見るようにチューニングされているので、あらゆるものを見逃しません。

例えば、テレビCMの間にトイレに行くときも、テーブルの使用済みのコップを片付けて、トイレから出たときには、玄関に干してあった子供の傘が乾いていたらクルクルっとしまい、ついでに消臭剤の減り具合も確認する。それだけやっても、キッチンに寄って台拭きを持ってくることを忘れず、テーブルの輪じみを拭く。

これだけのことを、家族への愛と、家への愛着で、自然にやってのけるわけ。

掃除する女性
女性脳は家事をするのが得意?(Ph/GettyImages)
写真4枚

ところが、「男性脳」は真逆、目標物を決めたら、目の前のものは見えないようにチューニングされています。ゴール指向と言います。

太古の昔から刈りをしてきた男性は、獲物(ゴール)を決めたら、その獲物しか見えないほうが有利です。目の前にバラが咲いていても、イチゴがなっていても、気を取られるわけにはいかないからです。

そのため、「お風呂に入って」と言われたら、「お風呂」に全神経を集中して、目の前のものにほとんど行きません。脱ぎ捨てた服を、障害物だと認識してまたぐことはしても、「洗濯機に入れるべき洗濯物」だなんて思いもよらないのです。

優秀な「男性脳」ほどその傾向があるので、優秀なビジネスマンは家庭ではけっこう奥さんに手間をかけている人も多いんです。

男女は同じものでも役割が違って見える

そして、面白いことに男性は、道具なんかはけっこうきれいに片付けるもの。並べる角度まで揃えちゃったりして。

男性脳は、定番に強いので、定番のものを、定位置へ片づけるのはお得意。車の整備も、バイクの整備もできるのに、脱ぎ捨てた服や使用済みのコップなどを「都度、臨機応変に」片づけていくのが、大の苦手なのです。

そこが「男性脳」「女性脳」の違うところ。男女では、得手不得手が真逆の関係にあるのです。

夫の「しっぱなし」は、システムを作って対処する

脳の違いはどうすることもできないので、システムで何とかしましょう。

我が家は、「ぱなし」キングである息子のために、玄関から入って正面に彼専用のウォークインクローゼットを作りました。まんまと、クローゼットの前で、カバンを置き、服を脱いでくれるので、それをクローゼットに投げ入れれば、片づけ終了。

万が一、リビングに置きっぱなしにしたときのために、リビングには、彼専用のかごが。家族は、「片づけてよ」なんて言わずに、さっさとかごに入れるだけ。

工夫さえすれば、腹が立たずに、付き合えるものですよ。そもそも、悪気がないことが腹に落ちれば、かなりストレスは軽減できるはずです。

小言やグチは何の成果も生まない

「あなたってだらしない人ね!」と言っても、夫にはどうしようもできないので、結果、「わかってくれない」という絶望だけが残ります。脳の基本機能である以上、小言やグチは意味が言っても仕方がないのです。

褒めて定着させるのがカギ

どうしても、「これだけは」というピンポイントがあるのなら、根気よくお願いし、褒めて定着させましょう。臨機応変は無理でも、「湯上りのビールのコップだけは片づける」ような定番ならば、しつけることはできます。

50代の夫婦
褒めて定着させるのがカギ(Ph/GettyImages)
写真4枚

「ありがとう」は、男性脳にとって、ゴール確認の合図。ゴール指向の男性脳にとって、女性の想像以上に気持ちいいものです。

定番タスクを決め、それをお願いしてやってくれたら、「ありがとう。助かったわ」とゴールを積み重ねていくと、そのうちに言われなくてもやるようになります。

ゲーム感覚で「ぱなし」改善を夫婦で楽しむ

女性は、言わずともやってくれる「臨機応変な思いやり」に愛を測りがちですが、男性は「定番を緻密のこなすこと」で生き延びてきた脳です。「臨機応変な思いやり」で愛を測ると、愛がないってことになって、とても危険です。

癇に障る部分が多いほど夫婦は完璧?

「臨機応変な思いやり」は無理でも、「定番タスク」を着々と増やしていけば、やがて、素敵な暮らしの相棒になります。逆に言えば、定年退職までに、「暮らしの相棒」に育てておかないと、たいへんなことに。

そして、「定年退職までに、いくつの定番タスクを定着させられるか」なんて具合にゲーム感覚で楽しんでもらえるといいかもしれません。

男女は、脳の機能を、分け合って使っています。得手不得手がきっぱり違うほど、完璧なペアであることは間違いありません。違うから、癇に障るけど、違うからこそ、素晴らしい。つまい、癇に障る夫婦ほど、最強にして完璧なペアだといえます。

男女の脳の違いを知らないままで、「この夫は私に誠意も愛もない」と思い込んでしまうのは悲しいこと。男性の「ぱなし」には大らかに対応し、腹が立たないシステムを作ってくださいね。

◆「男性脳」「女性脳」について

男女の脳は、解剖学的には大きな違いがあるとは言えません。同じ器官で構成された脳であり、フルスペック(機能の取り揃え)はまったく同じ。ともに完全体です。しかしながら、脳には、「とっさに優先して使う神経回路」があり、その「優先回路」に性差傾向が見られます。

例えば、トラブルが生じたとき、「ことのなりゆき」を解析して、根本原因に触れようとする人と、「今できること」に集中して、危機回避をはかる人がいます。前者は女性の多く、後者は男性に多いのです。

あるいは、何かの気配を感じて緊張したとき、「広い範囲に目を走らせて、動くものに瞬時に照準を合わせる」人と、「近くを万遍なく見て、大切なものから意識をそらさない」人がいます。前者は男性に多く、後者は女性に多いのです。

いずれも、それぞれの脳が、生殖の使命を果たすために優先すべき回路なのでしょう。人類の男女は、互いに別々の「優先回路」を選択することによって、互いを守り合い、子どもを無事に育て上げてきたのです。

「優先回路」の存在と、その性差傾向は人工知能開発の現場で発見され、2013年には、ペンシルベニア大学の研究グループが男女の脳の神経信号特性を可視化して発表しています。

このような「とっさの優先回路の類型」を、私は便宜上、「男性脳」「女性脳」と呼んでいます。

とっさに別々の言動を取る2人は最強のペアなのに、人は自分と違う言動をとる相手にイラつき、愚かだと思い込む癖があります。なぜか多くの人が「脳は万能で、男女は同じ」と信じ込んでいるから。「自分ならこうする」のに、そうしてくれない相手は不誠実だと断じてしまうからです。

私が提唱する“感性コミュニケーション”では、「脳がとっさにすること」にはバリエーションがあり、特に男女は対極の使い方をしがちであると知ることを推薦しています。男女の深い相互理解は、その知からしか始まりません。

◆教えてくれたのは:脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん

脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
写真4枚

株式会社 感性リサーチ代表取締役社長。人工知能研究者、随筆家、日本ネーミング協会理事、日本文藝家協会会員。人工知能(自然言語解析、ブレイン・サイバネティクス)、コミュニケーション・サイエンス、ネーミング分析が専門。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳と言葉の研究を始める。1991年には、当時の大型機では世界初と言われたコンピューターの日本語対話に成功。このとき、対話文脈に男女の違いがあることを発見。また、AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した感性分析の第一人者。2018年には『妻のトリセツ』(講談社)がベストセラーに。以後、『夫のトリセツ』(講談社)、『娘のトリセツ』(小学館)、『息子のトリセツ』(扶桑社)など数多くのトリセツシリーズを出版。http://ihoko.com/

構成/青山貴子

●「趣味優先で家事をしない夫」に妻が頼み事をする秘訣、2つのルールとは?

●夫の「おかず、これだけ?」は単なる確認、深読みしないことが夫婦円満のカギ

→「コロナ禍の夫のトリセツ」他の記事はコチラ