人間関係

離婚原因「一緒にいる意味が見い出せない」の裏にある本当の理由――夫婦関係がうまくいくカギを『夫のトリセツ』著者が解説

話しかけても反応の鈍い夫…。そんな彼の対応に、一緒に生活していても孤独を感じることはありませんか?

夫婦
「一緒にいる意味が見い出せない」の裏にある本当の意味とは?(Ph/GettyImages)
写真7枚

そんな夫と良好な夫婦関係を作っていく方法を、ベストセラー『夫のトリセツ』(講談社)の著者で脳科学・人工知能(AI)研究者の黒川伊保子さんに教えてもらいました。

【相談】夫と一緒に暮らす意味があるのかわかりません

【相談】「夫は仕事が忙しく、休日出勤もたびたびあり、その状況はコロナ禍でも変わりません。そのため家事や育児はほとんど私ひとりで行い、夫とゆっくり過ごしたことはありません。夫は自営業で定年がなく、子供の手が離れてもずっとこのような状況が続くと考えると、夫と一緒に暮らす意味があるのかわかりません」(51才・会社員)

* * *

離婚を切り出す言葉1位は「一緒にいる意味が見い出せない」

以前、ある雑誌で、離婚した女性たちに、「夫に離婚を切り出すときの“最初のセリフ”を教えてください」というアンケートをとったことがありました。このときの第1位は、「意味がわからない」でした。

「一緒にいる意味がわからない」「あなたと暮らしていく意味がない」「2人でいる意味がなくなった」などと、結婚の意味を見失ったことを訴えるケース。あるいは、「私たちの結婚って、意味があるの?」「あなたにとって、私(この家)は何?」などと意味を問うもの。この2つを合わせると、ダントツだったのです。

けんかしている夫婦
離婚の際、2人でいる意味を問う人が多い(Ph/GettyImages)
写真7枚

私は、このご相談を読んで、胸が痛くなりました。

冷静な文章をお書きですが、相談者の絶望は、ご本人の自覚以上に深く、きっとご本人が想像するよりずっと離婚に近い場所にいます。今手を打たなければ、ある日ふと、取り返しがつかない場所に来ていることに気づくことになるはず。

なのに、きっと夫は、全然気づいてもいないから。ぜひとも、夫にこの記事を読んでもらってください。

「共感」がなければ1人でいるより孤独と感じる

相談者のかたは、「夫とゆっくり過ごす時間」がないとおっしゃっていますが、寂しさの本当の原因は「共感」がないことなのではないでしょうか。

ひとりぼっちで家事をして、ひとりぼっちで子育てもしてきた。「今日は天気がよかったからシーツがパリッと乾いたね」とか「この味噌汁は格別だね」とか「あの子は作文のセンスがいいよね」なんて言い合ったことがない。それが寂しいのでは?

でもね、長い時間を共にしたって、たいていの夫は、そんな会話が交わせやしません。

出かけようとすれば「どこに行くんだ?」、家事をする手を見て「そんなに水を出したら勿体ないだろう」なんて言うのが関の山。置きっぱなし、脱ぎっぱなしを注意しても、うるさがるだけ。世間話をしてあげても上の空。あげく、「きみも悪いよ。こうすればよかったんだよ」なんてアドバイスをかましてくる。

口を開けば、腹が立つことばかり。共感してくれない夫なら、いないほうがマシ。2人でいるのに、1人でいるより孤独、と感じる妻もたくさんいます。

共感が足りないと感じる妻は多い(Ph/Getty Images)
写真7枚

一緒にいる時間が少なくても、日々のなんでもない話を温かく交わせる夫、悲しみや喜びに深い共感をくれる夫なら、女性はけっして手放すことはありません。なぜなら、女性は、「共感しあうことこそが、人と一緒に生きる意味」だと知っているからです。

実は、「時間」じゃなくて、「共感」が足りない。

まずは、そのことの気づきから、はじめましょう。

そして、共感対話ができる夫婦になることです。夫に時間がなくても、夫婦の対話は成熟させることができます。そうしたら、きっと、かけがえのない夫になっていくはず。

妻を寂しがらせる、夫の問題解決のための会話

多くの男性は、ゴール指向問題解決型という回路を優先して使います。ゴール(目的、目標)に意識を集中して、合理的な問題解決を急ぐ回路です。

長らく狩りをしながら進化してきた男性脳。「目標に意識を集中して、問題解決を急ぐ」のは、荒野に出て狩りをしたり、縄張り争いをするには不可欠のセンスなので、この回路を優先する男性がより多く生き残ってきたということなのでしょう。

このため、対話でも、ゴールが何よりも気になります。この話の目的は何か、問題解決すべきことはいったい何なのか。そんな気持ちで一心に相手の話に耳を傾けているのです。

このため、ゴールが見えない話は、男性脳には何の意味もありません。自分から仕掛けることなんて、夢にも思わないはず。

問題解決ためにしか会話をしないこと。「○○がない」「○○はまだか」「どこへ行く」「いつ帰る」「お前はなんでそうなんだ」とか。

実は、これが、一緒に暮らす女性を、寂しがらせる理由なのです。

「目的のない話」の目的はただ相手と話すこと

女性たちは、女子会のはじめに、「さっき、駅の階段でこけそうになった」とか「○○を買おうと思ったのに、時間がなくて買えなかった」とか「今朝、あなたの夢を見た。内容は覚えてないけど」みたいな、オチも蘊蓄もない話を交わし合います。男性から見たら、こんな情報価値のない話、なぜするのか理解に苦しむところでしょう。

「目的のない話」にも、実は目的があります。脳は、無駄なことは一切しないから。「目的のない話」の目的は、ただ相手と話すこと。

夫婦
「目的のない話」の目的は?(Ph/GettyImages)
写真7枚

つまり、女性たちは、会議や女子会の前に、「あなたと話したい」を表明するために、「目的のない話」をプレゼントし合っているのです。

「目的のない話」は毎日できる愛の告白!

「目的のない話」は、「あなたと話したい」の意思表示。
家に帰ってきた夫が、なんでもないことを話してくれたら(例えば、「○○さんとこのもみじが真っ赤だったな。きみも見た?」とか、「お昼に麻婆豆腐食べようと思ったら、前の人で売り切れ。がっかりだよ」とか、「今日は、信号がことごとく青でさ」とか)、愛おしくない?

夫の「なんでもない話」は、愛の告白にも匹敵する、と私は思います。

夫婦で、なんでもない話が交わせる2人になること。

子育てを終えた2人が、そこから長い人生を共に歩いていくための、大事な大事な課題です。

わが家は、息子が、「なんでもない話」の達人。「肉屋のコロッケって、おいしいよね。ラードで揚げたやつ」とか「駅前の交差点、風がすごくてさ」とか。ときには、「月がきれいだよ、一緒に見よう」「雨がすごいよ。一緒に見ようよ」とベランダに誘ってくれました。社会人になっても。今も、およめちゃんと、そんな会話をずっとしています。

「なんでもない話」ができる夫。柔和な顔で、「今日、自分に起こったなんでもないこと」を妻とシェアしようとする夫。楽しい話であれ、悲しい話であれ、悔しい話であれ。そんな夫を、女は手放さない。そうでしょう?

男性たちは、絶対に、このことを知っておくべきです。

夫が「なんでもない話」をできるようになるには?

わが家の夫は、基本は対話クラッシャー(壊し屋)です。

こないだも、私がちょっと失敗したとき、しかめっ面をしながら「あ~、気をつけないから!」と言ったので、「セリフが違うでしょ」と言いました。「大丈夫? 気をつけてね、でしょ」と。「この年になったら、ことばは相手のために紡ぐもの。失敗して痛い思いをしている妻に、追い打ちをかけてどうするの。あなたが失敗したとき、私がなんて言ってる? 『大丈夫? 手伝おうか?』でしょ」

そうしたら、神妙な顔をして、「これ、ママの目玉焼きだよ。食べる?」と声をかけてきました。息子が焼いた目玉焼きで、私の分なのは百も承知なのに(苦笑)。「相手のためにことばを紡ぐ」をやってみたのでしょうね。

夫が、「なんでもない話」を妻にプレゼントできない理由は、彼の母親がそれを息子にしなかったから。

母と子供
「なんでもない話」には”訓練”が必要?(Ph/GettyImages)
写真7枚

私は、息子が幼いときから、これをしていました。将来、大人になった彼と、「なんでもない話」を交わせる仲になりたかったから。

ときには「後輩が、気が利かなくて、とほほだよ」とか大人の愚痴も。「気が利かないって、どういうこと?」と聞かれて説明すると、「あ~、保育園にもいる~」と共感してくれたり。「あ~、あなたのおかげで明日も頑張れるわ」と抱きしめたのを覚えています。

息子は、15歳の誕生日に、「働く母で寂しかったよね、ごめんね」と謝ったら、「そうだね、小さなときは毎日、ハハ(彼は私をそう呼ぶ)を待ってた。でも、もう一度生まれてきても、働くハハがいい。一生懸命でかわいかったし、なにより、外の空気を持ってきてくれるのがよかった」と言ってくれました。

「なんでもない話」=「彼と一緒にいない時間に、私に起こったことの話」は、息子の脳には、そんなふうに映っていたのだなと胸がいっぱいになりました。

なんでもないことを話して、共感を教えて

こういう経験のない夫に、「なんでもない話」を、ぼんやり期待しても無理。優しい「相手のためのことば」なんて、一生出てきません。

彼の母親がサボったことを、妻がしてやらなければ。

なんでもないことを話してやって、その答え方(まずは共感)を教えてやる。夫が何か言ったら、文句で返さずに、「大丈夫?」「ありがとう」を降るほどあげる。脳に入れないことには、出てこないのです。

根気が要りますが、人生100年時代、夫婦生活は70年以上にも及びます。気持ちいい対話の相手にしておかないと、自分が寂しい思いをするばかりです。

「なんでもない話」を交わせるためにもふたりでできる習慣を持とう

「なんでもない話」を交わせるようになるには、ふたりで、何かを一緒にすることも、大きなポイントです。

夫婦
ふたりでできる習慣を持つのが大事(Ph/GettyImages)
写真7枚

一緒に洗濯をすれば、「今日は晴れてたから、シーツがパリッと乾いたね」が言えるし、一緒に料理をすれば「肉屋のコロッケって、おいしいよね」が言えるようになる。

なんでもない話ができない夫には、「2人の共通体験」も不可欠です。

休日の料理は一緒にする、洗濯物を一緒に干す、なんてところから始めてもいいですね。家事を少しは手伝ってよ、などと義務感に訴えるのではなく、「あなたと一緒の時間を増やしたいから、一緒に干して」と誘ってみる。

家事には誘いにくいというのなら、同じ趣味を始めてみては? 趣味というほどじゃなくても、「金曜日の夜の散歩」を日課にしてもいい。「人生は、振り返ってみると案外短いから、あなたと過ごす時間を大切にすることにした」と宣言して。週1の散歩が習慣になれば、仕事帰りに見かけた桜の花を妻に見せようとして、「今日は、あそこの公園に行こう。桜が満開なんだ」なんて言い出すかも。

そのためには、妻のほうが、散歩の途中で見つけた花に感動して見せなきゃね。足元のタンポポに感動する妻を見て、次は満開の桜を見せたくなる。それが人情だから。

そう、なににせよ、先に「入力」。反応の鈍い夫に、最初は心が折れそうになるかもしれないけれど、「入力」の積み重ねは必ず返ってきます。

51歳、まだまだ人生半分残っているんですもの。頑張りましょう。

◆教えてくれたのは:脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん

脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
脳科学・人工知能(AI)研究者・黒川伊保子さん
写真7枚

株式会社 感性リサーチ代表取締役社長。人工知能研究者、随筆家、日本ネーミング協会理事、日本文藝家協会会員。人工知能(自然言語解析、ブレイン・サイバネティクス)、コミュニケーション・サイエンス、ネーミング分析が専門。コンピューターメーカーでAI(人工知能)開発に携わり、脳と言葉の研究を始める。1991年には、当時の大型機では世界初と言われたコンピューターの日本語対話に成功。このとき、対話文脈に男女の違いがあることを発見。また、AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である「サブリミナル・インプレッション導出法」を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した感性分析の第一人者。2018年には『妻のトリセツ』(講談社)がベストセラーに。以後、『夫のトリセツ』(講談社)、『娘のトリセツ』(小学館)、『息子のトリセツ』(扶桑社)など数多くのトリセツシリーズを出版。http://ihoko.com/

●脱ぎっぱなしが当たり前のだらしない夫を改善する方法とは?『夫のトリセツ』著者が解説

●「趣味優先で家事をしない夫」に妻が頼み事をする秘訣、2つのルールとは?

→「コロナ禍の夫のトリセツ」他の記事はコチラ