エクササイズ

美女の証は、ほっそり美脚!寝たままできる「レッグツイスト」

夏を目指してボディメイクをするのなら、効率よく正しい方法で進めたいところ。

そこで、ヨガインストラクターで、「GapFit」のアンバサダーとしても活躍する片野瑛子さんが、ボディメイクに役立つ“パワーエクサ”を指南。大きな筋肉をしっかり使うので、代謝アップにも◎。

今回、教えてもらったのは、美脚を養う「レッグツイスト」。寝転んだままでできるから、ズボラ派もぜひトライを。

 優美なラインのほっそり脚で美女度をアップ!

種類を選ばずに服を着こなすためには、メリハリのある美脚を手に入れたいところ。でも、太ももや足首など、知らず知らずのうちにむくんでいる人が少なくないよう。

「左右に脚を揃えて倒す『レッグツイススト』は元来、お腹の『腹斜筋(ふくしゃきん)』を引き締めるのに効果的なエクササイズ。でも、股関節の根元から開脚したり、脚を交差させたりすると、脚のむくみ改善にも役立つエクササイズに早変わりするんです」(片野さん。以下、「」同)

トップス:「ジャッカード ハイネック シェルフ タンク」4200円 ボトム:「NW ボーリブ ブロックド Gfast(ジーファースト)」6900円/共に、GapFitシューズ:モデル私物

片野版の「レッグツイスト」では、太ももの裏側にある筋肉「ハムストリングス」や、お尻の「大臀筋(だいでんきん)」をしっかりストレッチ。

また、エクササイズの最後にヨガの「仰向けでねじるポーズ」を加えることで、お尻の側面にある「中臀筋(ちゅうでんきん)」のストレッチや、背骨の位置調整にも効果あり。寝たままできる「レッグツイスト」で下半身痩せを狙おう。

【「レッグツイスト」で鍛えられる部位】
□ お腹の「腹直筋」
□ 太ももの「ハムストリングス」
□ お尻の「大臀筋」と「中臀筋」

【続いて、やり方をチェック!】

ヨガインストラクターの片野瑛子さんが、スタイル改善に役立つ「パワーエクサ」を伝授。

太ももの裏側やお尻の筋肉をほぐす「レッグツイスト」

【1】両腕を肩の高さで左右に伸ばし、ひざを折り曲げて寝転ぶ。かかとの上にひざがくるように注意。手のひらは下を向けるとバランスがとりやすい

【2】息を吸いながら、両脚を閉じた状態で引き上げる。背中、お尻の仙骨(せんこつ)は床に付けたまま

【3】息を吐きながら、股関節からしっかりと開脚

【4】息を吸いながら、左脚を下方向、右脚を上方向に回して、脚を交差
【5】呼吸をしながら、反対回しに脚を動かし、今度は左脚が上の状態で交差
【6】【4】と【5】を交互に5回ほど繰り返す

【7】右脚が上の状態で、ひざを折って脚を絡める

【8】ひざを絡めたまま、右側に倒す。顔は左向きに。この姿勢のまま、ゆっくりと3回ほど呼吸をする
【9】左脚でも【7】【8】を行ったら、脚をほどいてリラックス

動画を見ながら、トライ!

【「レッグツイスト」の注意点を復習】
□ お尻は引き上げるけれど、背中とお尻の仙骨は床に付ける
□ 脚は股関節の根元から動かす
□ お腹を引き上げて、複式呼吸を意識すると効果アップ!

もちろん、「レッグツイスト」は脇腹の引き締めにも効果あり。夏までにくびれと美脚を手に入れたい人はさっそくトライして。

【関連する記事をチェック!】
背中もスリム!GapFitアンバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<運動編>】
太らないおやつを冷蔵庫に。GapFitアンバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<食事編>】
【毎日の運動はプチプラで】街コーデにも活躍する「GapFit」のスポーツウェア
毎晩5分で、お腹痩せも!【夜活ヨガ】寝たままで美尻メイク
ぽっこりお腹や下半身デブを改善する【ほのかの宅トレ】3選

監修:片野瑛子(かたの・えいこ)

次女出産後、体に違和感を感じて、「Yoga bodyトレーニングコース(TOKYO YOGA)」で解剖学観点のアーサナを学ぶ。呼吸と体の動きを連動させたハードな運動量のヨガを好み、都内スタジオでヴィンヤサヨガを指導中。「GapFitアンバサダー」としても活動。レッスンのスケジュールなどは、公式HP(http://eiko-yoga.tumblr.com/)でチェックを