マネー

「無駄な買い物をしないための11の思考プロセス」生活コスト削減コンサルタントが指南

買い物をしている女性の写真
「無駄遣い」を断ち切るにはどうしたらいいのか(Ph/photoAC)
写真4枚

節約は絶えず意識しているはずなのに、気づけば無駄な買い物をしてしまう。そんな人は、どうしたら「無駄遣い」を断ち切ることができるのでしょうか。『攻めの節約』(WAVE出版)を上梓した生活コスト削減コンサルタントの生方正(うぶかた・ただし)さんに教えてもらいました。

生方さんは、高校卒業後に海上自衛隊に入隊。節約をしながら株式投資や不動産投資などを行い、40代で退職した際には2億円もの資産を築き上げていました。そんな“資産構築のプロ”だからこそ知っている、「無駄な買い物をしないための思考プロセス」とは?

買う前に考えたい11のこと

一定の収入があるにもかかわらず、お金が貯まらない人の原因は、無駄遣いです。つまり、無駄な支出を減らすことさえできれば、貯蓄は増えるのです。では、どうしたら無駄遣いを減らせるのでしょうか。生方さんは、買い物をする前に、11の思考プロセスについて考えてほしい、と提案します。

【1】それを買うことで、どんなメリットを得られるのか?

【2】買ったものが、生活にデメリットをもたらさないか?

【3】買おうとしているものは本当に必要?

【4】1か月後に不要になっていないか?

【5】周りの人から借りることはできないか?

【6】リサイクルショップやフリマで安く買えないか?

【7】割安で買えるクーポンなどはないか?

【8】保証はどうなっているか?

【9】表記されている本体の代金以外に、送料や設置費用などが発生しないか?

【10】商品が届くまでにどれくらいの期間が必要?

【11】どの支払い方法が最も効率的?

上記の思考プロセスは、数千円や数万円単位の、特に大きな買い物をするときに必要だと生方さんは話します。

購入するデメリットをメリットが上回っていればOK

一例を挙げてもらいましょう。自転車の購入を検討している場合です。

「まず、自転車はパート先への通勤や買い物に使うことができること、ガソリンの節約になるうえに運動不足を解消することもできると考えれば、【1】のメリットはクリアします。一方、【2】のデメリットでいえば、メンテナンスをする時間と年間数千円の修理費が必要になるうえ、自転車に比べて移動速度が遅いため通勤時間が長くなります。さらに、接触事故などに備えて保険に加入する必要があります。

では、デメリットをメリットが上回っているか? 自転車で毎月200kmの距離を走行する場合、自動車で同じ距離を移動するのに消費するガソリン代(20L)を節約できます。仮に5~6万円の自転車を購入しても、2~3年で元が取れる上に環境にも優しいというおまけつきです。使用頻度が極端に低くなければ買っても損になりません。

そう考えると、メリットの方が高く、【3】の必要性があるともいえますね」(生方さん・以下同)

セールをイメージした画像
1年後にそれを使っている自分の姿がイメージできる?(Ph/photoAC)
写真4枚

1年後に使っている姿をイメージ

【4】の「1か月後に不要になっていないか?」については、過去を振り返ってみるのも一つの方法です。

「バーゲンや流行を理由に購入したバッグや靴、年始に買った福袋、夏前に購入した筋トレマシーンなど、使っていないものがクローゼットや部屋の空きスペースを占領していないでしょうか。脳科学の観点からも、人は衝動買いをしてしまいやすい動物です。買う前に、1年後にそれを使っている自分の姿がイメージできなければ、購入を見送りましょう」

ほかに安く利用できる術はないか?を考える

「【5】のように、書籍やDVDといったコンテンツを友人が持っている可能性はあります。また、めったに使わない工具などは、友人同士で貸し借りできると余計な出費も部屋のスペースも節約することができます」

周りの友人知人が持っていなくても、今は家具家電などを始め、一時的にレンタルできるサービスも多ジャンルにわたり広がっています。レンタルサービスを利用する費用と、購入する費用を比較するのも一つの手です。

リサイクルショップやクーポンの利用も

同時にチェックしてほしいのは、【6】の中古品を格安で入手できないか?です。

クーポンをイメージした写真
普段から、クーポンや割引についての情報を集めておこう(Ph/photoAC)
写真4枚

「リサイクルショップには、家電量販店で売れ残ったパソコンの周辺機器や雑貨など、未使用の商品が包装された状態で投げ売りされていることも多々あります。普段からリサイクルショップの商品を見て、相場を頭に叩き込んでおきましょう」

一方、ものではなく飲食代や美容院代などであれば、【7】のように、グルメ系サイトからクーポンをダウンロードしてドリンク1杯を無料にする、あるいはLINE Payや楽天ペイなどQRコード決済のクーポンを提示することで、支払額を下げられます。普段から、クーポンや割引についての情報を集めておきましょう。

アフターサービスも必ずチェックを

「家電製品など、高額なものほど【8】のアフターサービスをチェックすべし」と、生方さん。

「保証の有無だけでなく、期間や保証範囲などの条件も確認しましょう。また、メーカー保証がついていても保証書がなければ修理代は無料にならないので、きちんと保証書を保管することもお忘れなく。保証期間を延ばすことで購入費用が高くなったとしても、有償修理で支払う費用や買い替えによる費用に比べたら安いものです」

送料、設置費用、配送期間、支払い方法も見逃さずに!

【9】の「本体価格のほかに送料などがかからないか?」も見逃してはならない要素です。特に冷蔵庫のような大きな家電は、送料や設置費用だけで数千円変わることもあります。

「また、商品がいくら安く売られていても、必要な時に手元になければ意味がありません。商品が早く届けられるサービスは、Amazonプライム会員のように代金とは別にコストが発生します。逆に言えば、日程に余裕を持って商品を注文すれば、早く入手するためにかかるコストを節約できます」

例えば、お歳暮や年賀状など必ず注文するものは、1か月以上早めに発注することで「早割」などの割引サービスも受けられることもあります。忘れないように、カレンダーに記しておくといいでしょう。

マイルやポイントを貯めることができるか?

最後に、クレジットカード払いでマイルやポイントを貯めている人にとっては、支払い方法も重要です。

数枚のカードを持っている写真
マイルやポイントを貯めている人はカードの支払い方に注意が必要(Ph/photoAC)
写真4枚

「仮に、A社は銀行からの振込のみ、B社はクレジットカードでの支払いも可能だったとします。A社で買うと銀行の振込手数料がかかりますが、B社はクレジットカードで支払うことで振込手数料を節約できるだけでなく、マイルやポイントを貯めることができます。仮に、還元率3%のクレジットカードで支払ったら、商品を3%安く購入するのと同じことになります」

こうした11の思考プロセスのうち、いくつかを頭に入れて購入するようになるだけで、資産は少しずつ増えていきます。ちりも積もれば山となる。実際、この習慣を続けた生方さんは、2億円もの資産を築いています。ぜひ今日から始めてみましょう。

◆教えてくれたのは:生活コスト削減コンサルタント・生方正さん

明治大学サービス創新研究所研究員。高校卒業後に海上自衛隊に入隊。勤務の傍ら節約術を駆使しながら、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資などを行い、40代で自衛隊を退職した際には2億円もの資産を築いていた。現在は生活コスト削減コンサルタントとして、メディアで活躍中。著書に、『高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法』(あさ出版)、『攻めの節約術』(WAVE出版)など。

●資産2億円を築いた節約のプロが明かす「やってはいけない節約術」

●「銀行にお金を預けると損する」ワケを資産2億円築いた節約のプロが教える

関連キーワード