スキンケア

秋の肌トラブルには秋の味覚・いも類がいい?ゆらぎ肌に悩んでいるならとりたい食材&漢方薬を皮膚科医が解説

肌を指で押している
ゆらぎ肌になりやすい季節の変わり目
写真9枚

季節の変わり目は湿度や気温の変動もあり、肌トラブルが起きやすい不安定な肌(ゆらぎ肌)になりやすいといわれています。「とくに、夏から秋にかけては要注意!」と語る皮膚科医の金城里美さんに、秋のゆらぎ肌の原因と、ゆらぎ肌を整えるスキンケアや食材、漢方薬を教えてもらいました。

* * *

秋にゆらぎ肌になりやすい理由

秋にゆらぎ肌になりやすい理由は主に2つありますが、いずれも夏の生活が影響しています。

夏の紫外線の影響

まずは、夏に受けた紫外線などのダメージが表出することです。

約28日周期といわれる肌のターンオーバー(古い肌が新しい肌に入れ変わる代謝のサイクル)。夏に受けたダメージが、約1か月後の秋ごろにゆらぎ肌になって現れることがあります。

紅葉
秋は夏に受けたダメージが肌に現れる季節
写真9枚

夏から秋への気候の変化

湿度・気温が高く発汗の多い夏の気候から、湿度・気温が下がり発汗の少ない秋になり、肌の乾燥が一気に進むことで、ゆらぎ肌になってしまうことがあります。

そのほか、季節の変化に伴う体調不良、ホルモンバランスの乱れなどがゆらぎ肌に関係することもあります。

秋のゆらぎ肌改善のコツ

秋のゆらぎ肌を改善するには、念入りなスキンケアが欠かせませんが、紫外線ダメージや乾燥により肌が敏感になっている状態なので、肌にできるだけ刺激を与えないことが大切です。

洗顔やメイク落とし、タオルで拭くときなど、無意識に肌をこすることがないように注意しましょう。洗顔後には、化粧水の上から乳液や軟膏など油性のものを重ねて、肌に水分を閉じ込めるようにすると保湿効果がアップします。

また、保湿剤を肌につける際も、指先ではなく手のひらを使ってやさしく浸透させるのがおすすめです。

頬を触る人
ゆらぎ肌には丁寧なスキンケアを心がけて
写真9枚

夏の紫外線による肌トラブル修復

夏の強い紫外線を浴びると、黒色の色素であるメラニンが肌の内部に過剰に蓄積されます。メラニンがうまく排出されずに肌に残ると、秋ごろにシミ、そばかす、くすみなどがあらわれます。

そのような肌トラブルを修復するためには、美白化粧品を使うのがおすすめです。美白化粧品にはさまざまな成分のものがありますが、紫外線による肌の老化の予防・改善効果があるビタミンC誘導体や、肌内部のメラニン生成の予防と、すでにあるメラニンを還元(薄く)する効果が期待できるハイドロキノンが含まれたものがおすすめです。

化粧品のボトル
夏の紫外線によるトラブルは美白化粧品を取り入れるのも一手
写真9枚

ただし、ハイドロキノンは肌に刺激を感じる人も多く、ゆらぎ肌の時期は肌が敏感なので、ハイドロキノンを使い始めるときは刺激感がないか注意して小範囲から塗り始めるようにしましょう。

また、秋になっても紫外線は強く降り注いでいるため、日焼け止めや帽子、日傘などの遮光グッズを使った紫外線対策を引き続きするようにしましょう。

関連キーワード