不調改善

お腹の張りが続くつらい便秘は「大黄甘草湯」ですっきり改善【漢方でカラダケア】

便秘でお腹が張ってつらい、排便してもすっきり感がないなど、便秘は女性に多い悩みのひとつではないだろうか。

トイレ用スリッパを履いている足の写真

薬剤師の清水みゆきさんによると、便秘の改善には漢方薬が使われることもあるそう。今回紹介する「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」は、便秘症に対して効能・効果があり、便秘に伴うお腹の張りや肌荒れ、ふきでものなどの改善も期待できる漢方薬なのだとか。

どんな体質の人に合う漢方薬なのか、どんな効果があるのか、詳しく解説してもらった。

* * *

大黄甘草湯ってどんな漢方薬?

◆大黄甘草湯はこんな漢方薬

大黄甘草湯は、以下のような人におすすめの漢方薬です。

□便秘がある
□お腹の張りがある

便秘にはいくつかのタイプがありますが、「大黄甘草湯」は大腸の蠕動(ぜんどう)運動の低下により生じる弛緩性便秘に特に効果的です。これは、大腸内で余分に水分が吸収されてしまうため、硬い便が特徴で、女性に多い便秘のタイプです。

また、お通じをよくすることで、便秘に伴うお腹の張りや肌荒れなどの症状も和らぎます。大黄甘草湯は、のむ人の体力の有無に関係なく便秘に対して使うことができます。

◆大黄甘草湯に効果を感じた人の事例

もともと便秘がちで毎日排便がないのは当たり前、という30代の女性の事例です。

お腹を押さえている女性

彼女は、ひどいときは1週間も便が出ないことがあり、市販の下剤をのんで無理やり排便している状態でした。ただ、下剤をのむと効きすぎてしまい、下剤による腹痛と下痢が苦痛だったそうです。しかも、肌荒れもひどくなったと困っていらっしゃいました。

そこで大黄甘草湯をのみ始めたところ、腹痛なく排便できるようになって驚いたそうです。少し便が緩くなったので薬剤師に相談して服用量を調節し、今はうまく排便コントロールができているとのことでした。また、便秘の解消に伴い、肌荒れも落ち着いたそうです。便秘や便秘に伴う肌荒れに、大黄甘草湯の効果がしっかり出た事例です。

◆大黄甘草湯に含まれる生薬

大黄甘草湯は、腸の動きを活発にして排便を促す「大黄(だいおう)」と下剤の痛みを緩和する「甘草(かんぞう)」の2つの生薬からなります。

大黄の花

写真/Getty Images

大黄の作用で起こる可能性がある下痢や腹痛を甘草が軽減し、穏やかに排便を促す効果が期待できます。ただし、大黄には緩下作用や流産や早産の危険性があるため、妊娠中ならびに下痢をしやすい人は注意してください。

漢方薬ってそもそも何?

「できるだけ、体に負担のない薬がいい」
と考える人には漢方薬をおすすめします。

漢方医学は、人間の体の営みに即した自然の摂理を利用した治療法です。その中で漢方薬は、医薬品として効果と安全性が認められています。

生薬のイメージ画像

漢方薬は自然の草木や鉱物からできた生薬を組み合わせた薬です。そして、人間の心身の症状の改善に役立てるために、長い歴史を経て、さまざまな処方を確立してきました。そのため、一般的に西洋薬よりも副作用は少ないといわれています。

さらに、漢方薬は症状や体質に合ったものを毎日のむだけでよいので、簡単に生活に取り入れることができるというメリットがあります。栄養バランスのよい食事や運動を続けるのは苦手という人でも手間なく続けることができます。

漢方薬をのむときの注意点

漢方薬は、自然由来の生薬を組み合わせた薬ではありますが、体質や症状に合わなければ副作用が起きる場合もあります。副作用を未然に防ぎ、しっかりと効果を得るためには、漢方に詳しい医師や薬剤師に相談するのが安心です。

漢方薬を手に入れるには、ドラッグストアで購入する、漢方クリニックや漢方薬局で処方してもらう、などの方法があります。

近くに漢方について相談できる場所がないという人には、AI(人工知能)と漢方のプロフェッショナルが効く漢方薬を見極めて、手頃な価格で自宅まで配送する「オンライン個別相談・AI漢方」(https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/)などの、スマホで気軽に頼めるサービスもおすすめです。

女性を悩ませる便秘は大黄甘草湯ですっきり改善!

「大黄甘草湯」は、以下のような人におすすめです。

・便秘がち
・お腹の張りを改善したい
・便秘になると肌が荒れる

両手を大きく広げる女性

多くの女性を悩ませる便秘は、肌荒れやイライラ、腹痛など不調の原因にも。便秘の改善を目指すなら、体に負担をかけづらい漢方薬を取り入れてみるのもおすすめです。

教えてくれた人:あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆきさん

清水みゆきさんの写真

しみず・みゆき。漢方薬・生薬認定薬剤師、JAMHA認定ハーバルセラピスト。製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●不調の改善に!無料体質判定はこちら:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/
●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

●食欲旺盛で痩せない女性に教えたい「通導散」で便秘も改善!【漢方でカラダケア】

●ストレス太りは「大柴胡湯」で解消!イライラ過食からも卒業【漢方でカラダケア】

●水太りは「防已黄耆湯」で改善!ぽっちゃり体形を抜け出そう【漢方でカラダケア】

関連キーワード