不調改善

食欲旺盛で痩せない女性に教えたい「通導散」で便秘も改善!【漢方でカラダケア】

食欲旺盛でなかなか痩せない、便秘でお腹が張って苦しくてイライラする。そんな悩みをもつ女性も多いのでは?

フォークとスプーンを掲げている

薬剤師の清水みゆきさんによると、食欲が旺盛でなかなか痩せない、体力がありがっちりとした体格の固太りタイプの人の体質改善に漢方薬が使われることもあるそう。

今回紹介する「通導散(つうどうさん)」は血(血液)や気(生命エネルギー)の滞りを解消する働きにより、更年期障害・月経不順・腰痛・便秘への効果が期待できる漢方薬。どんな効果があり、どんな体質の人に合う漢方薬なのか、詳しく解説してもらった。

* * *

通導散ってどんな漢方薬?

◆通導散はこんな漢方薬

通導散は、以下のような人におすすめの漢方薬です。

□便秘がある
□お腹が張る

□月経不順や生理痛がある
□更年期障害がある


「通導散」の処方名の「通導」とは、便通をつけ、利尿するとともに、血や気の滞りをよくする働きのことを指します。

血の巡りが悪い状態が続くと、老廃物を排泄できず代謝が悪くなるため、脂肪を溜め込みやすい体になるというのが、漢方医学の考え。特に、骨盤内での血の滞りは、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

また、ストレスにより気が滞ると、過食やのぼせが生じます。気の巡りの悪い状態が続くことが血の滞りにつながるため、太りやすい体質となってしまうのです。

通導散には血や気の滞りを解消する働きがあるため、のぼせや頭痛などを含む更年期障害や月経不順、便秘などの改善が期待できます。食欲旺盛で体力があり、便秘やお腹の張りで困っている女性のダイエットのサポートに向く漢方薬です。

◆通導散に効果を感じた人の事例

生理不順で相談に来た、40代の女性の事例を紹介します。

お腹を押さえる人

彼女は赤ら顔でやや肥満がちの女性で、数年ほど前から生理周期が不順になり「もう更年期なのかしら」と、不安で気持ちが落ち込みがちだったそうです。最近は、肩こりや便秘も悪化して、特に便秘になるとお腹が張ってつらいと悩んでいました。

そこで、通導散をのみ始めたところ、すぐに便秘が改善し、肩こりも軽減してきたそうです。服用を続けるうちに、2か月ほどなかった生理も定期的にくるようになり、生理痛も和らいだと喜んでいらっしゃいました。さらに、体調の改善とともに気持ちも落ち着き、お腹周りもスッキリしたそうです。
血や気の滞りを解消する、通導散の効果がしっかり出た事例です。

◆通導散に含まれる生薬

通導散には以下の10個の生薬が含まれています。

紅花の花

画像/Photo AC

血を補い滞りを解消する「紅花(こうか)」「当帰(とうき)」「蘇木(そぼく)」、気の巡りをよくする「枳実(きじつ)」「厚朴(こうぼく)」「陳皮(ちんぴ)」、水の巡りをよくする「木通(もくつう)」、腸の動きを活発にして排便を促す「大黄(だいおう)」と「芒硝(ぼうしょう)」、下剤の痛みを緩和する「甘草(かんぞう)」です。

枳実や厚朴には腹部膨満感を和らげる働きがあるので、便秘がちの人は体を動かすのが楽になるかもしれません。

なお、通導散には流産や早産の危険性がある紅花や枳実が含まれているため、妊娠中の人は服用することができません。
また、大黄には緩下作用があるため、下痢をしやすい人は注意してください。

漢方薬ってそもそも何?

漢方は根本的な不調の改善を目的とした医学です。漢方薬は病院などでも幅広く使われており、これまで多くの人々のさまざまな症状を治してきました。また、体質だとあきらめていたような症状や、検査では異常が見つからないような症状にも、その力を発揮してくれます。

漢方薬は、服用する人の「証(しょう)」に合わせてのむ薬です。「証」とは、漢方独特の考え方で、病名ではなく、その人の「体質」「体力」「悩んでいる症状」などから判断するものです。そのため、同じ症状でも「証」が違えば処方される漢方薬も違います。

さまざまな生薬

また漢方薬は、自然の草木や鉱物からできた生薬で作られているため、西洋薬に比べて副作用が少ないといわれています。こうした自然のもつ力を上手に使うことは、私たちの体の摂理に沿った無理のないやさしい作用をもたらします。

栄養バランスのよい食事や運動を毎日続けるのは難しいという人でも、のむだけでいい漢方薬なら続けられるのではないでしょうか。

漢方薬をのむときの注意点

漢方薬を手に入れるには、薬局やドラッグストアで購入する、漢方クリニックや漢方薬局で処方してもらうなどの方法があります。ただし、漢方薬は自分の体質に合ったものを服用することが重要です。体質に合わない漢方薬を服用するとよい効果が見込めないだけでなく、副作用がおきることもあるので、漢方に詳しい医師や薬剤師等に相談すると安心です。

近くに漢方について相談できる場所がないという人には、AI(人工知能)と漢方のプロフェッショナルが効く漢方薬を見極めて、手頃な価格で自宅まで配送する「オンライン個別相談・AI漢方」(https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/)などの、スマホで気軽に頼めるサービスもおすすめです。

漢方で体の巡りをよくしてスッキリ体形を目指そう!

血や気の滞りを解消することで、排便をサポートしたり、ホルモンバランスの乱れを整えたりする働きのある「通導散」は、以下のような人におすすめです。

・便秘やお腹の張りが気になる
・更年期障害や生理不順に悩んでいる
・食欲が旺盛で食べすぎる

青空に向かう女性

つい食べすぎてしまってなかなか痩せない、便秘が続いてつらいという人は、漢方薬の力も借りてみませんか。血や気の巡りをよくして、スッキリ体形を手に入れましょう。

教えてくれた人:あんしん漢方(オンラインAI漢方)薬剤師 清水みゆきさん

清水みゆきさんの写真

しみず・みゆき。漢方薬・生薬認定薬剤師、JAMHA認定ハーバルセラピスト。製薬企業の研究所勤務を経て、漢方調剤薬局に8年間勤務。漢方薬の服薬指導、食事や養生法での健康づくりのサポート、ハーブティーやアロマの相談販売に従事。現在も漢方調剤薬局で薬剤師として働きながら、「ママのためのやさしい漢方」のサイト運営や漢方やハーブの通信講座やセミナー講師としても活動中。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方):https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/
●不調の改善に!無料体質判定はこちら:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/n/taishitsu/
●漢方女子:https://www.facebook.com/kampojoshi/

●ホルモンバランスを整える「桃核承気湯」で更年期太りや便秘対策【漢方でカラダケア】

●ストレス太りは大柴胡湯で解消!イライラ過食からも卒業【漢方でカラダケア】

●イライラして食べすぎてしまう…柴胡加竜骨牡蛎湯でストレス太りを解消【漢方でカラダケア】