“オバ記者” に関する記事

体当たり取材が人気のアラ還ライター・野原広子の記事を紹介しています。自らの介護体験を綴った「介護のリアル」が人気。これまで挑戦してきたさまざまなダイエットについてのコラムも掲載しています。

66歳オバ記者がアイドルに「愛され力」を学ぶ 「“ラスボスおばさん”からクレームきたらどう対応…
66歳オバ記者がアイドルに「愛され力」を学ぶ 「“ラスボスおばさん”からクレームきたらどう対応…
いくつになっても「愛される人」でいたいもの。ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)も、そう願うひとり。そこで、現役アイドルに「愛され力」を学ぶイベントが開催される…
2024.02.24 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、年を重ね東京の「再開発」の景色に抱いた思い「”新しい東京”が完成したのを私は見…
66歳オバ記者、年を重ね東京の「再開発」の景色に抱いた思い「”新しい東京”が完成したのを私は見…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は一昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。体調の不安とともに、年を重ねたことを感じる日…
2024.02.17 07:00
スマートな暮らし
《顔は元気のバロメーター?》オバ記者が考える「年齢と顔」の関係 「66歳と伝えると相手が納得…
《顔は元気のバロメーター?》オバ記者が考える「年齢と顔」の関係 「66歳と伝えると相手が納得…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は一昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。体調の不安を感じると同時に、最近気になるのが…
2024.02.10 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、相次ぐ体の不調の末にたどり着いた「今できることはなるべく早くする」の境地
66歳オバ記者、相次ぐ体の不調の末にたどり着いた「今できることはなるべく早くする」の境地
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は一昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。そして今度は膵臓に「のう胞」が見つかった。年…
2024.02.03 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者がハマる1日乗車券(500円)都バス旅 膵のう胞の検査結果が出た日も…揺られながら来…
66歳オバ記者がハマる1日乗車券(500円)都バス旅 膵のう胞の検査結果が出た日も…揺られながら来…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は一昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。そして今度は膵臓に「のう胞」が見つかった。そ…
2024.01.27 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、膵臓にのう胞が見つかって1か月 医師の説明で初めて知った「意外な真相」
66歳オバ記者、膵臓にのう胞が見つかって1か月 医師の説明で初めて知った「意外な真相」
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は一昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。そして今度は膵臓に「のう胞」が見つかった。果…
2024.01.20 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者が“捨て活”で活用、「手数料200円で売上は全額還付される」区のリサイクルショップが…
66歳オバ記者が“捨て活”で活用、「手数料200円で売上は全額還付される」区のリサイクルショップが…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。ここ数年、愛猫や身内の死を相次いで経験。一昨年は自身の大病で手術、入院をした。それから意識し始めた“終活”。モノを捨てる「捨…
2024.01.13 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、「取材申し込んだのに…」とライターに言われるも思い出せず 物忘れではなかった「…
66歳オバ記者、「取材申し込んだのに…」とライターに言われるも思い出せず 物忘れではなかった「…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。昨年末、「取材できると思って楽しみにしていたのに…」と初対面の女性ライターから言われるも、まったく思い出せず…ひと騒動あった…
2024.01.06 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、定期検診で「膵のう胞」が見つかりモヤモヤな年越し 「気をもんでも答えがすぐ出…
66歳オバ記者、定期検診で「膵のう胞」が見つかりモヤモヤな年越し 「気をもんでも答えがすぐ出…
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)は昨年10月、「卵巣がんの疑い」で手術を経験。その後、境界悪性腫瘍と診断された。それから1年2か月、体調に変化はなかったが先日の…
2023.12.30 07:00
スマートな暮らし
66歳オバ記者、「捨て活」を始めて改めて認識 「捨てなきゃよかった」というものはほとんどない
66歳オバ記者、「捨て活」を始めて改めて認識 「捨てなきゃよかった」というものはほとんどない
ライター歴45年を迎えたオバ記者こと野原広子(66歳)。ここ数年、愛猫や身内の死を相次いで経験。昨年は自身の大病で手術、入院をした。それから意識した“終活”。モノを捨てる「捨て活」…
2023.12.23 07:00
スマートな暮らし

いま気になる!

カテゴリー一覧