“オバ記者” に関する記事/6ページ

体当たり取材が人気のアラ還ライター・野原広子の記事を紹介しています。自らの介護体験を綴った「介護のリアル」が人気。これまで挑戦してきたさまざまなダイエットについてのコラムも掲載しています。

65歳オバ記者 母の死、大病で手術、親友の死…つらい出来事が続く中、「年上の友達」がいることの…
65歳オバ記者 母の死、大病で手術、親友の死…つらい出来事が続く中、「年上の友達」がいることの…
昨年、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。大病だけではなく、母親や親友の死などつらい出来事が続いて…
2023.03.04 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者が振り返る「麻雀」で徹夜を繰り返していた30年前、「何かにハマる理由は1つじゃない…
65歳オバ記者が振り返る「麻雀」で徹夜を繰り返していた30年前、「何かにハマる理由は1つじゃない…
昨年、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。退院から5か月経つが、病気を経験していま思い出すのはなぜか…
2023.02.25 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者が綴る「手術から4か月」 検査では異常なし、それでも気になる体調の変化
65歳オバ記者が綴る「手術から4か月」 検査では異常なし、それでも気になる体調の変化
昨年、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。退院から4か月、予後は良好だが、思わぬ体調の変化に悩まされ…
2023.02.18 07:00
スマートな暮らし
「境界悪性腫瘍」65歳オバ記者が手術後4か月の検診をレポート 待ち時間に考えたのはすい臓がんで…
「境界悪性腫瘍」65歳オバ記者が手術後4か月の検診をレポート 待ち時間に考えたのはすい臓がんで…
昨年は、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。退院後4か月目の検診を受けに病院へ。待ち時間に思い出した…
2023.02.11 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者が綴る「20年間続けた不健康生活」と今の不調「体の“借金”があらわになってきた」
65歳オバ記者が綴る「20年間続けた不健康生活」と今の不調「体の“借金”があらわになってきた」
昨年は、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。年を重ねるに連れてさまざまな不調に悩まされるようになっ…
2023.02.04 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者が綴る「婦人科診察」 かつて医師から信じられない「ドクハラ」経験も
65歳オバ記者が綴る「婦人科診察」 かつて医師から信じられない「ドクハラ」経験も
昨年、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。今後も婦人科に通い、経過を見ることになった。これまでも婦…
2023.01.28 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者の胃カメラ体験記 克服したきっかけは医師へ「胃の中をディズニーランドを案内する…
65歳オバ記者の胃カメラ体験記 克服したきっかけは医師へ「胃の中をディズニーランドを案内する…
昨年は、入院と手術を経て境界悪性腫瘍であることがわかった、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)。これまでもさまざまな検査などで病院にお世話になってきた…
2023.01.21 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者、感染して初めてわかった「コロナの怖さ」と周囲に感染させてしまった自責の念
65歳オバ記者、感染して初めてわかった「コロナの怖さ」と周囲に感染させてしまった自責の念
新年があけても新型コロナの感染拡大は収まらず、感染者は増える一方。そんななか、ライター歴30年を超えるベテランのオバ記者こと野原広子(65歳)が感染していることが判明! 感染して…
2023.01.14 07:00
スマートな暮らし
65歳オバ記者が振り返る“激動の1年” 母親の死から、卵巣がん疑い手術、『あさイチ』生出演まで
65歳オバ記者が振り返る“激動の1年” 母親の死から、卵巣がん疑い手術、『あさイチ』生出演まで
介護をしてきた93歳母親の死、「卵巣がんの疑い」で自らの手術、そして『あさイチ』(NHK)生出演…。ライター歴40年を超えるベテラン、オバ記者こと野原広子(65歳)が“激動の1年”を振り返…
2022.12.31 07:00
スマートな暮らし
「卵巣がんの疑い」手術から2か月半、65歳オバ記者が「乗り切った!」と達成感を覚えた瞬間
「卵巣がんの疑い」手術から2か月半、65歳オバ記者が「乗り切った!」と達成感を覚えた瞬間
「卵巣がんの疑い」で10月初めに手術を受けた、ライター歴40年を超えるベテラン、オバ記者こと野原広子(65歳)。手術後の検査の結果、卵巣がんではなく「境界悪性腫瘍」という診断だった…
2022.12.24 07:00
スマートな暮らし

いま気になる!

カテゴリー一覧